Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://lovedeluxe.blog9.fc2.com/tb.php/1467-a8117a74

トラックバック

コメント

[C2917] 連休中!

せっかくの連休なのにお疲れ様でした。さぞお疲れになったものと思われます。
得るものは多かったでしょうか?
写真を見ていると満足された様子が伝わってきます。
  • 2011-05-07 20:16
  • URL
  • 編集

[C2918] ありがとうございます

去年より一層さらにキリキリ舞いでした。 下鴨さんでは祭禮と重なってたせいもあるかな。
しかし、じっさいA利さんS田さんは、もっともっと、ご多忙でらしたろう、と思います。
得るもの…は、あるですが見取に関して、じっくりとは、いかなくて。
  • 2011-05-07 23:16
  • タノQ
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

お前はもう道有道無道空道色

なんだか曜日感覚が、あううー。 いまナン曜日だっけ、あううー。 …などという風味かみしめつつ、みなさんGWいかがな感じでしたでしょうかどうなんでしょうか。 まだ現在ただいまGWとちゅうな人らも中には、いらっしゃるんでしょうかどうなんでしょうか。 しょうかショウカつって、うるさいか、これ。
わたしのショウカ系は中身どうだったかといいますなら前囘エントリに日程もうし上げてた通り5/4、5つづけてイベントお手傳いをカノジョと二人で、あい務めてましたる次第。 だいじょうぶかな、わたし。

そのイベントていうのは、ほかでもない。 昨年にも手傳いさせていただいた下鴨さんおよび白峯さんでの奉納演武なのだ。 さる4月はじめのこと、あらかじめ依頼Telいただき取りもなおさず取るものも取りあえず即座その場で合点承知うけたまわりまして。 とにかくタノは腰が、かるい ( ̄ー ̄)v
その後おって追加の連絡いただき指示なん度か頂戴したさいには、たしか
 こんかい、いきなりアナウンス役とかはないので安心してください
そう聞いてたゆえ、その言葉どおり大船に載っかった氣分でもってドーンと來いや、つって余裕かましながら、おお胡坐かいた樂勝氣分で安心こいてました。 と、ところがドッコイしょ…
ま~た座ってるよ放送席に( ̄▽ ̄;
おいおい、どこに座って、いったいナニやってんだ↑わたし。
(めくるめく武道談義↓つづき)
(つづき)
ほええ~ ( ̄▽ ̄;
じつは當日にアナウンス役なさるハズの先生が躯調くずされてて、やはりというのかピンチヒッターで放送席すわることと、なったですよ。 いや、その先生の、お加減を心配しなくても、だいじょうぶOK牧場なり。 だって先生みづから演武の舞台上に立たれてたもん。 だいじょうぶ大丈夫…。 ん?
ま、いっか。

こほん。 えーと、まず初日は我國が誇る世界遺産の一つ賀茂御祖社いわゆる下鴨さんにて奉納された演武です。 この日 斎王代御禊の儀 なるものがあって境内まさしく芋の子ウォッシュな見物の雑踏でありました。 わたしら受付してるとギャラリーさん立ちよって、いろいろ訊いてくるんだけど、ときどき妙なヒトいてまして、その中でもチャラけた締まりない恰好の(しかし30台には視える)人が
 ねー、いまこれナニやってんの、ぜんぜん視えないじゃん
つってタメクチで質問あそばしたのに對しタノの隣で受付してたS田さんていねいに答えると
 あー、そう、ふーん (へらへら~)
と立ち去ってくのがいたり、あと演武はじまってからではタノと同年輩くらいでカメラを肩から下げて
 すわるトコロないですか觀客席ないデスカー
つって棒よみ風情な口調で訊いてらしたヒトは着座席もうけてない旨をS田さんていねいに答えると
 なん時間やるんデスカー、え、三時間も、そんなに立ってたら倒れちゃうー
いいながら立ち去ってくのがいたり、わりあいファンタスティックでした。 さすが世界遺産の聖地や。

で、この受付(じっさいは一般客さんら相手でなく演武者さんらのため設けてある受付)作業いち段落こいたころ他流の劔友さん、いらして下さった。 けれど、さして時をおかず次の任務たるべき放送に就かなくちゃならないワタシ、すこししか會話できなかったです。 彼からわった話しでは、あんまり演武されることのない古式ゆかしい技が披露されるとのこと。 うひー、せっかくのナニが、すわってアナウンスつとめてたら見學できないぞな。
とか思って足ばたばた右往左往してたら肝腎の放送マイクこない。 マイクなきゃ放送できない。
 キラーン◇ しめしめ…( ̄ー ̄)
これ倖いとばかりに舞台へ走って演武を拝見したんだな。 じつに姑息なイヤラシイ男ですタノは。
しかし、いつまでたってもマイクこないので不審がってたら社の担當さんが先の祭禮で忙殺されてらしたせい、だったみたい。 そして、ようやくマイク到着した。 ですが、けどウンともスンとも音聲が、はいりやしない。 あちょー。
マイクがマイクが、つって立ったり座ったり行ったり戻ったり走ったりして、もう頭が沸いてパニくってきた模様のワ・タ・シ。 こまった困った小松みどり、しまったシマッタ島倉千代子。 いやーん。
どうやら、こんかいマイク受信機の設置場処と放送席との距離や觀客人ごみの影響から電波とどくに届かず、ためにタノちゃんマイク持ってクチぱくぱく状況だったらしい。 なーんだ、そんなことか。 って、すでに演武どんどん進行してくわけだしイチ大事ぞな、これ。
トーク前後しますが二手に分かれて境内下手つまり正門側から橋殿の演武を解説するのはタノで(こんかい進行アナウンスのみならず解説まで任されちゃって)上手すなわち本殿側から舞殿の演武を解説するのが振興會長さん、ていう段取だったけども、いたし方なく、いったん橋殿サイドの放送席すてて本殿側の放送席つまり上掲画像ロケーションから舞殿&橋殿ふたつ同時進行のを振興會長さんと組んだ二人三脚まとめて解説してくという急遽にわかの作戰つかまつる運びに、なったです。
もう、かみかみでアセッちゃうぞな
かんぜんに↑ろれつ廻ってません。 本人は懸命ですが、けっこう痛々しい姿かも、やれやれ。
ちなみに舞殿は目前なんだけど、この席から橋殿ほとんど視えなくて橋殿サイドの演武なにやってるのかが一切わからず、それではアナウンスに支障きたすためS田さんA利さん入れ替わり立ち換わり橋殿の進行具合を傳令なさって下さいました。
お茶とかオニギリやバナナも運んで下さって(朝から夕刻まで食事とれないから)ありがたいです。

いっぽうカノジョはといいますと、これが指示されていった場処に入れなきゃ戻ってくればいいものを入れるようなるまで、だまって立って、その場で待ちつづけてるもんだからニャンコの手すらレンタルしたい人員不足に追い討ちかけたり、あるいは遠くで同じ姿勢のまま固まってるなー、と思ったら思索にふけっていたり、いわばウチのカノジョらしい味わい放ってましたが、じっさいは、たんに走り廻って下手クソなアナウンスばかりしてたタノなどよりもA利さんS田さんら振興會事務局の、お役に立ってました。 わたしごときは、きりきりバッタしてた低度。
演武おえた流ご一門の人らにお渡ししなきゃならない記念品をスムースな演武順ならびに黙々と仕分けてったり、じつに所作キビキビしたもんです。 どや ( ̄へ ̄)
つって別だん、わたしの功でもナンでもないけれど。 ウチでも、こうキビキビ動いてほしいけど。

さて、ここで奉納された演武について、ひとウンチクたれてみたい処です。 が、できません。
昨年どうようバタバタじたばた夢中に過ごしていて、ほとんど見取りできなかったんだな。 とはいえどチラッと先述もうし上げた某流津軽傳劔術が始め披露した希少な技法すこしだけ瞥見いたしました。 門外漢だし、うまくいえないけど、それは相手の刀身に刀身を絡みつかせるかのような、あたかも鎬でシノギをキャッチ固定するような、みたことない感じの不思議な遣いかた、でした。
それから、これは震災の影響なんですが、たまたま演武參加の申込を3/11にファックス送信なさってらした御一門の申込書が通信エラーも出ないまま届かなくて、けっか參加申込を受付処理できずに演武進行からもプログラム記載からも漏らしてしまったのでありますけれど、この日に受付おとずれて初めて事情を知ったさい、なんら聲を荒げたり色をなすこともなく、じつに氣持ちよく、こだわりなく演武を奉納なさいました。 このナイス流派は 風傳流槍術 の方々です。

いろいろテンヤワンヤな展開おくりまして直會(なおらい、打ち上げ)なり。
ご門下にはさまれたバッタめぐ
もう一枚は、わたしとカノジョと。
まんざいコンビか
かなり↑疲労困憊しとります、とくにタノが。 それに肌の調子すこぶる惡くて顔面ひどいぞ。
ほか帰りみち糺の森とちゅうでカノジョ撮りました。
ヴァンパイアみたいな衣装のバッタめぐ
なにやら↑夜空を飛んできて血を吸いそうな、まるで棺桶で昼寝かます伯爵夫人みたいな衣装かも。

***************************************************************************************************

翌5日きのうは蹴鞠の聖地、白峯宮での奉納演武お手傳いでした。 こちらは受付が社務所内にあるので一般客さんらが、トイレどこ、煙草どこで喫えるの、これナニやってんの、つって見境いなく作業おかまいなしに來る心配せずにすみ、じゃっかん樂なのだ。 前日の下鴨さんでは、なんと演武アナウンス放送中にもかかわらず放送席へやって來て案内を請うという、まったく空氣など知らん人いてたもんね。 しまいには 撮ってくださーい つってカメラわたそうとする女性いたけど、かみかみアナウンスに悶え苦しみつつ流の解説アンチョコ握りしめてたタノがヒト言 いま放送中ですので と答えたところ あっ… つって絶句してたのは、よっぽどワタシが苦渋と悲哀に滿ちた表情してたのか、もしくは血相かえて殺氣だった不機嫌ヅラしてたのか、よくわからん。 後者かな。
あのときの女性には、わるかったですが、しかしせめて演武進行中だけでも、やめていただきたい。

こ、こほん ( ̄▽ ̄;
また白峯さんが下鴨さんと違う点は舞台が一つで、すなわち進行アナウンスも解説も、たいへん樂であります。 それから舞台が低くて柱はスリムゆえに演武とても見取しやすい。 ここ大切にメモ願います。 下鴨さんで演武見取もグッドではありながら、さりとて白峯さん演武ポイントいち捺し太鼓判。

ところで
こちらでは奉納なさる演武者の人らに宮から御禮状だしたいがため受付わきへ芳名帳を用意して記帳処もうけてあったです。 ですが、うっかり座蒲團しいとくのを忘れてるのに氣づいて、わたしの横に立つカノジョへ、隣室(そこは演武関係者さんらが辧當いただく會食所にしてある)から座蒲團いち枚もってきて、そうたのみました。 ところがカノジョいったい何に機嫌わるくしたものか、
 氣づいた者が取りにいけばいい
つって返したんだな、これが。 それはたしかに、おっしゃる通りなんだけれども、わたしが立ってるのはS田さんとカノジョにサンドイッチされた真ん中でして、そのうえ前は受付テーブル、うしろは演武者さんらへ手わたすアイテムつんであって、たとえばカウンター席しかない居酒屋よりも、せまい。
ここから隣室いこうとすればタノが動けるスペース確保するためにカノジョは隣室の側へ移動しなきゃならない、ようするに、けっきょく隣室の側へ移動するくらいなら、はじめからカノジョが隣室へ座蒲團とりにいったほうが話しは、はやい。 サルでもイヌでも、わかる話しでしょ。 だからカノジョに、キミのほうが近いじゃん、つって申しあげた。 するとカノジョあろうことかS田さんに
 ザブトンいると思いますか
つって、なんだか切迫した問いつめるような感じ。 このムードに氣をもんだらしきS田さん、ザブトンいらないと思う、そう答えなさいました。 ていうか氣をつかわせて答えさせてるわけだ、ほかの誰でもないウチのカノジョが。 たまりかねて、わたし隣室いって(やはりカノジョは隣室の側へ移動しなきゃならなかった)お座蒲とってきたぞな。 だけど情けなくって腹にすえかね、記帳されてる人のとこへ座蒲團おいて戻ったあとカノジョに、ほら、あったほうがいいじゃん、おお違いだよ、つって苦情もうし上げたら尖った聲で文句を返すカノジョ、そこへ帰っていらしたA利さんが険惡な二人の雰囲氣を氣づかい わたしがわるかったんです そう、おっしゃいました。 ていうか氣をつかわせて答えさせてるわけだ、ほかの誰でもなく、わたしら二人が。 ほんと悲しくて残念で、いたたまれない気分でした。

流関係者さんらが參加費だした上で交通費つかって宿代はらって各地から集まり奉納する演武だということ、その厚意に對し、あとで御禮状だして感謝を傳えたくて社さんが用意したという、だからこその御芳名記帳であること、それでいて床へ直截すわらせ記帳いただくのは、ふつうに違和感あるだろうと思うですが、そんなことよりも自分の氣分を大切にしたがるのはカノジョよく事情わかってなかっただけでありましょう。 知らないことでは誰しもミスするし。
けど、ふだん彼氏を相手にして氣づかわせて無頓著なところを、わたし以外の、わたしの周りの人らへ發揮するのは、なにとぞ封印ねがいたい。 A利さんS田さんに氣をつかわせていながら、まったく自覺ないカノジョみてて斷腸の思い、でした。 いつも、わたしへの態度については一向かまわず甘やかせてたし、こんかい、わたしも加わってA利さんS田さんに氣をつかわせてしまったし。
お二人には、お詫び申しあげたいです。

えーと、なんの話しだったかな。
白峯さん奉納でしたね。 こちらでは放送席から演武じつによく視えて迫力滿点だった。 うほー。
某流津軽傳劔術が併傳する居合などは、みてて血の氣ひくほどスリルでございました。 よく停めるもんだなー、と思ったけれど寸前で打太刀(討たれる人、そして仕留める人は仕太刀という)が身を、わずか退いて太刀のこしてる。 すごい見切りぞな。 わたしだったら仕太刀やっても打太刀やっても流血沙汰は確實ぞな。 肩グチとかは大きめ退いてるけれど首(あご)狙いでは、かすかに退がってるだけ、です。 この打太刀つとめるシブイ某先生は、わたしが劔法はじめる以前から(當時は仕太刀なさってたころ)隠れファンなのだ。 いやナニも逃げ隠れしなくたって堂々とファンです、オホホ。
そして辧當は奉納にたずさわる人ら向けの仕度ですが一般客さんらには茶席もうけてあり、きわめて旨い煎茶を樂しめるようなってるです。 この心憎い氣配りのほど感謝の念に堪えません。
ブラボー白峯。 わたしは佛道歸依で宗外だけれども、しかしながら白峯ブラボー。
なんつって浮かれつつギャラリー衆へ茶席の告知するよう職さんから求められたのが、ちょうど某薙刀の演武まっさい中でした。 これまたアナウンスやりにくいタイミングで、しどろもどろ ( ̄へ ̄;

二日間にわたる奉納演武いつも毎囘たのしく充實です。 おえて帰るタノたち二人にA利さんS田さんが手わたして下さった、ありがたいアイテムが、これ↓
ご飯の友☆
でたー☆ 箸が止まらない大好物でして、うれしく持ちかえった次第。

以上きょうのエントリこんなとこ。
人から頂いた品ばかり自慢ぶちかましてるブログですが囘向された功は自慢こいていいのだ。
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://lovedeluxe.blog9.fc2.com/tb.php/1467-a8117a74

トラックバック

コメント

[C2917] 連休中!

せっかくの連休なのにお疲れ様でした。さぞお疲れになったものと思われます。
得るものは多かったでしょうか?
写真を見ていると満足された様子が伝わってきます。
  • 2011-05-07 20:16
  • URL
  • 編集

[C2918] ありがとうございます

去年より一層さらにキリキリ舞いでした。 下鴨さんでは祭禮と重なってたせいもあるかな。
しかし、じっさいA利さんS田さんは、もっともっと、ご多忙でらしたろう、と思います。
得るもの…は、あるですが見取に関して、じっくりとは、いかなくて。
  • 2011-05-07 23:16
  • タノQ
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

タノQ

  • Author:タノQ
  • since 2005.05
    まあ…あれですな
    皮膚呼吸って奴?
    ハハハ( ̄▽ ̄)v

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。