Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

お前はもう一殺多生多生一殺






(かっこつけた騎兵隊☆ いんでぃあんを★ ↓つづく)
(つづき)
さいきんメールを通じて某僧侶さまから以下↓のコトバをご紹介いただきました。

 戦争の罪責はもともと平和の罪責である
 戦争の罪責は戦争の勃発と同時に生起したのではない
 それは平和のなかでの平和にたいする罪責である
  (中略) 
 そして現在もつみかさねつつある
 われわれの罪責は、戦前・戦中・戦後を通じてつらなっている

手あつく戰爭協力に執心しながら敗戰後うってかわって平和主義へ豹變してのけ、かつ敗戰前までは平和を説いた同朋を排斥しつつも敗戰後うってかわってそれを顕彰しちゃう、ややこしい佛道界について、つまびらかな著述を記してきた市川白玄師のコトバです。 この佛説を解析してみましょう。
 戦争の罪責とは
 戦争の勃発と同時に生起したのではない
 平和の罪責であり平和のなかでの平和にたいする罪責である
ようするに戰爭の開始時點でハジメテ戰爭責任が發生するわけではなく、ほんとうは平時から戰爭回避して平時をよく持し保つ精神と自覺と生活を、その平和責任を、これを維持せずに怠慢なり放棄なり、けっか的に戰爭の開始を放任するか黙認するか推進導入することに。 それこそが、
 平和の罪責であり平和のなかでの平和にたいする罪責である戦争の罪責
であることを告げ示したコトバです。 おわかりいただけただろうと思うけど。

ネトウヨだかネオナチだか知らんが、そうした系列の連中が、よく 平和ボケ なんてセリフを、したり顔じみたカキコしてます。 反戰うったえる人らを評して莫迦のひとつ憶えみたいにラベル貼りして。 みたい、じゃなくバカなんじゃね。
平和ボケ…あんたら自身じゃないの、わらえるー ( ̄▽ ̄) 戰爭いったこと、あんのキミら。
わたしも戰爭いったことないけど戰前・戰中・戰後のことは當時をいきのびた父祖らから直截この耳で、きいております。 父の長兄は大陸で暴虐をつくし次兄は抑留されて母は空襲にあってますし。 わたしは戰爭いったことないが格技や武器術の戰闘訓練をうけており武具のあつかいを知ってます。 戰爭いったことないけれども命のやり取りについては教育うけてるわけ。 なんだったら平和ボケとかいいたがる人はタノQがどのくらいボケてるのか、ひとつ面談して確認してみませんか。
 なんつって ε= ( ̄へ ̄) やれやれ
平和の世に漬かれて疲れてるらしいマヂでボケてるウヨクは置いといて
こほん。 また上掲のコトバを紹介してくださった某僧侶さまは↓こう、おっしゃってました。

 一殺多生 の一と多と これが平等なのならば殺はない これ公平なのが、そもそも佛説

この一殺多生ていうのは我國が富國強兵策に妄進してたころ、かずゝゝうち立ててたスローガンの、ひとつです。  いちぶの惡をたおせば他のおおくが救われる、そういう話しで反論や抵抗を惡と定義づけて都合よろしく領土拡張と覇権を正當化する、まこと便利な免罪符的なアレ。
かんがえてみてください。
他のおおくが自分らのために、いちぶを倒してよし…そういう話しですよ、けっきょく。 他のおおくが、おおいから自分らを正義と決めて、すくないから相手は倒すべき惡なのだ、こう決める理屈でしょ。 どう思いますか。 なんともナニも感じないかな。

さらに加えて
さきの戰爭を、あれはドコに出しても恥ずかしい、まったく申訳ない、とり返しのつかん誤りである、と心得てる人らが、そのうえで自衛権へ意見するのなら、まずは冷靜に公平に檢討できる對象です。 そうではなく、なにかと辯護したがったり取りつくろいたがったりする立場の人から出る意見のときは、いったいぜんたいドコに國際的な説得力もつものでしょう。 どこの誰をむいてるんでしょう、それ。 もう過去について謝罪する責務は後世にないなどと、いち度も話したことのない他人様が、わたしら後世どうしてくべきか勝手に決めちゃって、もの云って、なにサマやねんアベゾー。
あー、アベゾーさまか。 いち族眷属世襲の、お殿さまか。 いやーん同族經營かっこいいー。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

タノQ

  • Author:タノQ
  • since 2005.05
    まあ…あれですな
    皮膚呼吸って奴?
    ハハハ( ̄▽ ̄)v

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。