Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://lovedeluxe.blog9.fc2.com/tb.php/1643-3502ebcd

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

お前はもう滴丁東了滴丁東

こないだ買い込んでた大勢のオヤツたちが先週末カノジョきて帰ったあと忽然と、その姿をほとんど消しちゃってたんであります。 なにか事件にでも卷きこまれたんでしょうか、わたしのオヤツたち。 いまだに行方が、わからない。 さみしいから、あらためて買い足してやったぞ。 それもですな、
黒蜜キナーコ
こうして↑黒蜜きなこチョコばっかり。 おほほほほほほほ。 なかなか煩悩ふかい光景でしょ。
いやー黒蜜と、きなこ、そしてチョコレートとが手に手をとっての、なんか知らんけど空前絶後にして繊細微妙なコラボレーショナルチックの、いいながら何いってんだか意味ほぼ不明なほどの、チョー美味でござる。 ありがたく、そして罪ぶかい因果なオヤツが、この世に現れたもんやで、ほんま。 ていうわけでコレむさぼって寝てこまそー、と思ってたですが、いちおうブログ更新しとかなきゃ。

なにからネタに、お話し、しようかな。
まず先週末は土曜よるカノジョきまして、この日お泊りあそばされたんだな。 カノジョがウチに泊まるのは、なんと一箇月以上ぶりの、もちろん今月はじめての僥倖なのだ。 うわお、スッゲー、ていうかカノジョひっでえー。 ふつうは、あり得ないじゃん戀人どうしなのに、こんなこと。
(まったく、なんという残酷なシウチ↓つづく)
(つづく)
しかも泊まって翌日曜あさ、わたしが寝とる間に、こっそりと姿くらましてたんだぞ。 あり得ナーイ。 しかも、この前日よるには あした、ひるごはんゴチソウしてやる つって聞かされてたんだぞっ。
 あり得ナーイ ( ̄з ̄)
くやしくって三囘いいました。 あんまりじゃあ、ござんせんか、これ。 しんじられんし。

などとブツブツこぼしてますが。 どうも稽古から帰阪して以來いささかタイチョー不良つづいたりやらカノジョに脱走かまされたりだの他にもetcあったりと、これは武道に浮かれてルンルン氣分こいてたアレに對する チョーシのってんじゃねーよ 的なバチあたってんのかな、やれやれ。
いやタイチョーさんのほうは近頃ようやく、なおりつつある氣配です。 毎ゆうがた以降シンドイけど。 で、カノジョのほうも、この日曜は姪の運動會あるからデイトは晝すぎまで、そう事前に聞かされてはいたです。 まさか晝まえに脱走するとは聞かされてなかったし、つぎの土日デイトできるかといえば毎月あらかじめカノジョ不在が決定されてある第一週なんだけど。 なんなんだ、もう。

ついでに上記の 他にもetcあったり を、ひとつ報告リポしてみます。 リポていうか愚癡ね。
話しは前後へ重複するんですが、まず先日のこと。 神奈川大和いって稽古して藤沢へ移動して宿に入ったらですな、なにやらケータイ着信なん度もあったのをみて履歴たしかめたらば姉からだ。 お稽古いって外泊することは告げてあったハズなのに、ちょっとウザ ε=( ̄へ ̄;
用件は、わかっとるんであります。 姉の次男が、いつか以前にもブログで記してたと思うけれども、いわゆるアスペルガーで、なおかつウツを病んでる甥が、このごろ病状わるくして挙動不審だったり収拾つかん言動だったり姉の手におえんので、ひとつ相談のってくれ、つって近日來Telで頼まれてあったですから。
相談のってくれ、つっても姉の話しこそ手におえんほど収拾つかん取りとめナッシングなトーク展開なので、とりあえず甥っ子から話しを直截きいて相談いたします、と答えてあった次第なり。
んもー、この夜とう然つかれてたし日付かわってたし姉のトークは疲勞に追い討ちかけるしチョー長電話いつもしてくるしでメール囘答しときました。 いわく、
 旅先でケータイ電源きれたらアウトなのでメールしてください
 (言外に 長電話ヤダ の意)
そのあとメールやり取りで、わたしの帰阪した翌日すぐ甥が父親つまり姉の夫と二人してウチを來訪することに決まったです。 どんどん向うの都合で勝手に、ぜんぶ決まってくワケ。 さいしょの話しでは、タノが甥を訪問する予定だったのが、やがて甥一人でウチにくることになり、けっきょく親子連れでくるんだって。 姉は出勤あるから不在です。 それはともかく本やら武具やらに占領されたウチは成人男子を三人いれて會談ぶっこくスペースに困るんだけどなああ。 ていうか相談相手なら、なにも、わたしみたいな病氣もちの甲斐性なしの倖うすい人物でなく、それなりのを選びなさいよー。

旅稽古がえり當日クタクタで荷物といて洗濯すませるや否や爆睡かまして翌朝ひきつづき爆睡してたら、とつぜんケータイ鳴りひびいて叩き起こされ、あわてて出たら、こんどは姉の夫からTelでした。
 ちょっとイイ加減にしてほしいぞっ
まだまだ約束の刻限より、だい分はやいじゃん。 なに様か知らんが、すこしは休ませてくれ。 そういいたかったけども常ひごろ羊の皮をかむった仔ウサギだと温厚ぶりの評判をほしいままにしておる紳士なタノちゃんですから、あーハイハイーわかったわかったー待ってますー、つって返事しといた。 それから寝ようと思っても眠れたものでは、ない。 起きて歯みがいて掃除して整理整頓お片づけ。 なかなかステキにハードな連休の最終日でしょ。 まいったか ( ̄へ ̄) どや。

するうち甥と父親と來訪しました。 ゆるゆるマッタリ歓談してからの、さて本題はいりまして。
事前に姉やダンナさんから聞いてた話しでは次男くん支離滅裂でコミュニケーション不能に近く妄想癖すらあるとかいうことだった。 ぜんぜん違う。 こちらが落ちついて話せば、じつに落ちついて應答してくるし。 彼自身じぶんの現状などには一定の客觀的な分析も、できてるし。
むしろ混乱してヒステリックなのは姉たちのように思える。 わたしが甥へ問いかける横から父親さんスマホ片手にビョーキのむつかしさを、よみ上げ、よみ聞かせ始めるんですよね。 とたん甥っ子くん固まってロボットみたく定型文じみた返答ばかりを斷續的に、くり返すわけ。 その直前まで、ふつーだったのに。 彼は自分の期待とか願望というものと現實との区別ができてる。 それを父親さん(姉のダンナさん)すべて頭ごなしに妄想で發言して行動しておる、つってキメつけて。 とたん甥っ子くん固まってロボットみたく定型文じみた返答ばかりを斷續的に、くり返すわけ。 その直前まで、ふつーだったのに。 みんな心配して困りはてて迷惑してるから、だから入院せよ入院せよ、つって父親さんキメつけて。 とたん甥っ子くん固まってロボットみたく定型文じみた返答ばかりを斷續的に、くり返すわけ。 その直前まで、ふつーだったのに。
この甥は、とても自己評価のひくい子なのだ。 ゆえに責められると不安定になる。 みればわかる。 そんな子に、やれヤバいビョーキだ、やれモーソーだ、やれメーワクだ、なんて病氣ならないほうが不思議じゃん。 いかがです。 わりあい腹立たしい悲しい光景でしょ。 タノは悲しくて腹が立った。 つっても息子のまえで父親を怒鳴りたおすワケにもいかんし、その父親の下らんトークさえぎって
 だれでも誰かに迷惑かけてる だれでも誰かを心配してる
 ひとりで生まれて、ひとりで生きてるものはないから、それは自然とう然あたり前だ
 きみをまわりが心配してるのは至極ふつーのことだ なにも問題はない
 問題あるとすれば、だれも心配せず心配されないような場合のことだ
 きみの取りくむべきなのは自分自身のことであり、まわりのことではない
 まわりの問題は、まわりに任せておけばいい きみの問題は、きみのものだ
 (:姉夫婦は家庭に問題いろいろ、これらも次男のストレス)
 まわりが心配したかったら心配させとけばいい きみはきみの心配をするべきだ
 だから、いま自分の囘復を何よりもイチバン大切に考えてほしい
つって告げたうえで彼が信頼してるという医師(かつて彼が入院する以前の最初の擔當医)との相談をうながし、そのうえでの入院手つづきを示唆つかまつりました。 以上つつがなく親子は退場なり。

ほかにも重たい出來事あったり と前囘エントリに記してたのは、この件でありました。 合宿いって、また稽古いって戻ったら、こういうナニがあり、さらに晝夜の氣温差ひろがって寒暖かまされ、おまけに睡眠不足つづき、あげく、とうとうタイチョーくずしたですよ。
ちょい風邪らしいけど藥を買ったら、これが高ぇえええ。 涙でそう。
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://lovedeluxe.blog9.fc2.com/tb.php/1643-3502ebcd

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

タノQ

  • Author:タノQ
  • since 2005.05
    まあ…あれですな
    皮膚呼吸って奴?
    ハハハ( ̄▽ ̄)v

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。