Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://lovedeluxe.blog9.fc2.com/tb.php/1566-667a3684

トラックバック

コメント

[C3009] 合宿

合宿お疲れ様でした。
楽しいお稽古出来ましたありがとうございます。
また、一緒にお稽古できたら良いですね!
  • 2012-07-18 05:39
  • URL
  • 編集

[C3010] がっしゅく

こちらこそ、ありがとうございます。 たいへん、お世話になりました。
つぎの機會がチョーたのしみです☆
  • 2012-07-18 19:45
  • タノQ
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

お前はもう佛佛祖祖不待階級

平年なみ つっといて、けっきょく早かったじゃん梅雨あけ。 もう予報には、だまされないぞ ( ̄з ̄)
しかし暑いですー。 合宿先すずしかったから帰阪すると、よりいっそう容赦なしに體感するみたい。 そうそう、この土日はタノちゃん合宿稽古いってたのだ。 こんかい、それをリポートつかまつります。

まず土よう、ばっちり前日に旅仕度おえてあったので時間的たっぷり余裕かましつつ稽古道具さげて早朝でかけました。 …ところがドッコイすっとこドスコイ。 京橋から地下鐡おりてJRのり換えようとエスカレータへ足をすすめたところ…ない。 もってない。 もって來て、ないぞな。
 旅仕度一式いれといたリュック ど、どこなんだ 
わちゃー、タノちゃんピーンチの卷 ( ̄□ ̄;
なんて、いうておる場合では、ない。 あわててマンションひき返した次第ですが、よっぽど浮かれてたんでしょうか、ひさびさ稽古の嬉しさに。 袋韜と木劔だけ持ってても合宿にならんよ、わたし。

やれやれ。 せっかく余裕タイムで出かけたのに、これで時間おおきくロスこいたからギリギリなってしまい、とにかく急ぎたいのでタクシー用いて、いらざる散財こいてしまった。 新大阪驛ついてからはスイこらスイこら旅程とどこおりなくツツガなく進行しまして東京→上毛高原へ到着なり。 一時はどうなることかと思ったですけど、ハハハ。
こほん。 出グチにF澤さん待っててくださり彼のマシンで合流場処の水上驛へむかい、そして車さんと師範代とO塚さんと荒木堂チルドレンたちとランデヴーいたしました。 新幹線もちいて、この群馬縣北部まで計五時間ちょい。 さすがに遠いぞな。 そこで視たものは
きしゃ氣車しゅっぽ、しゅっぽ
(しゅっぽ、しゅっぽ↓つづき)
(つづき)
しゅっぽ、しゅっぽ

しゅっぽっぽー
思いがけずSLみなかみ所有のD51でした。 SLといえば、ほんの小さいころ乘ったっきりの懐マシンでござる。 これ七十年以上も現役として稼働してるわけで、おそるべき代もんでしょ。 人間が七十年も働いたら、いい加減クタクタじゃん、すごいよ。
まー、うごかすのに運轉士さん三人も必要で夏の運轉席まわり焦熱地獄だし冬は寒冷地獄だしで、たいがい不便きわまるアイテムが、いまも愛されてやまないんだな。 けれど、こうした前時代マシンの不便を不便と思わぬ積み重ねと社會貢献が、こんにち世の中いろいろ便利なアレとかコレとかを、けっか的もたらして提供してくれてるという時節因縁の攝理なワケだ。 なんつって。

などと脱線トークは置いといて、お稽古リポートです。
宿の亭主に先導いただき一同ずいコラずいコラと稽古場処の體育館へ到着なり。 おくれて參加のS間さんはF澤さんが迎えにいって全員みな勢揃いしました。 この初日は燕飛なのだ。 エンピ とかいっても、わからん人には一切わからんでしょうが話しをすすめたい。 ひとクチで説明しときますと勢法六本イッキの連續わざ、であります。
しょうじき申して、わたし、この燕飛を正式に習うのが當合宿をいれても、わずか三囘め。 ですから初めて習うのと、なんら變わりナッシングだった。 六本とちゅう、あれれー、とか、おっとっとー、とか劔法うんぬん以前のタドタドしい稚拙な遣いよう、いちじるしく汗かいたです。 六本連續どころか生汗れんぞく。 日ごろ素振りを缺かさないゆえ腕や上躰まったく疲れないけど下半身のほうはガタガタでございました。 ちょうど足底の肌が例の持病ひどくてボロボロに裂けてたし(よくある間のわるすぎるパターンだし)あんまり歩いてなくて運動不足だったし、うほー、情けなや。

でも、たのしかったです。 あたり前じゃん。
たのしい稽古タイムおわって宿の亭主さん迎えにきてくださり、みなさんと合宿所へむかいました。 その途上いろいろ亭主さんの觀光ガイドあって山みたり川みたり。 宿ついても案内つづきがあったり夕食後もレクチャー講釋ウンチクつきることがなくてサービス精滿點な亭主だったぞな。 ひと晩中つづくかとマジで思った。 そう思ったのは、おそらくタノひとりでは、ないんじゃないの。

翌あさ、また送迎いただいての體育館お稽古しまして。 この日は燕飛おさらいしたのち三學でした。
霞たなびく
二日めリポートのまえに↑宿の軒先から撮った風景のせとこ。 すずしい土地だった。 さむいくらい。
話しをもどして三學でしたっけ。 ひとクチに説明しとくなら五本と、もう五本ある勢法なり。 簡單すぎましたか。 もともとの五本に後世また五本が追加されたものでしてチルドレンたちは追加されたほうの五本を、このタノは車さんに個人レッスンつけていただいて五本+五本フルを、くり返し稽古つかまつりました。 わりにヤリ込んだ反復お稽古を頂戴でき、たいへん滋養になったですよ、ありがたい。 とうとう稽古タイム終了しちゃう直前には師範代からも、かけこみ手ほどきをいただきました。
わたしも三學だけチルドレンに稽古つけてさし上げたです。 半開半向なかなか呑みこめない様子で、いささか苦勞した感じ。 半開半向ていうのはですな…えーと…面倒だから説明はぶきたい。
それはともかく、こんな長時間ちいさい子ども相手にしたのは、ひさしぶりでありましたー。

たのしかった稽古おえて體育館あとにした一行は宿の亭主さんに道の驛水上町水紀行館まで届けていただき、そこで晝飯くったりしたあと解散でした。 とちゅう立ちよった温泉からの↓風景なり。
情緒ゆたか山川ゆたか
以上で合宿リポートおわりですが足わるかったわりには動けて、なんとかなってたです。 年に數えるほどしか稽古へ參加できないのに、せっかく貴重な稽古なのに、その機會ねらったかのごときタイミングで毎度かならずドコかが不調なってるのは前世そうとう惡業つみ重ねてたのかな、わたし。
まー前世なんか知らんし、だれも知ってるハズないし、それは置いといて。
ご一門みなさん、たいへんお世話になりました。 とくに車さん手あつく稽古くださったり移動のたびにマシン同乘させていただき最後も驛まで届けてもらって、またF澤さんも待ち合わせの手間とか三學お稽古タイム確保の心配くださり、とても感謝しておるです。 
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://lovedeluxe.blog9.fc2.com/tb.php/1566-667a3684

トラックバック

コメント

[C3009] 合宿

合宿お疲れ様でした。
楽しいお稽古出来ましたありがとうございます。
また、一緒にお稽古できたら良いですね!
  • 2012-07-18 05:39
  • URL
  • 編集

[C3010] がっしゅく

こちらこそ、ありがとうございます。 たいへん、お世話になりました。
つぎの機會がチョーたのしみです☆
  • 2012-07-18 19:45
  • タノQ
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

タノQ

  • Author:タノQ
  • since 2005.05
    まあ…あれですな
    皮膚呼吸って奴?
    ハハハ( ̄▽ ̄)v

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。