Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://lovedeluxe.blog9.fc2.com/tb.php/1445-e7be0ddd

トラックバック

コメント

[C2895] 陰謀論者の人たち

Twitterでも紹介されていましたので、既にご存知かもしれませんが、
http://www5.hp-ez.com/hp/johntitor777/page4/bid-78809
http://www.asyura2.com/10/bd59/msg/314.html
上の方では「えっ、そういうふうに考えるの?」と驚きましたし、下の「イルミナティ」の方はビックリするほど面白いと思います。
仰るように、いろいろと鵜呑みにしないように、私も気を付けなければと思います。
ところでウチにある「大名道具」ってこれですよね。
http://otonanokagaku.net/products/karakuri/bow/detail.html
これは調整のし直しはあっても、季節ごとに変えなければならないものではありませんので、そのぶん楽といえば楽かもしれません。
  • 2011-02-22 00:13
  • Y・Y
  • URL
  • 編集

[C2896] あの人ら

わたしはTwitterしない、みてないので初見でしたが、ゆるしがたい放言記事とみました。
もしもアンチ権威とか反体制でいさえすれば無条件で正義なのだとでも自任してるんだったら、その立場は立場なりの、ご立派な権威であって体制であるとしか形容しようが、ございません。 まして自身の氣ままな想像そのまま事實であるかのような態度ほしいままにするのなら、たいへん不遜傲岸であると感じます。
わたしも権威には懐疑的でいて体制は検證可能性を保つべき、なのが健全な思想だと考えてますが、ああして懐疑した瞬間の脊髄反射イコール現實の開示であるみたいな姿勢は逆に健全どころか病的だと感じます。
勝手に出鱈目なレッテル貼られてアンチな定義づけられた人の立場を思えば、ぜんぜん面白くないです。
  • 2011-02-22 07:57
  • タノQ
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

お前はもう佛以一音演説法

こんかいエントリご紹介レビュもうし上げるのは
検証 陰謀論はどこまで真実か
じゃーん、ASIOS新刊本 検証 陰謀論はどこまで真実か であります。 新刊つって、でたのが先月わたしの誕生日だったですから、いささか以上おそきに失するエントリだけど。 そして、ご紹介レビュつって對象を陰謀論とは限らずにタノ個人的な所感、雑感ならべてみた記事なんですが。
(以下↓脱線トークつづき)
(つづき)
まず
陰謀論 ってナニ? そう感じる人いるかと思うですが、つまりは一般に認知されてる事象について、それを何者かの策謀とか計略であるとみなす見解および主張のこと…の中でも事實の取りちがえや思い込みによる誤謬きたしてて信頼性もたない空理空論な怪説を、さします。 現實に國家あるいは企業また宗ふくめ思想團體などなどが策謀やら計略だの、おこなってきたことは古今とわず史實として事例いくつも存在してるわけでして、ようするに通説や常識を懐疑し吟味検討しようとする姿勢すべてを一括の陰謀論あつかいするのならば、それはそれで現實ばなれこいた見解である、といわざるを得ないんだな。 ご紹介の本がネタに取りあげてるのは、もちろん錯誤した陰謀傳説のほう。
ここ、ひとつ押さえといていただきたい。

さて、この本みますというとスゴイことに、なってます。 まー 『陰謀』 ていうくらいだから誰でもが
 あーそれ、しってる知ってる
なんてな風味に、あたり前みたく巷間いきわたって浸透して著聞だったら陰謀でも密かごとでもナンでもないけれど、とはいえ知らんネタ数おおいぞな。 まるで世のなか陰謀だらけ、あたかも密議のバーゲンセールみたいな活況です。 うーほー、怖くて、お外あるけないよ。 なんつって。
なにしろ五章三十四項目にも内容およぶのだ。 これだけ網羅して資料あたるの、たいへんな事業であったこと誰でも想像できる刊行物です。 そのうえ、これだけの物量にわたるものを各項へ要領よく間違いなく収めてくのも、なみなみならぬ作業だということ、あきらかなり。
ちょっと小耳にはさんだ陰謀論、あれホンマかいな、とか思ったら手にとって參照するには便利だし、さらに興味もったなら各項末尾に參考文献を直截あたれるよう提示してある点も、まこと親切です。

ただ、これまでのASIOS刊行本が對象としてきたUFOとか心靈とか預言とか超能力とか(いや疑似科學やホメオパは別として)いわゆる ゆめのある話題 などと内容はなはだ懸隔してるだけに、よみ心地おもたいです。 なん人もの犠牲者でてる事件に對してオモシロおかしく採りあげたり珍説のべたり、ゆめのある話題どころか陰謀論を説く人ら、けしからん。
謎解き超常現象 が對象としてたものらはエンタメ觀点から樂しめたですが、その点で本作ちょっと趣き、かわります。 UFO信者さん超常ビリーバさんと違って陰謀論者には罪つくりな面ある。

それとは別に氣になったのが執筆者さんらの中ひとりだけ論調いかがかと思わせる人いること。
いささか感情的になってるのか反戰家そのまま陰謀論者みたく一括あつかいな表現してる箇処あるですが、ややもすれば反戰論=トンデモ説かのような印象に受けとれて困惑する。 反戰活動やってる人らにもオソマツな内容としか映らん人いるのは事實ですが冒頭でのべたように懐疑し吟味検討しようとする姿勢を横ならび同列の一括あつかいするのならば現實ばなれこいた見解なんだし、おなじ一括あつかいするにしてはUFOや超常と反戰活動とで重大さが異なりすぎるでしょ、いくらなんでも。
逆に反戰活動だからといって不可謬としたり聖域とする必然ナッシングだけれど、もしも反戰論=トンデモ説とするのであるなら、そりゃ不可謬だ聖域だと主張するのと同じくらいバカげた偏向でしょ。

ちなみに
ビリーバ信者さんらへ事實の取りちがえや思い込みを 意図的に 作為して附嘱する方法あります。
すなわちビリーバ信者の製造法これこそが、ちょっとした陰謀といえばいえるかも。
まず下記ごらん下さい。
統計イチ例
Y軸を量、X軸を時間として数値の經時變化を示すもの↑でして、けっか減少傾向あらわれてる。
さいきん、わずかに變動してますが、この箇処つまり画像ピンク部分のみだけを採りあげれば上昇になるです。 自説を理論武装するため、そういう統計操作する人いるんだな、たとえば青少年犯罪の凶惡化とか。 いわく戰後の育わるい、オタク文化よくない、そう主張したいがための操作です。
じっさいには1950年代後半が青少年凶惡犯罪のピークであって主張する論を假るなら、むしろ戰中の育が犯罪凶惡化を担ってオタク文化は凶惡化を抑止してたような風景になる。 モチのロンリーそんな単純なものでなく1950年代後半の世相や現代の犯罪検挙率の低下が統計に影響してるかと推察したほうが、まっとうだと思えますが。
次です。
統計ぐるーぷ
AとBふたつの群を↑示してB群の大半をA群の一部が構成してます。 これをB群だけ照會して、もしくはA群を無視して結論だせば、けっきょくA群のほとんどがB群である、なんて見解みちびかれる。
たとえば、いわく虐待被害經験者は世代間の継承をする、ていう説。 上記A群が虐待被害經験者でB群は虐待家庭の親なのでして、じっさい虐待被害經験者の七割強は虐待おこなわないんだけれど虐待家庭の九割くらいが親は被害經験者です。 たしかに問題ある事象ですが、とはいえ虐待被害經験者すなわち虐待継承者では、ない。 世代間継承してたら、とっくに人類ほろんでるぞ。
さいご三番め。
集合圖
左↑はAがBにふくまれる、所属することを示して右は↑AがBでもありBがAでもあることを示してます。
よほど理解能力に不自由してないかぎり左と右とで意味するところ、まったく違うことは明明白白。
ところがドッコイ討論などのさい自説とおすため相手の論拠を損なおうと上記ごっちゃに説いてのけるスットコどっこいな事例あるんだな、たとえばテーラワーダ佛とやらのアルボムッレ・スマナサーラ老師とか。 やれやれ…このケースについては以前のエントリで詳細のべてあるけど、まったく稚拙きわまる錯誤のスマナサーラ戲論を展開していながら原始佛ファンから評価たかいという、お笑いネタみたいな現状を露呈してます。
道元禪師が800年も前に彼らを家の論師とか經律論の夢也未見在(理論や字ヅラ追ってるバカ)だと喝破した通りですな。 スマナサーラ称揚したり大乘非佛論いう人ら、すこし酔いさましたほうが、いいんじゃないの。 でないと、そのうち佛道やってる人がバカにされちゃうかも。 それ困るじゃん。

まーいろいろ、ながながと言及つかまつりました。 しかし上にあげたような手法ありふれてて枚挙に暇ないくらい、なんですよ。 データなんでも鵜呑みにしないよう氣をつけたいとこ。
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://lovedeluxe.blog9.fc2.com/tb.php/1445-e7be0ddd

トラックバック

コメント

[C2895] 陰謀論者の人たち

Twitterでも紹介されていましたので、既にご存知かもしれませんが、
http://www5.hp-ez.com/hp/johntitor777/page4/bid-78809
http://www.asyura2.com/10/bd59/msg/314.html
上の方では「えっ、そういうふうに考えるの?」と驚きましたし、下の「イルミナティ」の方はビックリするほど面白いと思います。
仰るように、いろいろと鵜呑みにしないように、私も気を付けなければと思います。
ところでウチにある「大名道具」ってこれですよね。
http://otonanokagaku.net/products/karakuri/bow/detail.html
これは調整のし直しはあっても、季節ごとに変えなければならないものではありませんので、そのぶん楽といえば楽かもしれません。
  • 2011-02-22 00:13
  • Y・Y
  • URL
  • 編集

[C2896] あの人ら

わたしはTwitterしない、みてないので初見でしたが、ゆるしがたい放言記事とみました。
もしもアンチ権威とか反体制でいさえすれば無条件で正義なのだとでも自任してるんだったら、その立場は立場なりの、ご立派な権威であって体制であるとしか形容しようが、ございません。 まして自身の氣ままな想像そのまま事實であるかのような態度ほしいままにするのなら、たいへん不遜傲岸であると感じます。
わたしも権威には懐疑的でいて体制は検證可能性を保つべき、なのが健全な思想だと考えてますが、ああして懐疑した瞬間の脊髄反射イコール現實の開示であるみたいな姿勢は逆に健全どころか病的だと感じます。
勝手に出鱈目なレッテル貼られてアンチな定義づけられた人の立場を思えば、ぜんぜん面白くないです。
  • 2011-02-22 07:57
  • タノQ
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

タノQ

  • Author:タノQ
  • since 2005.05
    まあ…あれですな
    皮膚呼吸って奴?
    ハハハ( ̄▽ ̄)v

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。