Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://lovedeluxe.blog9.fc2.com/tb.php/1436-82a45f5f

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

お前はもう何勞特地見明星

前回エントリでmixi某コミュにふれました。 某コミュていうかイチ部の、へんな人らについて。 あのコミュに限らずmixi内では、へんな人ときどき、みかけます。 むろん世の中いろいろ風変りな人ら、じっさい存在してるし、みかけることあるですが、どうもネットだと、よけい目立つような印象風景かも。
リンク先さま管理人が主宰する心靈コミュでは最初っからケンカ腰で乱入する意味不明な人が登場したり、コミュ主旨を理解せず參加してて指摘されると激昂する人いたり、つい先日などは(これmixiじゃないけど)長年ロムしてる佛道の掲示板に長文の引用つき投稿くり返し連投する人あらわれたりと枚挙に暇ごい、したくなっちゃう感じ。
いつだったかマイミクさんの一人も、へんな人に反應されて困ったと日記に、かいてた。
まー、どれも基本的にコミュニケーション能力の問題らしく、これ惡意うすいだけに(某コミュのは反感から惡意もたれてたみたいですが)對処いたしように困る。 つぎから次へ数かぎりなく、でてくるし。
人の精ヒトそれぞれ、つっても頃あい加減とか按排適當てもんが、あるでしょうに、やれやれ。
さて、こんかいは人の精が紡ぎだす綾とか襞とかを得手とする新津きよみ作品ご紹介なのだ。

 女友達
異様に氣色わるい友人が登場します。 これよんで、ただちに連想したのが映画 ルームメイト で、いま放映中ドラマの 美しい隣人 も頭に、うかんだ。 さいしょ無害で善良そうだったのが、なんだか奇妙で、じょじょに變貌してく感じ、たぐい稀な不快指数です。 鼻もちならない主人公の人格が逆にこの友人のため最後には浄化されたような様子が皮肉なラストなんだな。

 同窓生
醜惡な感情と欺瞞が交錯する、こういう作品ほんと得意な作家ですな。 事件を支配するのは生きたニンゲンじゃないんだけどナマの感情もって生きたコトバで會話する、どっちかというと生きてる人のが、よっぽど不氣味じゃん(あたり前か)と氣づかせる感じ。

 ひとり
守護靈みたいなのが登場します。 けどオカルトつかわなくたって充分なりたつサスペンスなんですが、どういう趣旨だったんだろーか、ていう読後感だった。 素材にしても狂言廻しにしても靈の登場する意味がない、ていうか靈そのものが、ほとんど登場しない。 ただの思わせぶりな提灯飾り、それがラスト無理やり活躍するという、いささか雑な結末に感じました。 とはいえ、この人の作品ぜんぶ、よみやすい。

サイコホラーでいうと山岸凉子が斯界の第一人者ではないかと愚考つかまつりますが山岸氏はコミックスでして活字の世界なら新津きよみ氏なかなかグッドだと思うです。 映像だと誰だろ。
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://lovedeluxe.blog9.fc2.com/tb.php/1436-82a45f5f

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

タノQ

  • Author:タノQ
  • since 2005.05
    まあ…あれですな
    皮膚呼吸って奴?
    ハハハ( ̄▽ ̄)v

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。