Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

[C3093]

んー、山の御利益か、ビリティス様可愛いぞなもし...ぞなもし...
ゾナモシ...
(^^;
  • 2015-11-05 01:22
  • 猫左
  • URL
  • 編集

[C3094] Re:

そーおなんですよ猫左さんっ ( ̄▽ ̄;
ひょこへこ と山のぼってる姿…なんだか癒されるです、つね日頃の元恐妻ぶりがウソみたい。
もうこの人は、いっしょう山のぼっとけ。
  • 2015-11-06 17:47
  • タノQ
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

お前はもう雖爲白衣奉持沙門清淨律行

ずいぶん、すずしくなってまいりました。 日照時間と夜間とが、いち日ちょうど半分ずつのハーフ&ハーフを分けっこする、そういう中途ハンパな季節であり、それでいて、いち日に最高氣温と最低氣温の温度差が10℃くらいあるという、そんな極端な季節でも、ある。 歳とった身には、こたえるのだ。

ていう感じで時候トークさらっと濟ませて以下よだん。
こないだの日曜は同伴參禪のち信貴山朝護孫子寺に、いってまいりまして。 そうです朝護孫子寺であります、もうこれで三回め、またかよー、な朝護孫子寺であります。
 どんなけスキやねん朝護孫子寺 ( ̄▽ ̄;
まー、しる人ぞ知る寺好きの、ほぼ365日ちかく寺いってて日曜も參禪こいたあとまた寺でデイトぶちかまし、いっさい他の追随を許さず認めず一歩も退かぬ お寺バカ一代 を自負しぬいておるタノQが、この寺はケタハズレにオモロイ、そう感じた次第でござる。
かなり歸依者があり檀家数も廣い寺領も持って史跡や伽藍や眺望など觀光資源も具えつつ御祈祷寺でもあり、それなりの資金源に恵まれてるうえ、お寺の側が惜しみなくサービス精神を衆生へ發揮してますと、こうしたテーマパークなアミューズメント施設な寺院が、できあがるんだな。
近畿圏を訪れる人は、だまされたと思って是非ひとつ參拜いただきたい。 で、もし當エントリを朝護孫子寺ご關係の人が閲覧なすってたなら、その場合はタノに何か下さい。 なんつって。

こほん。 そういう慾どおしい脱線トークは置いといて
こんかいは信貴山頂上の、つまり伽藍最上階層の施設である空鉢護法の御堂を參拜おデイトつかまつりました。 空鉢護法つってナンのことやら、なにゆえの伽藍最上階層やら、わけ分からん話しでございましょう。 えっへん ε=( ̄へ ̄) 説明してしんぜよう。
空鉢さん、ていうのは劍鎧さんと同じく命蓮上人が使役した護法童子でして、その命蓮上人が山麓の長者から布施をうけとるさい供物を載せる鉢を山上から山麓へ、また山麓から山上へと空輸してたのが空鉢護法童子なり。 それを祀ってある御堂めざして、えっちらおっちら、
(ぷち登山デイト↓つづく)
(つづき)
空鉢參道01
えっちらおっちら、
空鉢參道02
參道のぼりますが…ひょろひょろヘナヘナと足を運ぶウチのカノジョ。 だんだん距離が離れてく。 こうしてカラダうごかすのが大嫌いで、ふだんからスポーツなどモッテノホカな人なんだけど、しかし以前エントリしました金剛山へ登って以來なにやら自信つけたらしく、つぎのデイトは空鉢さんいかがスか、つってタノが誘ったところ、いちもにもなく二つ返事でOKなさいました。
でも、ひょろひょろヘナヘナのぼってます。 あの金剛山より、だいぶイージーな道程なんですが。

そうこうするうち山頂たどりつきますと、
空鉢御堂01
空鉢御堂でござる。 ちょっと近すぎて堂の全體像わかりずらいので退いてみれば、
空鉢御堂02
こんな感じ。 まだ全體像わかりずらいからといって、さらにもっと退いて撮ろうとすれば崖から轉落いたします。 崖から轉落チョーやばいッス。 いやーん ( ̄。 ̄;
…えーと、なんの話しでしたっけ。 たしか空鉢ご紹介トークだったかな。 やれやれ。
空鉢御堂03
撮れ撮れウルサイので↑まだ撮らされたです。 景色いいから撮れ、つって自分が寫りたいんでしょ。 じっさい、いい歳して撮りあうのもナンですが、お返しなのか歸路にカノジョがタノも↓撮影くだすった。
空鉢參道03
れいの事故で顔面損傷してましたが一週間も經過すれば、ご覧のとおり。 皮膚のターンオーバーが速い持病のため怪我の回復めっさ早いです。 ちなみに畫像の腰から提げてあるのは空鉢さんへ捧げる水をいれるポットでして寺院本堂そばの參道スタート地點に設けられた水盤から汲んだ水を山頂へ運べるよう寺が用意してあるアイテムなり。 いや、お寺が用意ていうか歸依者が寺に布施し設置されてあるアイテムなり。 ありがたや、じーほーさんしー ( ̄- ̄)/*Ω

さて、この日は寺院の本尊である毘沙門天 (曹洞宗では北方守護尊多聞天) の配下二十八使者が山内を門から本坊を經由して本堂まで華やかにパレードぶっこく、いきなり派手な法要が營まれ、そうと知らずに參拜こいてた二人たまたま見學する僥倖を得たのでありました。
それもこれも、アレもコレも、ナニもかも常ひごろのタノちゃんが、こう不惜身命に佛道をね、やいやいガミガミたてまつってですな、いちいち根びつこく功徳つみ倒して、いちいちネチネチ功徳こいて、その御褒美やねん、なんとなく。
毘沙門天王二十八使者01
うだうだ云うてる間に↑行進スタートしてますねん二十八使者。 わらわら右往左往する人だかり。
毘沙門天王二十八使者02
人だかりなんぞ知らん顔で、のっしのっし行進あそばされる二十八使者。 能面ご存知の方なら想像できるでしょうが、この使者マスク着用してたら人だかりも何も、それどころでは、ありま温泉でしょう。
毘沙門天王二十八使者03
なので↑介添役が必須みたい。 ここから本堂まで大した距離ではないが、とちゅう段差めっさ多い。 よだん中の餘談だけど寺院の來訪者は高齢者が圧倒的多数なのにバリアフリーな寺院ほとんど、ないです、むしろ高齢者には過酷でハードバリア的なのが一般に寺院の典型でして。
そのハードかつバリアな環境下を、
毘沙門天王二十八使者04
しずしず、と登ってく使者ご一行であります。 ちょっとした佛道版ハロウィンかも。 しかし、このカサ高く典雅な衣装にフルフェイスの假装マスクつけて背光しょったあげく、あしもと足袋に草履ばきで延ゝくり返す段差だらけの勾配つづきを、たとえ介添つきであっても歩き徹すのは、わりあいシビアな苦行であろうかと拜察もうし上げる。 この、わりあいシビアな行を奉ずるメンバーとは、
 1.五官使者
 2.説法使者
 3.金剛使者
 4.持齋使者
 5.自在使者
 6.博識使者
 7.奇方使者
 8.神山使者
 9.坐禪使者
 10.興生利使者
 11.論議使者
 12.伏藏使者
 13.高官使者
 14.神通使者
 15.太山使者
 16.北斗使者
 17.讀誦使者
 18.總明多智使者
 19.多魅使者
 20.龍宮使者
 21.田望使者
 22.香王使者
 23.隠形使者
 24.勝方使者
 25.禁呪使者
 26.大力使者
 27.左司命使者
 28.右司命使者
しらべてみれば以上全二十八使者すべての效驗をゲッチューすれば、たいがいの人は全知全能をマスターしてしまう、おそるべきメンツでござる。 とくに全知全能を求めなくとも別だん暮らしに困ってやしないタノだが、もらえるものならアイウォンチュー。

などと命の坐りも性根もわるいカキコをよそに、
毘沙門天王二十八使者05
本坊を通過する二十八使者です。 こうやって先廻りしながら各ショットを撮るタノよりも、
 つぎ、いって待ってるからねっ
つってコースの先の先廻りしてパレード眺望を確保するウチのカノジョ…いきなり熱いのは、なんでやねん。 そないに二十八使者スキかいな。 とまどいまっせ、わたし ( ̄▽ ̄;

とまどいをヨソに、
毘沙門天王二十八使者06
すすむ使者ご一行。
毘沙門天王二十八使者07
すすむ使者ご一行。
毘沙門天王二十八使者08
すすむ使者ご一行…おお、ようやくゴール地點である本堂の、その外周に到着なり。 ふつうに歩ければカップ麺へ湯をそそいでから箸をつけれる程度の時間におさまるコースですが、なにしろ視界がわるく身動きとれん装備でバリアハードな行程あるくと、まずカップめん三杯おかわりできるタイムを要するみたい。 使者を行ずるのとカップめん三杯と、どちらがシビアな苦行なのかは別として。
毘沙門天王二十八使者09

さて二十八使者すべてと焼香師および随喜の諸師が上殿しますと法要のメインステージでござる。 ござるのであるが檀家でも信徒でもナンでもないタノとカノジョは、ただ外でウロウロウロウロうろついてました。 なんだか氣分もり上がってただけにチトさみしい。
毘沙門天王二十八使者10
で、もと來た路を全員が本堂から帰ってくですが。 この帰路の先頭たぶん焼香師かな。 エライんだろうな、きっと。
毘沙門天王二十八使者11
つづいて行列メンバーぞくぞくと帰っていきます。 このころには、さすがに疲弊してマスクほか装備をはずしてる使者も、いらした。 いやー、たいへんな行持ですし、いつごろから傳承されてあるのか知らんけども、ほんとナイスでした☆

ナイスといえば
空鉢御守
カノジョが買いあたえてくれたですよ↑これ。 もう、わたしが身につけておる御守りの總計いったい、いくつあるねん。 シャツとかパンツとか着用アイテム合計したより御守りトータル数のほうが多いんちゃうの的な。 ほとんどビョーキやで。

などと慾どおしく惱ましい報告も置いといて ε=( ̄へ ̄)
ところで、すでにナン度か畫像ご紹介ずみの赤門とはべつに、この寺には仁王門があるです。 その門に立つ仁王像はとりたてて云ゝするほどのアレでもないけど仁王さんの裏側に設置されてる狛犬が、たいそうな造形美でして、すなわち
仁王門狛犬阿形
まず↑阿形。 そして、
仁王門狛犬吽形
↑吽形なり。 ね、かっこいいでしょ。 以上きょうのエントリこんなとこ。
スポンサーサイト

コメント

[C3093]

んー、山の御利益か、ビリティス様可愛いぞなもし...ぞなもし...
ゾナモシ...
(^^;
  • 2015-11-05 01:22
  • 猫左
  • URL
  • 編集

[C3094] Re:

そーおなんですよ猫左さんっ ( ̄▽ ̄;
ひょこへこ と山のぼってる姿…なんだか癒されるです、つね日頃の元恐妻ぶりがウソみたい。
もうこの人は、いっしょう山のぼっとけ。
  • 2015-11-06 17:47
  • タノQ
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

タノQ

  • Author:タノQ
  • since 2005.05
    まあ…あれですな
    皮膚呼吸って奴?
    ハハハ( ̄▽ ̄)v

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。