Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://lovedeluxe.blog9.fc2.com/tb.php/1570-d602d7a8

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

お前はもう他爭得識他之落處

ゆうべブログ更新しとくべきところ、またサボりをかましてしまいました。 ていうのも、いささかショックな件あった次第でして。 いささか、どころじゃあございません、じつは。 …せぼーん (≧へ≦、)
いったい何事なのかと申しますなら、おデートに専念してた土日あけてネットひらいてみればですな、ゆうべmixiのコミュで、わたしが應援いたしますK-POP樂團のコミュで、チョーたいへんなことが話題になってた。 いかにチョーたいへんか、つったら尋常ばなれなチョーたいへんさ加減であります。
なにしろ樂團メンバーの一人が、じっしつ的に事実上の除名処分うけて、のみならずファンとマスコミまき込んで、ついでにアンチも便乘こいた挙句のハテが、わけわからん騒動なってて猛烈バッシングおきてるらしい。 いかがわしい事情通@自稱くんらが横行しつつ畫像などを斷片きり貼りの加工した情報も錯綜しつつ、それらをたよりとしての魔女狩じみた犯人さがし、あるいはファン同士での小競りあい、なにがナニやら、つまり集團ヒステリーじゃん、これって。

ひとりメンバーぬけたのもさることながら、この醜惡きわまる擾乱フェスティバル&カーニバルには、イチからジューまで大きなショックうけたです。 まー、ひとくちにファンつっても、いろんな人がいて、いろんな意見もってて、ひとり一人ちがってて自然とう然あたり前だとは思うけれど、あんまり低度がスバラシすぎて功たか過ぎて、あるいみ感銘つかまつるよ、これ。
しょうじきファンつづけるのにイヤ氣さしたです。 さしたですが、こういう大へんなときに見限るというのはヒトとして實がない、もしくは情がうすい、ていうか卑怯なんじゃないのか、むしろ大へんな時こそ見離さないのが、いわゆるヒトとしてのアレなんじゃなかろか、そう思ったしファンやめません、とう分。 けっきょくウギャースカさわいでるのは、ありゃファンじゃなくってアンチと同類でしょ、おそらく。
…けども氣分わるー、どうしてクビにしたのかな。 それに向後のグループ活動とても心配だし。

いちおう近況リポートおえた感じで以下よだんトークなり。
この週末ですがカノジョ土曜だけ泊まって翌日お仕事かも、そう聞いてました。 そして、そのとおりになったぞな。 あああ、これも氣分わるー。 ほんと飯くって風呂はいって寝るだけ、じゃん。 ウチは旅籠屋さんと違うし、おメカケ2號さんチでもないんだぞ。 いったいタノを、なんと心得ておるのか。 ていうかウチくれば毎囘まいど お茶ほしいオヤツどこだあれ持ってこい つって、
 メイドさん扱いでわないか、もはやすでに ( ̄へ ̄;
(どないやねん、これ↓つづき)
(つづき)
などと、なげいてみたところで、はじまりません。 古人いわく、はじまりません勝つまでは、つって。
 …やれやれ、なんだそれ ε=( ̄。 ̄)
とはいえ同伴參禪のあとカノジョしばらくはウチにいてくれたです、あくまでレンタルDVDを視るため、ていうのがコトの眞相だったけど。 ま、いっか。 しょせん、わたしなんか、そんなもんでござる。

こほん。 えーと、なんの話しだっけか。
そうそう、この同伴參禪といえば老師さま當日に他出されてて、ばかりか新規さんの參禪あって指導にあたる直堂和尚が堂内をはなれ、つまり止静チャイムうち鳴らす人いない状況だったです。 すぐそれと氣づいたけれど以前に鐘うち係を指名され擔當させていただいたさい、かなり摩訶不可思議な展開を經驗させられちゃった憶えあるので、なんとなく自分からはチャイム役を申し出るにシノビナイ感じでした。 それでは佛弟子として、どうなのタノは、ていうとこでしょうが無理ないじゃん、やっぱり。
すると直堂和尚は堂内たまたま身近にいた別の參禪者の一人へ鐘を手わたされまして。
 ちょっとホッとしながら、ちょっと後悔 ( ̄ω ̄)
こういうさいには氣づいてる者が、つまりタノが率先して、みづから申し出る、それが佛弟子ならずともヒトとして正解だという思いはするし後悔したものの、それでいて、あの以前みたいな經驗した上なお自分から申し出られるほど、つよくないんだな、わたし。 だって面倒だもーん、しがらみ系とか。
で鐘わたした直堂和尚は新規さんつれて別室へ移動なさり、わたしはカノジョと止静タイムを堂内で大人しく待ってたわけ。 そうしたらですよ、そのチャイム係まかされた人は時間ちかづいても坐ったまんま。 立とうとしやしないけど、おおーい、あなた堂内の照明スイッチわすれてるんじゃないの。 ていうか、だれか消燈してくれるまで、そうやって動かず待っとる所存か。 しんじられなーい。

とか他人事みたく、いってる場合では、ない。 もう止静タイムだし。 あわてて照明スイッチのとこへ行ったです、わたし。 この照明スイッチ操作ひさびさだから手間どってますと、それに氣づいた直堂和尚わざわざ別室から席を立っていらして消燈してくださった。
 あうー、あんまり役に立たんですよ、このタノは ( ̄▽ ̄;
とにかく照明オフなりましてから、いそいで堂内もどった次第。 す、すると…まだ、わたし坐ってないにもかかわらず、
 カーン ( ̄- ̄)/*Ω
 カーン ( ̄- ̄)/*Ω
 カーン ( ̄- ̄)/*Ω
つって止静うち鳴らされた。 うがー。 なによそれ、とんでもナイこった。
いわれたことのみだけを勤めて鐘うつだけで照明ほか一切ほっといて、その上さらには代わりに消燈いってた者を無視こいて、そんなもん坐禪會メンバじゃなくても通りすがりの旅人にだって出來るし、まるきり理不盡なのと違うか。 はばかりながら、このタノが開始チャイムなん度か擔當お勤めをしたときには、むろんのことに照明スイッチ操作してたし止静ならす前まず堂内みなさん趺坐の躰勢OK牧場なのか如何を目視確認してたし、わたし低度のナニがやれることを、なぜ歳上はるかなジイサマに、できんのだ。 惡意ないのは分かっちゃいるけど、しかし自宅ひとりで坐っとるんじゃないのだよ。

なーんて、すくなくとも同門下の人を↑わるくいってはいかんですね、すいません。
ようするに老師さまが不在で新規さんの參加あって直堂和尚は止静うてない、これに氣づいた時點で誰からいわれずとも、わたしが止静うけたまわります、と自分から申し出とくべきだった。 自分にやれることヤルべきこと、してないで他人さまをどうたら評判かますのって醜いですよね。
ひとつ反省しとこ。 がしゃくしょぞーしょあくごおー。

あくごおー、は置いといて。
參禪おえて晝は焼肉をカノジョおごっていただいて帰宅のちDVD鑑賞いたしました。 こんかい、また作品ご紹介レビュする運びとなってるワケですが、このブログって、そういう系ブログじゃあないのに何やってんだか自身で不安ぞな。 ここんとこ映畫レビュつづいてるけどもウチは、あえていうなら、
 よだん専門 です念のため ε=( ̄へ ̄)
いや別だん念おしとかなくても閲覧くださる人ら、ご理解いただいてるハズとは思うが。

 告白
こくはく
(2010) 松たか子、木村佳乃、橋本愛、岡田将生ほか
レンタルbyウチのカノジョのチョイス作なり。 これレンタルするのにタノは最後まで抵抗したんです。 だって、これ湊かなえ原作なんだもん。 湊かなえといえば、わたしは 少女 と 贖罪 すでに讀んでます。 告白については未讀だけれど、いま挙げた二作どうだったのかといえば、ぜんかい映畫ご紹介レビュ記事でチラッと言及したとおり讀後感チョーわるい。 重たくてキモチわるくて辟易いたす。 登場人物どいつもこいつもセカイ系ていうのか自己愛が強烈で、ほとんどが感情移入しかねる連中なのだ。 そういうのを一冊で終わらずに二冊目をも手にとってみたのは、なにぶん筆者の力量なみ外れたものが感じられたから。 登場人物へ共感はできないのに、その存在感がリアルだから、なのでありました。 しかし重たい不快感には、かわりがなかったぞな。
そして、ぐうぜん 贖罪 の映像化作品を視る機會が以前あって、それすなわち原作の、いやーん、な箇処だけ残存させつつ、その理不盡さへ説得力あたえてる原作の箇処ほぼ失われてて、たいそう閉口させられたですし。 なので湊かなえ作品の映像化ぜーんぜん期待できなかった。 期待どころの話しでは到底ナッシング。 かならずや視たら損した氣分なる、と。
…で本作を視聴して、けっか的どうだったか。 答えは、まあまあ、です。 原作よんでないから比較できませんが可もなく不可もなく、ではない好惡ぷらすマイナスがゼロってとこ。 ていうのは、
橋本愛
助演者の中で↑この人すばらしい風味を、はなってました。 眼ぢからカリスマ性ある。
また余談ですが、
岡田将生
この↑師役の人は某メジャー野球選手に、にてる。 のは別にして演技よかった。

ほか少年の、くるおしい惱ましい母親を演じてた女優さんは、どんな役やっても同一人物みたく映る演技なんだけれど、でも巧い。 これらの印象とてもグッドだったのが、つまりプラス要素です。 これに對し相反してマイナス評価なのが、やはり あと味 ですな。 いやな人ばかり腹黒ばかり出てくるが世の中けっして、そんなもんじゃないでしょ、じっさいは、とブツブツ文句いいたく、なる感じ。
この感想もつのは想定内の範疇でござった。 いっぽうカノジョの評価たかかったのは意外でした。
まけ惜しみが、はいってたんじゃないのー。 どうなんだろ、いつもは氣にするくせに、あと味を。
以上きょうのエントリこんなとこ。 映畫みたらカノジョすたこらサッサと姿けしたです。
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://lovedeluxe.blog9.fc2.com/tb.php/1570-d602d7a8

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

タノQ

  • Author:タノQ
  • since 2005.05
    まあ…あれですな
    皮膚呼吸って奴?
    ハハハ( ̄▽ ̄)v

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。