Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://lovedeluxe.blog9.fc2.com/tb.php/1568-dbd630bc

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

お前はもう在火焔裏轉大法輪

この日曜めずらしく涼しかった感じ。 店とか入ったら冷房さむいくらいで、こまったです ( ̄へ ̄;
とりわけスーパーの食糧品賣場なんかだと冷ケースから流れでる寒氣が充滿こいて、いたたまれんこと限りなし、でありました。 暑さ寒さも彼岸まで、とかいうけど日曜は店内クーラーきき過ぎで彼岸までタノちゃん旅うっちまうかと思ったぞ。 なんつって縁起わるい話しで、すいません。

さて土曜よるカノジョ泊まりにきてくれたさい翌日曜は同伴參禪のあとデート予定どうするか、ふたり熟慮をかさね思案にくれなずんで慎重きわまる議論つみ上げ、だいたい五秒ほど檢討したけっか、やはり自宅ホームシアタかますことと、いたしました。 まーた、それかよー。 やれやれ。
だって、わたしもカノジョも散財つづいてるし土曜よるの時點では暑くて外出おデートに倦怠おぼえて尻ごみモードだったし。 そういうときこそ、こまったときこそのホームシアタだ。
…ところが、ですな。
いざDVDレンタルつかまつり翌あさ同伴參禪すませ、さあ帰宅だ、そう思ったときカノジョのケータイへTelはいったんだな。 ほええー、これは、よくある間のわるいパターンな、よ・か・ん★
カノジョがTelでると實家からで、どうやら家の從業員さん軆調よろしくなく、ちょっと深刻なんだって。 緊急入院するらしく、とりあえず見舞にいかなきゃならんていう次第で晝めし廻轉鮨くったあと、
 でわ (* ̄▽ ̄)ノ~~ さらばじゃ
つってカノジョ帰っちゃった。 おーい、かりたDVDどうすんの、あれ。 二本もあってだね、二本ともにキミのチョイス作品でね、しかも返却まで一週間だけどタノひとりで視るのか、ぜんぶ。 いやーん。

ぶつぶつ、いいながら獨り自宅もどって寝たですよ。 やけ喰いしたいとこだったけど晝に鮨しばいたばかりだったし、その鮨店さむくて躰ひえて調子くずしそうだったので、まー、ふて寝ですわ。 なんといってもヤルこと、ないんだもん。 思いがけない土壇場キャンセルに、さみしーい、つってオトコ泣きにないて枕が涙でしょっぱいわけ。 日曜ひるまっから、たそがれブルースなり。
で、ひとりぼっちをかこつタノがスヤスヤやすらか清らかに、しばし惰眠むさぼっとるとですな、
(なんなのよ、いきなり↓つづき)
(つづき)
 きたよーん (⌒▽⌒)/!!
もどってきたカノジョ聲でかいよ…心臓とまるかと思ったじゃん。 これでも右耳は正常なんです。
お見舞いって様子たしかめたのち、すぐさまUターンしてきたんだとか。 う、うれしい…そう感激したのもツカの間カノジョいわく はやく視ようDVD、そのまえに晩ごはん、それから風呂ふろ、それからDVDね、はやく早くはやく、なにをしておるか と連呼あそばされた。 ああ、わたしにあいたくってカッとばしてんじゃなく映畫みたかったんだね、そっかそっか。 せぼーん。

とはいえリカバリーたち直りスムースな、わたしです。 ぜんぜん、こたえません。 なんのそれしき、イチイチくよくよ、してたならカノジョの相手が、つとまるものか。 泣きっツラにみえたとしても、それは氣のせい、たぶん氣のせい。 と自分に、いいきかすの卷。
ひとりごとは置いといて、では居酒屋ディナーのあと鑑賞した作品ご紹介いたしまショー。 居酒屋といえば、そこの店内もクーラーきつくて、たまらなかったですよ。 おっと、また脱線トークだった。

 恋の罪
こいのつみ
(2011) 水野美紀、神楽坂恵、冨樫真ほか
以前ご紹介した激烈インパクトな作品と、おなじ監督の手になるものです。 そして、おなじようにラヴと罪と罰を命題にしてある、といった印象風景なり。 宗くささ持たせるのが、この監督の作柄なんでしょうか、すなわち本作には主人公が三人いるけれど上掲↑畫像の左と真ん中は狂言廻しみたいな役割にすぎず、いわば眞のヒロインが右端の人であって自己評価おそろしく低い、ていうか収拾のつかない混乱したアイデンティティーいだいたまんま破滅的な自傷行動へ専心しつづけ、とうとう文字どおり五躰崩壊してしまう姿えがかれてく作中で發するセリフが、かなり佛道に通じてるんだな。

コトバはコトバだけで存在するなら記號の羅列であり意味をもたない、意味があるのはコトバが指し示している事象のほうなのであり、たがいにむすびつくことによって關わりと意味をもつのだ

要約すれば、そういうことを發言しておりました。 しかし登場人物のメッセージは理解できても感情移入むつかしく、なにしろエロくてグロい場面むちゃくちゃ多いから、みていて大變でござる。 そしてモチのロンリーですが、あと味チョーわるい。 まだしも 愛のむきだし は救いのある結末だったのが、こちらは、ただただ悲惨だし。 これは湊かなえの讀後感に、にてるかも。
などと酷評してるような風味ですが職人藝を感じさせる作品であるということは、まちがいナッシング。 まちがいナッシングだけれども、でも視たあとカノジョくらーくなってたぞな。 自分で選んだんじゃん、これ。 ちなみに ヒミズ は誓って絶對レンタルしないぞ。

以上きょうのエントリこんなとこ。 あともう一本のDVDは、まだ視てません。 延滞おそろしやー。
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://lovedeluxe.blog9.fc2.com/tb.php/1568-dbd630bc

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

タノQ

  • Author:タノQ
  • since 2005.05
    まあ…あれですな
    皮膚呼吸って奴?
    ハハハ( ̄▽ ̄)v

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。