Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://lovedeluxe.blog9.fc2.com/tb.php/1608-a658cdcc

トラックバック

コメント

[C3041]

こんにちは。
紙兎はマジハンパねぇっス。
子供にあの口の悪さが移りそうっス!
  • 2013-02-22 17:50
  • でこぽん
  • URL
  • 編集

[C3042] Re:

こんばんわです。
あ? うつったらヤバくね? ガチで。 …っしゃーあ。
  • 2013-02-22 18:14
  • タノQ
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

お前はもう羚羊掛角無蹤跡

更新ペースあげまっせ、などという舌の根も乾かぬ週明け、いきなり更新サボりました。 ていうのはですな、この週末カノジョきて翌あさ同伴參禪こいたあと さあデートどこいきましょう となったさい、あんまりにも寒かったのが運命のワカ★レミチていうのか、なにしろ外氣温マイナス値に突入ときた日にはアナタ、おデートつってウロウロしてたら命にかかわるじゃん、とにかく身も心もヘタレッシブなタノちゃんなんだし、また風邪ひいて生死の境を味わいたくないぞ、ていうアレで自宅ひきこもりつつ二人ホームシアタかますべく、まずはレンタル屋おとづれた場面を、ひとつ想像してみてください。

昨今わたしらの間では 紙兎ロペ がブームとなっておりまして、なによそれ、とか思った人らいればワード檢索こいてみていただきたいですが、ようするに
 ロペ :え、まじッスか先輩
 アキラ:おー、ハンパねーよ
ていうヤリ取りに終始するショート劇アニメでござる。 これみたくってレンタル屋おとづれたんだな。 ところが、あにはからんや在庫DVDぜんぶ貸出中なってて、まー手ぶらで帰宅するのも業腹でしょ、つって紙兎ロペの代わりに手にとりまして借りたのが、すなわち アベンジャーズ なり。
 …は? どうゆうこと ( ̄□ ̄;
そう感じられた人らは、なにとぞスルーねがいたい。 なにゆえ紙兎ロペの代わりがアベンジャーズなのやら本件の當事者たるタノにも、さっぱり詳細不明なのだ。 この世には、まだまだ科學で解明できん事象が仰山あるし。 いちいち、こまかいこと氣にしてたら、いきていけんし。

さて、そんな次第でSFアクション作品を手に帰宅こいたものの、ひる寝かましてのちディナーしばきに外出して自宅もどりましたらウチのカノジョのたまわく、
 あす早いから美容にわるいから、もう寝る キミひとりで視よ
でましたーツルの、ひと聲がー。 けっきょくタノちゃんひとりで、みるのかよー。
そういう局面に突き落とされるとは夢だにすらさえをも垣間みてなかったワタシはDVDを一泊でのレンタル支拂つかまつってたもんですから、さああタイヘンだあ。 どうタイヘン系なのかというと、みるのを先延ばしたなら、いらざる延滞マネー發生して、けっこう痛い出費であります。

ま、そういうことで週明けの夜はブログ更新どころではなく必死のパッチで映畫みてました。
(え、まじッスか先輩↓おー、ハンパねーよ)
(つづき)
やれやれ。 更新サボりの長文イイワケが終了しまして以下よだん。
以前わたしは韓国の日本式寺院である東國寺に建立された懺謝文碑の件で、その建立を支援した日本の團體(東支會)へ日本曹洞宗の宗務廳が支離滅裂な撤去要求を内容證明文書で出し、これを東支會は拒否して逆に文書の撤囘を要求するも、この撤囘要求から以降ずーっと宗務廳さん文書撤囘するでもなく、かといって文碑撤去の法的措置をうつでもなく、ただ意味不明のダンマリしつづけ當事者責任の完全放棄をやってのけるという、まこと佛家にあらざる醜態についてリポート(コチラコチラ)いたしましたが、こんかいエントリでは、その續報ていうか、いちおうの結着ていうべきかを、ひとつ記事つかまつります。 とりあえず↓ご覧いただきたい。

懺謝文碑報道
 2013. 2. 9. 中外日報から (東支會サイトより↑轉載許諾濟)

解決は可能か 日韓の当事者に聞く
 曹洞宗・懺謝文碑問題
昨年9月、韓国全羅北道・群山市の旧曹洞宗寺院で戦後に韓国曹渓宗に所属した東国寺に、曹洞宗の戦争協力などを反省する「懺謝文」を刻んだ石碑が建ち、曹洞宗が事実上の撤去を要求している問題(◎)は、いまだに着地点が見えない。 背景には、懺謝文を世界に発信された「宣言文」と捉える韓国側と、あくまでも内部文書だとする現在の曹洞宗内局との認識の相違がある。 根本的な解決は可能なのか。 東国寺の宗杰住職(56)と曹洞宗の中野重哉・人事部長(58)の双方に心境や方針を聞いた。 (佐藤孝雄)

 政治的利用は全く心配ない 東国寺・宗杰住職
 ― 懺謝文の石碑が建ったことについて
◆私は懺謝文が1992年に出たことを知っていた。 その後、2010年に曹洞宗の池田大智師が朝鮮半島出身者の遺骨返還に関連してハングル訳の懺謝文を200部程度持ってこられたのを、私が受け取って広めた。
当時の朝鮮日報などの全国紙で「こういう日本の仏教教団があるのは素晴らしい。 感謝すべきだ」と大々的に報道された。
私が植民地時代の日本寺院の実態を調査したところ、400カ寺余が存在していたと判明した。
今では皆壊されて、東国寺1カ寺しか残っていない。 和合を重視する仏教の立場から懺謝文を埋没させず、東国寺という象徴的な場所で碑として残せば効果的ではないかという単純な意図で「東国寺を支援する会」に建碑を要請した。
懺謝文碑が建ってから精神的に安定した。 以前は「日本の寺などつぶしてしまえ。 なくせ」と言われ続けたものだ。 法堂とは仏様が常住される所なので、日本人が建てようと韓国人が建てようと尊いものだ。 日本人が反省や謝罪の言葉を碑として残したのだから受け入れなければ。 そんなうれしい気持ちがある。
 ― 曹洞宗は撤去を要求している。
◆懺謝文は曹洞宗で一人、二人が決定して作った文章ではなく、全体の思いを集めて全世界的に表明した宣言文ではないか。 効果的に知らせるために碑の完成を祝いこそすれ、撤去すべきものではない。 再び(植民地時代の)昔に戻ろうという意図はないだろうが、私が見ると内部で何か問題があるようだ。 それは理解する。
韓国メディアで激しく批判報道を展開しようという動きがあったが、私が制した。 「心配せず、静かにして1年だけ見守ってほしい。 何か結論が出るだろう」と。 右翼たちの攻撃を受けた曹洞宗が石碑の撤去を要求してきたのはジェスチャーのように見えたので、問題を拡大させないために静かにしていればいいと思い、特に東国寺として対応はしなかった。
 ― 曹洞宗では石碑が負の遺産を固定化するものだとか、政治的に利用されるのではないかと懸念する声がある。
◆政治的利用は全くない。 心配しなくてもいい。 昨年暮れ、ある韓国の大物政治家が「東国寺を支援する会」の一戸彰晃代表に会わせてほしいと連絡してきたが、やめた方がいいと申し上げた。 大統領選前の敏感な時期に会えば、誤解を招く恐れがある。
曹渓宗当局も懺謝文碑のことは知っているが、何もなく、何も聞かなかったかのように静かにしている。 (曹洞宗側が)自らの判断で問題解決するだろうと。
 ― 懺謝文の精神は保つべきだが、歴史的事実については再検証すべきだとの意見もある。
◆全文を読み込んだが修正する内容は一つもない。 真実が盛り込まれている。 変えるのは当事者の事情だが、一回宣言したものを変えるのは国際的にもあり得ない。 具体的には閔妃(朝鮮王朝最後の国王・高宗の妻)殺害や創氏改名など5項目出てくるが、追加はできても除くことはできない。 懺謝文の内容は真正であり、この程度なら十分だと考える。
懺謝文は20年前の先輩方が作ったものだ。 亡くなった方もいる。 その方々の精神を理解し、継承しなければならない。 先師たちはどれだけ悩んで書いたことか。 先輩を無視することは歴史を無視することであり、ひいては日本の国家を無視することだ。
 ― 今後、韓日仏教友好の拠点として東国寺をどう活用するつもりか。
◆韓国唯一の日本式寺院である東国寺がなくなってしまったら、過去の歴史をどう伝えたらいいのか。 生きている歴史の証拠なので、(植民地時代が)よかった、悪かったという価値判断を越え、過去と現在を踏まえて未来に明るい関係を結ぶために、この寺を通じて交流するのが最も望ましい。
これからは仏様を通して過去を振り返り、反省することは反省し、うまくいったことはうまくいったこと、間違いは間違いだったと認識する。 間違いについては私たちも日本も分かっている。 この寺の歴史を見れば、宗教は政治に利用されてはいけないという教訓が得られるはずだ。
 ― 曹洞宗とは今後どう交流を?
◆曹渓宗と曹洞宗が交流するに当たっては、この寺を利用すれば最も早く近しくなれるのでは。 韓日の仏教学者が東国寺に集まり、学術発表やシンポジウムを開催すればよい方策が出てくるのではないか。 東国寺の創建記念日である9月28日に韓国の東国大学の日本仏教史研究所と、一戸師がメンバーの東アジア仏教運動史研究会が共同で学術大会を開き、書籍にしようという計画がある。 形式的でなく、具体的で実践的な交流が必要だ。

 見せ物でなく心に刻むもの 曹洞宗・中野部長
曹洞宗の中野重哉・人事部長は本紙の取材に答え、懺謝文碑の「引き渡し」について「物理的に無理なものは、ある程度仕方がない」と延べ、事実上、現状を黙認する姿勢を表した。
「東国寺を支援する会」の一戸彰晃代表が「引き渡し」要求の撤回を求めていることに関しては、「回答せず、静観する」と語った。
著作権法違反を理由とする要求は、撤去ではなく「返還」だとの認識を示し、「それ以上でもそれ以下でもない。(懺謝文を碑文として)借りるなら(同会が曹洞宗に)事前に相談すべきだった。 懺謝文は心に抱くべきものであり、石に刻むのは問題。 宗教的にどうかと思う。 見せ物ではない」。
懺謝文は、宗務庁が1980年に刊行した『曹洞宗海外開教伝道史』に民族差別や国策荷担への反省が見られない表現があるとして92年に回収・廃棄処分する際、当時の大竹明彦・宗務総長名で「趣旨説明書として」公表された経緯がある。 現在の曹洞宗内局が「内部文書」だと主張するゆえんだ。
中野部長はまた、懺謝文碑が建った当時、領有権問題で世論が敏感だったことに触れ、「時期が悪かった。 (建碑するなら)韓国の大統領選挙後にするとか、事前に話し合う機会があればよかった」として、何らかの助言ができる余地があったことを示唆。 「昨年4月の時点で碑を作るらしいという情報はあったが確認できなかった」として、「ボタンの掛け違えがあった」と認めた。
一方で、権力と宗教団体をめぐる問題について「一戸さんと考えは同じ」だと述べ、「教団の戦争責任をしっかり立証していて頭が下がる。 歴史を掘り下げてもらってありがたい」と、著作などで宗門の戦争協力責任を追及する一戸氏の活動を評価。 「歴史認識を教団人として共有できる研究」が進むことを望んだ。

 ◎ 懺謝文問題
曹洞宗の一戸彰晃・雲祥寺住職が代表の団体「東国寺を支援する会」が昨年9月、日本統治時代に同宗が開いた韓国曹渓宗東国寺(旧名・錦江寺)の提案に応じ、宗門の戦争協力や東アジア開教の過ちを謝罪する懺謝文(1992年発表)の石碑を同寺境内に建立。 懺謝文の内容と歴史観が異なる一般人らから曹洞宗に抗議が殺到し、同宗は公式サイトでの懺謝文の掲載を一時的に休止した。 曹洞宗は著作権法違反を理由に石碑の「引き渡し」を要求したが、同会は拒絶している。

以上いかがです、これ。 どう感じます、これ。 なんとまー、
 え、まじッスか先輩
 おー、ハンパねーよ
ていうかハンパきわまる宗務廳人事部長さんの答辯まったく佛道夢也未見在ですが ε=( ̄へ ̄)
なにやら「一戸さんと考えは同じ」やら「歴史認識を教団人として共有できる研究」だの、もう、
 え、まじッスか先輩
 おー、ハンパねーよ
って風景ですなあ、まったく。 テキトー至極にも、ほどがあるんじゃないの。
こうして宗杰住職の滋味あふれる禪風すがすがしい崇高なコメントと人事部長の アチャーな それと、ならべて紙面に載っかって、よんでくらべて、こう椅子からズッコケますわマジで。
以上きょうのエントリこんなとこ。
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://lovedeluxe.blog9.fc2.com/tb.php/1608-a658cdcc

トラックバック

コメント

[C3041]

こんにちは。
紙兎はマジハンパねぇっス。
子供にあの口の悪さが移りそうっス!
  • 2013-02-22 17:50
  • でこぽん
  • URL
  • 編集

[C3042] Re:

こんばんわです。
あ? うつったらヤバくね? ガチで。 …っしゃーあ。
  • 2013-02-22 18:14
  • タノQ
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

タノQ

  • Author:タノQ
  • since 2005.05
    まあ…あれですな
    皮膚呼吸って奴?
    ハハハ( ̄▽ ̄)v

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。