Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://lovedeluxe.blog9.fc2.com/tb.php/1397-8a3f1fba

トラックバック

コメント

[C2769] へぇ~

箱も包みも中身も、すごくカワイイお菓子ですね☆
ご紹介の作家さんは霊とミステリーの組み合わせががお好きな方みたいですね。
ところで熱中症にはくれぐれもお気を付け下さい。
もしもカノジョさんと姪っこさんが第一発見者になっちゃったら、お気の毒ですよ。
  • 2010-08-26 19:35
  • Y・Y
  • URL
  • 編集

[C2770] ご心配かたじけないです

もともと松尾由美はSF作家だそうです。 SF作家がミステリまたはホラーをかく、あるいは三つとも書く、ていうのは珍しくない傾向でして、たとえば海外ではラヴクラフトやドイルやウェルズやフレドリック・ブラウン、キング、また國内だと筒井康隆ほか、いろいろ、いるです。 ご紹介のはホラーでもないけれど。
ちなみに画像の菓子は 落雁 であります。 たいていカノジョが買ってくれるのは和菓子か漬けもの。
  • 2010-08-26 21:29
  • タノQ
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

お前はもう山色無高下華枝自短長

いっけん、いつもタノがカノジョにオヤツ買ってあげてる、ばかりのようなブログだけれど
うひょー☆
じっさいカノジョも私に↑オヤツお供えしてくれるです。 ほんと お供え みたい。 なんつって。
(ありゃ、いきなりスペースないじゃん↓つづき)
(つづき)
あけると
感動だー( ̄▽ ̄)

ひらくと
かわいいー( ̄▽ ̄)

中身は
めんこいー( ̄ω ̄)
カワイイでしょ( ̄▽ ̄) もろ佛事用な景色ですがチョーうまいんだぞ。
これ自宅で素振り稽古や坐禪の前後ひとりポリポリくってるんだな。 いやされ心地まん点なり。

さびし氣な自慢トークは置いといて本ご紹介レビュいたします、きゅうに話題かわるけども。
なんどか本ご紹介するゴショーカイする、つって予告だおれで、すいません。 たいてい、あれやこれやドレだっけコレだっけか、ていう感じに雑然とした所帯くさい日々バタバタおくってまして読書おもうに任せられません。 読書の時間に不自由しつつ、いいわけの理由に不自由しない私。 なんだそれ。
いいわけツイデに申しますと、おなじ作家のを何作か、つづけてよんで、まとめレビュしたい、ていう私のワガママな事情もレビュ更新ペースに影響してるわけ、やれやれ。

そんなことは、どうでもいい。 こほん、では以下さっそく紹介エントリつかまつります。
みなさん憶えてるかどうか、すこし以前の記事で松尾由美の作品 ハートブレイク・レストラン 紹介もうし上げたです。 これ靈が登場するんだけど陰惨な雰囲氣なく、むしろ、やさしくて心地いい作風だった。 じつはエントリご紹介に先立つこと二年くらい前よんでたんですが(おそいなレビュが)いまごろになって同じ作家をよみたくなり(にぶいな反應が)松尾作品をプチ渉猟してみた次第。
渉猟なんつって大袈裟みたいだけど置いてある書肆すくないんだな、わりと。 いい作家なのに。
めあての作品である 銀杏坂 雨恋 は入手したですが いつもの道ちがう角 いまだゲットならず。
これだけ本屋を巡禮ウォークしつくして確保できないんだから、あとは某アマゾンもしくはツタヤ仮称で購入するほか、ないかも。 さいしょから、そうしたほうがグッドだったかも。 損したかも( ̄з ̄)
…すいません、またトーク脱線いたしました。 ちゃんと紹介はじめるのだ。

 銀杏坂
主人公を平凡な刑事とするミステリでありながら地縛靈、予知、生靈、念動、縮地が順に登場してく超常がらみの連作短編です。 とはいっても事件へ直截にオカルトが関わるのは地縛靈の一件のみで、だから超常秘もちいて事件解決あるいは超常秘もちいた犯行だとか、そういう類の作品ではない点ハートブレイク・レストラン同様なのだ。
事件解決の鍵やら謎解きだのより事件の背後にあるもの、人がなに思って感じて行動するとか、そういうことに重心おいてる点もまた同様。 北陸百萬石の城下町であった市中を舞台に登場人物たち、いい味だしてます。 とくに主人公の刑事さんグッド。 小日向文世が演じたらピッタリかも。

 雨恋
こちらも靈が登場するミステリです。 ミステリていえばいいのか恋愛小説ていうべきなのか。
とにかく、これ紹介するのにネタバレこかないようするのは、かつ興味関心もっていただけるよう紹介するのは、ちょっと私の手に負えない範疇かも知れん。 それでもレビュしてみますなら、ここへ登場する靈には登場にさいして時空間から形態から、もろもろ条件もうけられてまして、そうした点つまり、かゆいとこに手がとどかない点が作品の、ひとつのキモとなってるんだな。
なにいってんだか一体わけわからんでしょうが、よめばわかるです。 そして本作も事件の解明そのものより ひと を描こうとしてる作品なのであります。 しかし、こんな靈がウチにいたら困るぞな。

以上きょうのエントリこんなとこ。
向後の紹介予定本まだまだ、あるです。 まだまだあるのに読書は進捗してない( ̄▽ ̄;
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://lovedeluxe.blog9.fc2.com/tb.php/1397-8a3f1fba

トラックバック

コメント

[C2769] へぇ~

箱も包みも中身も、すごくカワイイお菓子ですね☆
ご紹介の作家さんは霊とミステリーの組み合わせががお好きな方みたいですね。
ところで熱中症にはくれぐれもお気を付け下さい。
もしもカノジョさんと姪っこさんが第一発見者になっちゃったら、お気の毒ですよ。
  • 2010-08-26 19:35
  • Y・Y
  • URL
  • 編集

[C2770] ご心配かたじけないです

もともと松尾由美はSF作家だそうです。 SF作家がミステリまたはホラーをかく、あるいは三つとも書く、ていうのは珍しくない傾向でして、たとえば海外ではラヴクラフトやドイルやウェルズやフレドリック・ブラウン、キング、また國内だと筒井康隆ほか、いろいろ、いるです。 ご紹介のはホラーでもないけれど。
ちなみに画像の菓子は 落雁 であります。 たいていカノジョが買ってくれるのは和菓子か漬けもの。
  • 2010-08-26 21:29
  • タノQ
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

タノQ

  • Author:タノQ
  • since 2005.05
    まあ…あれですな
    皮膚呼吸って奴?
    ハハハ( ̄▽ ̄)v

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。