Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://lovedeluxe.blog9.fc2.com/tb.php/1460-83128d36

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

お前はもう一切善惡凡夫人

この土日も、すこぶる寒暖の差でした。 みなさん、いかがお過ごしだったでありましょうか。 わたしは例によって例のごとく 鶴の一聲 で右往左往ふり廻されてバタバタしてたんだな。 ほえー。
ああせい、こうせい、つってイチイチ命じて指示こいて、あの上から目線は、いったいドコから生じるんだろーか不思議なんですが、でも逆らえば苦勞なだけだし從ってるほうが樂ちん、なのでござる。 
これって、いわゆる悟りの境地かも。 やれやれ、せこい境地じゃん ( ̄▽ ̄;

とりあえず土曜よる來訪した鶴姫カノジョさま、くるなり飯くって風呂すませて早く寝たがるので(ウチは2号さんチじゃない、なん度もいってるけど)さっさと居酒屋ディナーにレッツゴーしました。 あえるのが毎囘いつも週イチおデートだけなんだから、まずトークとか、それなりに氣分たのしみたいとこなのに相手さんそんなこと、おかまいナッシングの知ったこっちゃナッシング。
そしてクチごたえなんて思いもよらナッシングなワ・タ・シ。 うほー、カワイソー。 涙でるし。

こほん。
さいきん面倒で食事の撮影なかったですが、ひと皿め美しかったので撮ったのを掲載しときます。
眼のリゾート☆
(おデート報告↓つづき)
(つづき)
キンメ鯛とホタルイカ☆綺麗でしょー。 ちなみに画像はモチのロンリーひと皿めオンリーなのだ。
だって皿を上げーの下げーのカノジョの世話やきーの、ふーん、ふーん、つって相槌うちーの、そのうえ撮影なんかしてたら忙しすぎてタノが食べる時間なくなるじゃん。 しまいに倒れるぞ、わたし。
たおれたら何が困るってカノジョの世話やく人間いなくなる。 それは、たいへん困るぞな。

翌あさ風呂はいって外出し、いつものように同伴參禪いきました。 るんるん參禪なり。
ところが
そのルンルン途上いきなり突如ハプニング到來しやがって氣分チョー大なし、な出來事あったです。 ていうのは參道とちゅう、やっとクルマ二台ギリギリすれ違える箇処ありまして、そこを通過しつつ横路と交叉する手まえで徐行してたさい、やぶから棒な唐突に
 ばこ
つって運轉席側ドアミラーのやつが内向き格納状態に、なった。 ビックリするのナンのって、ようするにビックリした。 これ、じゅう分な距離あったにも関わらず通行者がミラーに、ぶつかったです。 ドアあけて後ふり返るとオッサンが腕わざとらしく抱えて文句いっとります。 いっとりますが、しかし故意にぶつかってきたに違いない。 なにしろ車躯から道路際までオトナ二人ならんで余裕で立てる余地あったし。 ていうかクルマ二台とおれるとこを一台で進行してたんだぞ。 あり得ないことだ。
頭にきて こんなに(スペースが)空いてるじゃんか つって文句かえしました。 あたり前じゃん。
すると
さっきまで大仰に腕かかえてたオッサン急に元氣になってコチラへ取って返し、なんと、いきなりタノの髪を思いきり鷲づかみにして(おいおい、腕なんともないじゃん)引っぱったです。 まいがー。
顔が横向けになって左ひじがハンドルに激突してクラクション鳴ったし。 まったく信じられません。 かんぜんに頭きて
 この手はなんだっ
つって髪つかんでる腕を指し怒鳴りつけたらオッサンこちらへ身をのりだしてキスできるほど近づき、まん中とおってるんじゃねー、とかナンとか、ほざいて立ち去ろうとした。 こ、このやろう…。
すぐさまクルマとび出して、あとを追ったですよ。 で、おいついて名まえと住処を問いただした。
ところがオッサンがたがたエラソーに文句かえしてくるが名のらない。 やましい点なければ名のれるハズだといっても名のらない。 名のらず立ち去ろうとするので、もう我慢の切れたタノはオッサンの帽子を、はたき墜としました。 ほんとうは殴りたかったけども。
するとオッサンこちらの胸ぐら捕ろうとしたので軽く拂い退けたところ オヤ? ていう表情して掴みかかるの止めて帽子ひろいにいき、そしてまた立ち去ろうとする。 辛抱たまらず肩グチどやしつけちゃったけど、それでも立ち去ろうとする。 いったいナンなんだ、このオッサンは。
しまいには阿呆らしくなってきたし參禪おくれてしまうし、あきらめてクルマへ戻りました。
…そのかんカノジョなにしてたかって?
だまって座ってたですよ。 いつもウルサイのはタノを相手にしてる時だけ。 ま、そんなもん。

みなさんご存知のように、わたしタノはヤサ男な容貌してます。 氣品があるとも、いう。
なんつって。
いや、そのため御しやすいと視られることが少なくなく、なめられたり、けっこうイヤな思いさせられる經験あるけれど、こんかいのはヒドかったな。 殴りつけちゃう寸前でした。 やーねー、もう。
じつは以前エントリしたことあるかも知れんですが、それ記事にしてたとしても処分した過去ログ内だと思うですが、むかし20年ちかく前のこと(ちょうど誕生日だった夜)大坂京橋の駅で暴漢にからまれ思わず相手へ顔面突き入れたところ病院送りにしてしまい城東警察に護送されたこと、ありまして。 その件では刑事たちが逆に相手を説してくれたので起訴されなかったけれども、きわめて不快な時間だった。 ケガしたのは相手ですが被害者は、むしろ、わたしだという氣分だった。 傷害などの治療費は保険適用外なので、えらく高くついた勉強でございました。
もともと暴力キライだったし以來なにがあろうと手を上げない主義つらぬいてるけど、つらいのう。

ていう朝っぱらから縁起でもないトラブルみまわれつつ參禪つかまつりました。 チョー不愉快な出來事の直後で快調に坐れたのかといいますと、その氣分は別として堂内さむく(この日の氣象あついと予報でてたゆえ薄着してた)しっかり一炷を坐りながらも、ぷるぷる胴震いしてたんだな。 あやや。
となりでカノジョめずらしく眠らずに坐れてましたが、あとで聞けば、さきほどのオッサンを脳内で地獄巡りさせてたんだって。 いやーん ( ̄▽ ̄;
それはさておき、この第二週といえば坐禪後は直堂さんによる典座訓の提唱デイです。 わたしがリスペクトもうし上げてる宗侶さまは菩提寺の和尚のぞけば永平道元、天室愚童、一戸彰晃(敬称略)そしてこの直堂さんでありまして直堂さんご本人きこえたら驚かれるだろう(ずっと歳下だし)けど嘘まぎれもない得道得髄の師だと思う。 その彼が説く提唱ときた日にゃあ參禪せずには、おられません。 歳初めから多忙でいらして、こんかい、たしか今年初の提唱かも、ありがたや。
じーほーさんしー。

參禪のち京都へ向かう予定してました。 京おデートこいて、それから投票いくつもりだった。
…しかし、また出たんだな、
 鶴の一聲が…
投票さいごにすると飯くうのが遅くなる つって却下され、けっきょく先に投票いくことに、なったです。 泣く子と地頭には逆らえぬ、ていうけどカノジョに逆らえずタノが泣いてるわけ。 オホホ。
で、とどのつまり投票すませてから京都いきました。 まず向かうは市美術館 親鸞展 なり。 他宗なんですが佛道おい求めて止まない佛向上心この止むに止まれぬ佛法モチベイショナルな歸依の心は宗派カンケーなく、とどまる處だにすらさえをも知ること一切ございません。 どや ε=( ̄へ ̄)
あーうー、ちょっと大上段に大風呂敷かまし過ぎたかな。

とちゅう京橋で焼肉を昼こいて京都三条へ、そっからテクテクとウォークつかまつり到着しました。
この日曜けっこうな人出だったな。 もう自粛ブーム去ったんだとしたら、いいことだ☆
とか流行ネタは置いといて特別展の話し。
見學した印象では眞宗って布うまいんだなー、ていう感じでした。 眞宗といえば、ひたすらに念佛してりゃ済む、念佛で極樂淨土OK牧場、ほか修行や學問なし、そういう義だと思ってたし、それに間違いないものの、けれど親鸞上人ご當人ものすごく精密審細に經典を勉學してて驚嘆に値する。
思いきり學道おさめた人の手によって既に解き明かされた上で導くものだから信徒には修行や學問いらず、ていう躯系なのかも。
テキストの類も繪解きになってまして、いまでいう マンガで分かる 式だし。 布うまいぞな。

ちなみに曹洞宗にも、ひたすら坐禪してりゃ済む、坐禪で大悟得道OK牧場、ほか學道いらん、てな風味に解釋かまして勝手に考えてる禪マニアいてるようですが、これ勘違いも、はなはだしい限り。 道元禪師をはじめとする佛祖が何をして何いったか、ぜんぜん知らなくて構わない、かいたものは説明書だから不要だ、なぜなら有名な寺の有名な老師に師事してるから勉強する必要ないのだ、おれさまは研究者じゃないんだから、なんていう修行者氣取り、わりといます。
こういう者が得てして曹洞門わかってないのは言動みてると歴然でして道元禪師らが却下した説を得意氣に、もてあそんでますな。 まー佛道にしろ武道にせよ夢也未見在は、めずらしくもない。

などと脱線トークしつつ
親鸞展みてたら、つぎにいく時間なくなりました。 がびーん ( ̄□ ̄;
ていうのも引きつづき 法然展 を京博へ訪ねる所存してたというのに、あの鶴の一聲に服從こいて投票いって先に時間つかってたから、もはや京博とじちゃう刻限じゃん。 なんだそれ。
どうも朝にケチついてから、さいごまでケチつくぞな。 もータノちゃんご機嫌ななめチックぞな。

という風情の彼氏みて、さすがに氣の毒と思ったかカノジョ↓これ買い与えてくれた。
黒のおたべ
うほー、かんげきー。 京都といえば、そう、おたべ生八つ橋これに、つきている。
ふたパカッと開帳つかまつれば
生つば~
でたー。 くろいぞ黒いぞー。 ひゃっほう。 血わき肉おどりまっせ。
黒ゴマと竹炭で染まってるんだって。 わたしもカノジョの愛に染まりそう。
なんつって注射うつぞ。

それから帰阪した二人なかよく韓国居酒屋ディナーしばきました。
以上きょうのエントリこんなとこ。
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://lovedeluxe.blog9.fc2.com/tb.php/1460-83128d36

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

タノQ

  • Author:タノQ
  • since 2005.05
    まあ…あれですな
    皮膚呼吸って奴?
    ハハハ( ̄▽ ̄)v

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。