Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://lovedeluxe.blog9.fc2.com/tb.php/1472-daa3f244

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

お前はもう皆由無始貪瞋癡

光陰莫虚度 と申しますが月日たつのは、はやいもの。 氣づけばブログさぼって一週間ぞな。
 やっちまったー ( ̄□ ̄;
ていう感じです。 まー、ちまちま更新かさねてみたからといって功つみあがるだけ積み上がって、けっかタノの好感度あがるとかカノジョやさしくなるとかオヤツが冷藏庫で増えるとか都合いいナニがあるわけじゃなし、逆に更新サボったからといってもタノの來世が虫に決定したりカノジョいま以上に怖くなったりオヤツに足はえて冷藏庫から脱走したりという災難あるわけでなし。
いちおう先週木曜あたり更新しかけては、いたです。 けどタイトルのみ記入したあと作業つづけるのを失念かまし、つまり素振りや坐禪などの日課と所帯くさい勞働との両立コンプリートに苦心こきつつ週末デートいかにキメるべきかを呻吟しつつ、いろいろ忙しいフリするのに余念なかったんだな。
で、そのあと云訳するのに、こうして余念がないわけ、オホホ。 なんつって。

入念な開きなおりタイムおわったとこで以下よだん本格化します。
タイトル記入のち放置してある、ようするに本文すらまだない記事は後日エントリするとして、やはりというのか、ここは週末おデートご報告しときたい。 別だん、なにを差し措いてでも報告しとかなきゃあならんデートだったかといえば、どうってことないデート、とりわけ目覚ましい功か何かあったらしき底抜けにズバ抜けたデートだったかといえば、さしたることもなきデート、どこに出しても羞かしくない末代まで誇り倒せる語り草デートだったかといえば、むしろ雑草レベルなデートですが、このブログ週明けに、つきものの恒例なので。 こほん ( ̄ー ̄)
ていうか、そんなチョーすごいデート毎週してたら、この仔ウサギな心臓が、もたんし。

さて先週末も土日連泊してくれたカノジョさま、なんだか氣のせいか後光さして視えたです。 たぶん氣のせい、もしくは闘氣か裂帛の魂オーラを、みまちがえたのかな。 こまかいことは、どうでもいい。 それより土曜よるは表で暴走族うるさくって夜中に目が覚めちゃった。 ぎゃんぎゃんギャンギャンと空ぶかし走行しよってからに。 あれじゃ音ばっかりで、いつまでたっても目的地に(どこが目的地か知らんが)到着しないぞな。 クラッチもガソリンも酸素も意味なく無駄に減るだけなんだぞな。 なによりイチバン意味なく無駄に減るのは、そうやって意味なく無駄な走りに費やす本人さんの、いきてる命の時間ぞな。 月日たつのは、はやいんだぞ。 わたしも氣づけばブログさぼって一週間だし。
(いやーん↓つづき)
(つづき)
なんの話しでしたっけ。 たしか、おデートの話題だったと思う。
えーと…寝不足で翌あさ風呂はいってから同伴參禪つかまつりました。 カノジョはといえば前夜の暴走サウンドまったく氣づいておらずスッキリ顔面だった。 仔うさぎタノと違って肝っ玉ふといです。 しかし、この朝は止静鐘なるや否や坐禪中どんぶらコッコと舟こいでみせる肝っ玉ド根性を發揮することなく、とつぜん坐蒲から立って堂から出てったのだ。 あやや、いつも毎度のように、よその星からきた旅人みたく不可解な行動とる脈絡しらずのヒトだけど こんどはナンでしょ そう不審がったのは刹那のことであり、すぐまた、ぼえー、っと坐ってたワ・タ・シ。 だって坐禪中だもん。 いったん坐りましたなら、たとえ宇宙人あらわれようともツチノコ登場しようとも雪男から話しかけられようともレースクイーンがウィンクよこしながら腕からめて來ようとも、ぼえー、を貫徹するのが祗管打坐だもん。
…いや、レースクイーンの場合は當社比ちょっと、あやういかも。

あとでカノジョに聞いたら、いわく貧血だって。 やれやれ。
しょっちゅう彼氏をイジメてるからバチあたったんじゃないの。 そういえば以前わたしも坐禪中に貧血おこしたこと一度あったですな。 あれは、いったいナンのバチだったんだろ。 じーほーさんしー。

佛罰トークは置いといて
坐禪、勤行、法話&茶話タイムおえまして、つぎに向かうは大坂キタです。 またキタかよ ( ̄з ̄)
てうのも事前にカノジョから キタのショップに注文商品とどいたから お供せよ、つって指令メールを頂戴たてまつってたゆえ。 まさしく文字通り電波で支配されてますカノジョに。 おもわず涙でるし。
でも、いちいち逆らいません。 もし逆らったりなんかしたりすると、さらに涙でる事態むかえるし。
そんな次第ですから、よろこんでキタいきました。 キタのショップ、つって例のゴス店なり。 ここでまたカノジョの物慾モードが烈火のごとく怒涛の勢いで炸裂スイッチオンあそばし、なにしろ温泉旅行ひかえてた二月三月ずっと財布〆てらした反動これすなわち、とどめる術ございません。
けっきょく大散財なさってました。 ま、いいじゃん。 グッドなアイテムばかり↓買ってるんだし。
もはやナニ風のナニ調なのか
わたしは超弩級書肆マルジュンぜんく堂(仮称)で数冊ゲットいたしました。 まえの週にも訪れてて、そのさい 謎解き古代文明 購入してて、いまだ読書とちゅう、だというのに。 タノのブックホリックぶりも、なかなかの貪瞋癡でしょ。
お互い充分に身口意の三惡ぶちかましたあと、おとなしく帰宅しました。 なんだそれ。

で、この土日は三惡三昧こいてたのみ、でなくって自宅ホームシアタおり混ぜたデートなんだぞ。
こんかい、それらを紹介いたしまショーたいむ。 土曜いっぽん日曜いっぽん、それぞれ視ました。 つごう二作レビュつかまつるわけですがウチのブログらしく前後いづれ脈絡ナッシングなのだ。
いっぽんめ心靈ファンタジー、にほんめ古典SFでして。 わたしに脈絡ないのはカノジョゆずり。

 The Lovely Bones
The Lovely Bones
作中しめされてあるのは佛道でいうところの中有でしょうか、いわば時空間から放れた者として彷徨する主人公の姿を幻想的に描きながら去ってゆく存在と残された存在との関わりを物語にした作品です。 勧善懲惡を好む人らには本作が導きだしてる結論とうてい受け容れられんと思うけど、わたしには得心が、なった。 ラストちかく主人公が旅立つまえに求めたもの、これがチョー素晴らしい。
時空間から放れた(外された)者の時空間どうなってるのかが描写されてる箇処は山岸凉子の作柄に似てますが原作者たぶんコミックスよんだんじゃないかな。 そういう印象風景なのだ。

 KRONOS
KRONOS
禁断の惑星 と同年代の作品だけど出演者も配給會社も製作費も内容の出來も一流だった「禁断の~」と比べれば劣るですが(同年代なのに白黒だし)けっこう、おもろい。 おそらく巨大ロボットものの嚆矢ではないかな。 巨大ロボットつって画像に映ってる建築物みたいな代もんであります。 これが移動するさい華々しく變形合體するとか光輝に包まれて飛翔するとかではなく、
とてちて歩くクロノスくん
こうやって↑えっちらおっちら脚を出し入れ、パタパタした調子で經行ウォークする。 あたかも水面上では優雅に視えて水面下ではバタ足につとめてる白鳥みたい。 かわいい。 このロボットくんが宇宙からやってきて地球の資源を貪りつくそうとするわけ。 彼を撃破するにあたって文字通り打倒ていうか横倒しに轉がせばすむ話しだと思うけれども、そうはいかん。 そんな實も蓋もない展開では興業作品として失敗します。 なので、なんだか聞いただけでは成功率うすそうなヤヤコシイ婉曲な方策でもってロボットくん滅びました。 なかなか興業主おもいな深謀遠慮な結末なり。
で、このSFは興業的に成功したのかって? …知らなーい。

ちなみに上記二作ともウチのカノジョの評価は まあまあ でした。
ま、そんなとこ。
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://lovedeluxe.blog9.fc2.com/tb.php/1472-daa3f244

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

タノQ

  • Author:タノQ
  • since 2005.05
    まあ…あれですな
    皮膚呼吸って奴?
    ハハハ( ̄▽ ̄)v

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。