Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://lovedeluxe.blog9.fc2.com/tb.php/1547-cd1f0330

トラックバック

コメント

[C2985] ((((;゚Д゚)))))))

六つ目の写真、彼女さんの手は何処に??
温泉、ちょーうらやましいです。
ひとっ風呂の日帰りは良く行くんですが、やっぱり旅館に泊まって満喫がイイですね。
  • 2012-04-17 21:30
  • でこぽん
  • URL
  • 編集

[C2986] オホホ

あー、たぶん日帰りだと湯ざめして風邪ひくかも、わたし。 すぐひくから ( ̄▽ ̄;
カノジョの手は例のジャンルに、よくあるパターンですね。 これ大和で道着すがた撮ったときも、あったぞな。
  • 2012-04-18 18:58
  • タノQ
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

お前はもう喚這箇作佛祖心印

すっかり日照時間ふえてきた感じ。 さいきん05:00まえには空が白みはじめ19:00まえまで明るいです。 じゃんじゃん氣温あたたかく陽射あかるくなれば、お肌も經炎も調子あげアゲ☆ そう期待したい氣分なり。 はやく來い來い夏氣分、 GO GO サマー、おかげさまー。 なんつって。

この陽氣に、つい取り乱してしまいました。 すいません。
さて週末おデートですが、こんかい、なんと温泉いってたのだ。  でました年いちど命の洗濯こころのゼータク。 常ひごろ貧乏ぐらしにヒーヒー申してるのは、なにも伊達や酔狂でなく、この日この時のため耐えがたきを耐え忍び、忍びがたきを堪えつつ爪の先に燈を灯すがごときサバイバルこいての、めくるめく深謀遠慮なのであった。 どや、まいったか ε=( ̄へ ̄)
…たかが温泉旅行で舞いあがっとるけど、なにしろ年にイチ度の、いわばアニバーサリなデートなんだもん、そこは察していただきたい。 ぜんかい雄琴でしたが、こんかい あこう温泉 でした。
海がみえる客室露天風呂
(またもや客室附露天温泉↓つづき)
(つづき)
上掲のは、はずすに外せやしない、はずそうとも外しかねる、はずすことあたわざるデート旅行必須の部屋風呂なのだ。 瀬戸内の海が景色いいです。 どうやら壽命が二~三秒のびたらしい。
そしてモチのロンリーなことにウチのカノジョさまも↓ご滿悦だ。
上座に坐るバッタめぐ
どうして毎囘いつも躊躇なく上座を占領して憚らないんでしょうね、この人。 ま、いっか。
試し撮りバッタめぐ
写メ撮ったら↑ピントあまかったようだからカノジョのケータイで↓
めぐ写メ撮りなおし
とり直し、つかまつりました。 いちいち何度も何囘も何點も、くり返し撮らされたですよ。 やれやれ、しょせんタノちゃん下座に座る人だし命じられたら ハイハイよろこんで つって素直だぜ、ぐすん。
まー、それはともかく
當夜の温泉ディナー
じゃーん↑この夜いちばんの樂しみ、おんせんディナーでござる。 まちに待ちかねたぞな。 だって朝からナンにも、くってなかったし。 ていうのはウチでる間際じたばた旅仕度してて、そのあとも宿のディナー想ってオヤツとか控えてたから。 もうもう腹へって、これぞ貪瞋癡の最たる極みか。
畫像は鐡板ステーキおよび陶板焼のツートップをはじめ脇を固める海鮮おつくりに煮つけに、まるで附けいる隙間のない布陣で、わたし氣絶かます寸前なんとか正氣たもったですよ、まず先に食べてから氣絶しなきゃと。 この慾どおしさがタノを喰いっぱぐれから救いました。 じーほーさんしー。

とりあえず滿たすものは滿たしといてのち、ひと心地ついてから入浴タイムいたしました次第。
浴衣で値打こくバッタめぐ
浴衣姿のカノジョみて嬉しくって↑また撮ったんだな。 もー、どんだけ孝行彼氏やねん。

はやく寝たせいか翌あさ03:30めざめまして、また客室風呂に湯をはって入浴こいたり土産セレクトかんがえたり、せっかくの旅先でもウサウサと落ちつきないのは根っから貧乏性なんでしょうか、そのうち腹へってきて(おいおい…)朝飯まだかー、つってカノジョの顰蹙かってたみたい ( ̄▽ ̄;
朝食はテラスで攝ることになってましたが、これも海の視えるロケーションとてもグッドでした。 ていうか、わたし飯を三膳お代わりしてカノジョびっくり、してた。 まー、ふだん少食ですし旅先にわか健啖モードでしたから、ちょっと心配したんだって。
いやいや、これでも、いちおう喰い貯めしてる つもり なんだよキミ ( ̄ー ̄) ふふふ。

とか情けないトークは置いといて
チェックアウトした二人は觀光バスくらちゃん號に乘り周廻ルートの風景を心ゆくまで堪能しました。
なんといっても觀光めぐりの白眉は、ここ↓
台雲山花岳寺
台雲山花岳寺だったんじゃないかな。 洞門の寺院かつまた赤穂浅野家の菩提寺であり義士關係の史料や史跡や寶物あり、ばかりか宗門にはめずらしく佛道に篤い方丈さまがいらして斯道の刊行物や參加受付もあり、これに魅かれたカノジョが写經もうし込んだのには、わたしビックリしたんだな。 たとえ參禪先で寝てても佛の功って、つみ上がるものらしい。 あるいみ怖い佛さま。
こほん。
ふたり四弘誓願と心經となえカノジョ一所懸命に写經して、その横ですることないタノ(コンタクト着用してるから手許みえなくて写經むり)は坐禪してました。 坐蒲なしに坐ると、しんどいですな。 一炷おえたころカノジョも写經おわりました。 普囘向となえて、お勤め終了なり。
そのあと寺族さんが茶話を攝して下さり、いろいろトークたのしみました。 チョーいけてる寺院ぞな。
寶物館の展示には武林唯七隆重の鎖鎌、これ鎖はずしてあって刃造りに突起が設けてあり吉良の止めをさしたという觀音妙理劔九寸五分三条小鍛冶ほか内藏助所藏の來國光など眼な場所だった。 内藏助の來は二重樋を掻いた細身の小鋒で区ほとんどなく、かなり旧いものな風情でした。 方丈さまの著作を購入して寺院あとにいたしました。 いやーあ、あじわい濃い寺院だったなー。

帰阪したらカノジョご用達のブテックいって居酒屋ディナーこいて以上おわり。 この次あるのかな。
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://lovedeluxe.blog9.fc2.com/tb.php/1547-cd1f0330

トラックバック

コメント

[C2985] ((((;゚Д゚)))))))

六つ目の写真、彼女さんの手は何処に??
温泉、ちょーうらやましいです。
ひとっ風呂の日帰りは良く行くんですが、やっぱり旅館に泊まって満喫がイイですね。
  • 2012-04-17 21:30
  • でこぽん
  • URL
  • 編集

[C2986] オホホ

あー、たぶん日帰りだと湯ざめして風邪ひくかも、わたし。 すぐひくから ( ̄▽ ̄;
カノジョの手は例のジャンルに、よくあるパターンですね。 これ大和で道着すがた撮ったときも、あったぞな。
  • 2012-04-18 18:58
  • タノQ
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

タノQ

  • Author:タノQ
  • since 2005.05
    まあ…あれですな
    皮膚呼吸って奴?
    ハハハ( ̄▽ ̄)v

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。