Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://lovedeluxe.blog9.fc2.com/tb.php/1571-33cda002

トラックバック

[T25]

  • 2012-10-17 17:26

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

お前はもう昨非今是聖凡誰知

週あけイチバンは、ついついブログ更新サボりがち…ていうのも月曜あさ毎度つねにカノジョどえらい早出なさいますので世の中ちかごろ治安わるいし駐車場まで番犬ワンコ代わりをあい務め付き添いして送ってくタノも必然的チョー早起きさせられて(なんと毎囘4:00起き)けっか月曜あさイチから生活ペースくるっちゃうんだな。 よるにブログかますような餘裕タイムは、ござらん。
まーウチへ遊びにきても めし+風呂+メイドつきホテル あつかいをカノジョから受けつつ、はては番犬のお役目をもマルチにこなし、なにを命ぜられてもハイよろこんで、つって。 どうよ、これ。

いきなり泣きごとトークでスタートつかまつりました、すいません。
さて、この週末は月の第一週のため本來ならカノジョが實家おそうじデイと稱して來訪なし、なハズでありましたが、なんの氣まぐれなのか、きて下さった次第。 おそらく先週の日曜おデートとちゅう所用できて、お帰りあそばした件の、あるいみ罪ほろぼし系とか。 ていうよりタノが日頃お仕え申しあげて陰ひなたなくストレート直球モードで忠勤へ励みぬいてる功の、たまもの系とか。 あるいは元恐妻のパワハラに凹むことなく武道佛道おデートへ不惜身命こいてるタノの姿を憐れみたもうた大恩主釋迦牟尼佛が、そっと垂らしたクモのイト系とか。 もしくは(以下略)
…などと檢證不能な考察で長文こくのは置いといて。 どうにも、きりがナッシングだし ε=( ̄へ ̄)

こほん。 で、この週末どういった感じのデートすごした系かと申しますと、またも自宅ホームシアタなり。 やーねー、まったく。 たしか以前に念おし、いたしましたけどウチは映畫レビュを専門とするブログにあらず、あくまでも歴然と よだん専門ジャンル なのだ。 こういう記事つづけてれば映畫へ通暁したニンゲンがやっておる専業ブログであるかのように、いつかそのうち勘ちがいされそうで、いささかばかり不安です。
…なんつって、どうでもいい取りこし苦勞も置いといて。 ほんと脱線とりとめないぞ我ながら。

やれやれ、こんかいレンタル視聴した作品は三本でした。 いっきに三本も視る作業で、とうぜん時間やりくり必死のパッチだ。 なにゆえ、そんな本數かりたもんだか、よくわからん。 よもや延滞すれば散財マネー不可避であり、その惧れをタテにカノジョが參禪サボりを要求しましたので、なにやら策謀めいた氣配を、あとになって感じる。 そもそもホームシアタすすめたのがカノジョだし ( ̄▽ ̄;
(はかられたのかも↓つづき)
(つづき)
つべこべ、いってないで以下ご紹介レビュさっさと、いたしましょ。 とりあえず三本のウチこんかい、たまたま邦畫は一本のみです。 あとの二本は、いわゆる韓流でござる。

 통증
伊丹
邦題:痛み (2011) 권상우、정려원ほか
ほんとタイトルまんまな痛い映畫です。 だいたい韓国の映像作品って内容もろに人間關係とかドロドロしてて痛々しいのが通り相場みたい。 あらかじめ、それを念頭において視聴したものの、やはり痛い、いた過ぎる。 それと、つけ加えとくなら韓国のドラマや映畫は登場人物ほとんどが奇矯な言動するので感情移入とても、むつかしい。 さらに所感を追加いたしますと、よく東司をコミカルな場面に用いてるのが特徴的な傾向かも。 たいして韓流いくつも作品みてはいないというのに、どれもこれもが、お約束のようにトイレで笑いのシーンこしらえようとするのを、みかけるんだな。
ところで韓国からみた場合に我國の映像作品って、どういった傾向とか地域性もつんだろ。
それはともかく、ちなみに本作のカノジョ評価は、ちょっと、よくなかったらしいです。 カノジョ自身が選択してのレンタルだったけれど、とはいえ何しろ、あと味わるいからね、これ。

 화이트
わりと天然
邦題:ホワイト (2011) 은정、황우슬혜ほか
ホラーであります。 ただでさえドロドロと痛々しいのを基調とする韓流で、その上なおもホラー作品ぞな、これ。 痛いドロドロの按排加減ここに至ってパワー倍増きわまれり、ていうかナンちうか。
この作品レンタルを選択チョイスこいたのは、わたしです。 なぜなら應援してるK-POP樂團のメンバが主演してるから。 この人(上掲畫像の娘)かなり品質たかい演技をします。 あるときはドジっ子、または陰険な策略家、そして本作では氣のよわい娘、いろんな役柄を演じわけて破綻ありま温泉。
作品ぜんたいの出來としては、まー、いわば可もなく不可もなく、でしょうか。 しょうじきホラーそんな眼が肥えてるワケでもナンでも、ないし。 前半けっこう怖かったけども中盤なかだるみ感あって後半どんでん返し、わりあい樂しめた感じ。 韓国の藝能界を舞台に過酷で非人間的な構圖えがかれてエグさ前面だしてあり、これオファーきて主演を承諾するのに勇氣いったんじゃないの。
カノジョが下した評価は、えーと、聞いとくのを忘れてたー。

 白夜行
びゃくやこ
(2011) 堀北真希、高良健吾、緑友利恵、田中哲司、戸田恵子ほか多數
ラストは邦畫で、いわずと知れた東野圭吾原作なり。 これ原作よんだですがTVドラマのほうは未見であります。 原作とは人物關係とか設定とか、こまかいとこが變更されてるけど、おおむね原作に忠實であり、なおかつ出來ばえ中の上クラスでした。 ほとんど小説では陰になってる存在の人物に重點おいた映畫の演出で、それが功を奏したのかな。 脇役陣も達者なメンツそろえてあるし、みて損した氣分しません。
これ難をつけるとしたら…セリフ聴きとりづらいこと、おびただしい。 わたしが難聴だから、ではなくてカノジョにも聴こえづらかったみたい。 ここだけの話しウチのカノジョはデビルイヤーの持ちぬしなんだぞ。 日本語に訳せば地獄耳じゃ。 それが聴きづらいっていうんだから、このタノに聴こえるわけ、あらへん。 できれば字幕つけといて、ほしかった ( ̄з ̄)_,
本作に對するカノジョ評は あと味わるい だったです。 そういうと思った。
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://lovedeluxe.blog9.fc2.com/tb.php/1571-33cda002

トラックバック

[T25]

  • 2012-10-17 17:26

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

タノQ

  • Author:タノQ
  • since 2005.05
    まあ…あれですな
    皮膚呼吸って奴?
    ハハハ( ̄▽ ̄)v

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。