Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://lovedeluxe.blog9.fc2.com/tb.php/1439-ec613563

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

お前はもう將妄語誑衆生

いつも週明けは恒例おデート報告だったので併記するに内容ふさわしくないと思ったですが、じつは前回エントリの月曜24日これ天室愚童和尚の命日でありました。 (和尚についてはココココ
さて團としての曹洞宗は百囘忌の法要を 昨年も今年も おこなってない。
すんだ話し、ヤルコトやった、おわったコト、そう思って考えてるんでしょうか。 ぬぐい切れない過去の汚点、醜態を、ぬぐい切ったコトにして棄てたつもりなんでしょうか。 もしくは超克できたと信じてるんでしょうか、どうなんでしょうか。 はたして現在ただいま超克できてるのかというと、
夢也未見在
(本ご紹介↓つづき)
(つづき)
いまだ戰前戰中に失墜きたした佛道とり戻せてるのか夢也未見在を克服できたのか、たいへん心許ない現状とみえます。 なにしろ上記に画像掲載の禪ガイド本みたいのが堂々まかり通って尊ばれて名僧の著だとみなされてる。 道元禪師にいわせるなら、さしずめ 誑惑世間人の至愚 ってとこ。
笑殺人とも、いう。 とほほー。
上掲の本について某レビュにもかいたけど、道元禪師が却下した階梯を説いてるばかりか祗管打坐というより天台止觀だし冒頭いわく一部の誤った指導者がデッチあげた大妄想による戰爭中いかがわしい指導者が坐禪の眞似ごとえてミソギや坐禪が幅きかせ練成々々だったが實に遺憾千萬であり佛祖正伝の坐禪は斷じて戰爭をあおる反動思想でなく練成の具みたいな度胸やら腹だの低調な幅の狭いものではない、そうかいていながら、ほかならぬ、かいてる本人さん自身が戰前戰中には
 進め、撃て、殺せ、大に殺せ、大に戰って敵軍を鏖にせよ、戰闘の三昧王三昧、
 日本民族は世界の選民、反戰論は愚論、ファッショ政治を行え、育は浅薄な者を作る、
 国民皆禪、臣道實践、一億國民総て國家と同生同死

と説いてたんですが。 ちょっとした記憶障害だったのかな原田祖岳さん…お氣の毒なこった。
いちおう祖岳さんて愚童和尚と同時代人だし、そのうえ師家なんですが。 やれやれ ε=( ̄へ ̄)

******************************************閑話休題***********************************************

いっぽう愚童和尚の没後滿百年に先だち昨年末には宗門の戰爭責任をイチ従軍僧の軌跡ひろって囘光返照の退歩つまり検證吟味する、たいへん貴重な史料が發刊されてます。 すなわち、
一戸彰晃 曹洞宗の戦争
これ↑でして。 以前のエントリに掲載してた復刻本は上に附録されたアイテムなのだ。
ご本タイトルは 曹洞宗の戦争 です。 曹洞宗  戰爭、ではなく 「の」 です。 おわかりか。
「曹洞宗と戦争」だったならば、その意味するところが、ちがうでしょ。 宗門は戰爭の埒外にあったんじゃ決してなく、その歩みを共にしてたわけ。 その歩み、戰没兵士を供養するだけでなく士氣の高揚(とにかく戰死は英靈として成佛)や占領地での住民宣撫工作(労務使役や徴發などに都合いい)の具象ていうものを、たんねんに豊富な資料から蒐古し、かつ資料集積するだけの安直ならず各現地へ筆者が調査に踏みあるいての撰述、きわめて精密卓越した、しかもわかりやすい一級の価値ある史料であり私ども日本人と日本佛界の向後を拓き打開する關棙子となるべき書物であります。

この本はデータの取りあつかい、取りくみ、とても眞摯で公正不偏です。 しばしば旧時代のありかた問われるさい、いわく
 そういう時代だったんだから後世の視点でみてもそれは
などと形だけは公正不偏ぶった、たんなる現状肯定の延長線上にある擁護論を目にする。 そもそも後世の視点つって定義する視点が後世のもの、なんだな。 そういう時代つって定義して、その時代を記録のこしてる人らの視点で記録されてるだけ、記録のこす人らは自分らのこと肯定するし敗けた人ら支配された人らは記録のこせないだけ、じゃん。 どこが公正不偏なんだか、バカみたい。
過去の人らの現状肯定を後世が機械的に肯定してりゃ救いようナッシング。
たとえば古戰記などみれば橋こわしたり田畑やき拂ったり散々な破壊工作を賢聖の叡智みたく記してますが、そんなもん現地住民の人らが記録してたら、まったくの逆がリポートのこるぞな。
この本は、そうした記録にのこりにくい部分にも、さまざまな史料を渉猟しつつフィールドワークしつつ私曲のぞいて言及してまして、その値打、はかり知れないものが、ある。
ご購入は→コチラ
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://lovedeluxe.blog9.fc2.com/tb.php/1439-ec613563

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

タノQ

  • Author:タノQ
  • since 2005.05
    まあ…あれですな
    皮膚呼吸って奴?
    ハハハ( ̄▽ ̄)v

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。