Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://lovedeluxe.blog9.fc2.com/tb.php/1484-585f4c8a

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

お前はもう切莫逐物而變心順人而改詞

イヤになるほど睛れつづき。 あたかもまるで焦熱地獄さながら、ですな。 地獄いったことないけど。
この暑熱たぎる部屋で模擬刀ふりかざし素振り稽古してますというと劔尖かなたに涅槃が視え、ただ扇風機だけ命綱に結跏趺坐してますというと面壁むこうは彼岸と映り、いつしか知らず幽玄はるかなパラダイス淨土へ独り旅うちそうな氣配する。 うほー ( ̄□ ̄;
南無歸依ポリフェノール功
(旅うって、たまるか↓つづき)
(つづき)
そうはならじと上掲の↑プレミア特製ドリンクを、さいきん導入つかまつりました。 夏はポリフェだ。
 かしこーい☆
あんまり賢すぎて自分自身に、めまいします。 いや、たぶん室温たかくてクラクラするんでしょう。 でも、がまん我慢なのだ、寝るときまでは。 まぎわに寝室のエアコンで一瞬いきかえるんだもん。 けっきょく、さむくてスイッチすぐ切るわけですが…たいして意味ないな、やれやれ。

ていう爽やか時候トークすませてエントリするのは、また映画ご紹介レビュなのだ。 こんかい大好物な俳優の一人ジャック・ニコルソン作品であります。 まー大好物だからといってタノの紹介スキルが當エントリに限り都合よく上昇かます、ていう通不思議は、ありません。 いつも通り軽く、よみ流してください、と。 ハードルさげといたところでレビュしますのは二本。

 One Flew Over the Cuckoo's Nest
One Flew Over the Cuckoo's Nest
邦題:カッコーの巣の上で (1975) イージーライダーとならぶ渠の代表作なり。 本作は精病棟を舞台に生きづらい人が人として人らしく、それなりに生きようと求める風景えがいた作品でして。
…ああ、もう紹介だいたい、おわっちゃったぞな ( ̄▽ ̄;
えーと精病院つっても、たいがいの人らは、なじみうすいと思います。 ご存知のように、わたしはウツやアリ中やって入退院したり通院したりの經験あり、また姉と甥もウツで入退院した經験あって、どんな場処なのか知っとりますが、この作中あつかわれるような病院は
ルポ・精神病棟 (朝日文庫 お 2-1)ルポ・精神病棟 (朝日文庫 お 2-1)
(1981/08)
大熊 一夫

商品詳細を見る
↑こうした世代さかのぼる感じでして電パチもロボトミーも現在いちおう存在しないとこ。 いちおう、ていうのは、いまだ電パチやロボトミーを肯定して支持して復活させようとする勢力が斯界には健在であり、また聞いた話しでは激烈な症状しめす患者の棟には鐡格子もうけてある、といわれます。
とはいえ、わたしが世話になったアリ中の病棟に鐡格子や電パチとかロボトミーなかったけれども、けっこう患者の人権かるんじる傾向なきにしもあらず、なかには人間性うたがいたくなるスタッフすら、いたんだな。 しかしですな、どこいったって、どんな社會に身を投じたところで、この世間に下卑た下劣な輩いるもんだし、なにも別だん病院内だけのことではナッシング。 ようするに、へんな輩から受ける待遇だの連中の態度やら、こまかい違和感などを氣に病むことよりナニより自身の治療囘復が優先だと思えば痛痒たり得ず眼中にありま温泉レベルでした。
 (そして入院仲間である患者のなかにだって自覺ゼロで公共心が幼児なみな者いたのも、じじつ)
ただし、じっさいナン十年か以前まで作中あるような精病棟が國内にも横行してたらしく、また精疾患に限らず病者へ對する世間さまの違順、驚疑怖畏、管見などなど度脱しがたく迷妄いちじるしい業識、籮籠の類は過去のことでなくって現在ただいま、わたしらが息して住まう世界の深刻な事實でござる。 そんな、いろんなこと考えさせられる作柄でありまして、これに似通うシチュエーションもちいた映画に 17歳のカルテ 小説では國内に 閉鎖病棟 が、あるです。 そのうちレビュするかも。
ところで
Louise Fletcher
婦長さん役の↑この人チョーいい演技なり。 にくたらしい役柄ですが俳優さん自身はコーダであり、おそらく病者や障害に理解ある人ではないかな、と考えられます。

 The Shining
The Shining
邦題:シャイニング (1980) これレビュしようと思って畫像↑まで用意してたのに以前のエントリで、もはや紹介ずみだった。 がちょーんん ( ̄ε ̄) さいきん、もの忘れがキツイぞな。
ちなみに
Shelley Duvall
主人公の奥さん役↑この人は泣くとき笑うとき、いちいち ふがッ つってブタ鳴き、するんだな。
危機せまってドキドキはらはら、つかまつる状況でありながら
 ふがッ
血も凍りつきかねん場面であっても一切おかまいなしに
 ふがッ
あーのー、これホラー作品なんだけど監督さんとか誰か注意しなかったのかな、どうも。
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://lovedeluxe.blog9.fc2.com/tb.php/1484-585f4c8a

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

タノQ

  • Author:タノQ
  • since 2005.05
    まあ…あれですな
    皮膚呼吸って奴?
    ハハハ( ̄▽ ̄)v

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。