Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://lovedeluxe.blog9.fc2.com/tb.php/1370-e69d8946

トラックバック

コメント

[C2690]

そういえば第二弾のレビューの中で、トンデモ超常現象60の真相などの類書とネタが被っているから既読者にはお勧めできない、みたいなことを書いている人がいてガックリきたことがありました。
実際に被っているのはたったの二つです。99の真相まで含めても五つだけ。しかも読み比べればけっこう新情報が入っていることに気づいてもらえると思っていたのですが、実際にはイメージだけで書く人がいるんですね。
  • 2010-06-06 08:06
  • 本城
  • URL
  • 編集

[C2691] Re:

かぶるも何も同じ素材に取りくんだ異なる記事が存在すればするほど判斷検討の材料になって樂しめるし悦ばしいことだ、ていう事實を氣づかず知らず夢にも考えない、そういう人らなんでしょうね。
  • 2010-06-06 22:32
  • タノQ
  • URL
  • 編集

[C2692] 私は両方読みましたが

トンデモと謎解きⅡ、どちらも面白いと思いました。
被っているという五つを勝手に、これではないかと選ばせて頂きました。(違っていたらすみません)
・「ニューネッシー」
・「獣人モノス」
・「フリーエネルギー」
・「ピリ・レイスの地図」
・「大ピラミッド建造法」
まず「ニューネッシー」ですが、ウバザメという魚の説明をはじめ、トンデモよりもかなり詳しく解説されていると思います。
それから「獣人モノス」ですが、トンデモの方には「単なるクモザルがなぜ謎の獣人ということにされてしまったのか?」について「この写真の再発見者モンタンドンが自らの人種的偏見を正当化する為に、この写真を利用した」という説が紹介されています。
白人はクロマニョン原人から進化したけど、有色人種のご先祖様はオランウータン、ゴリラ、チンパンジーなどだそうで、この獣人は赤色人種の祖先にうってつけだったのだろうということです。
「フリーエネルギー」はトンデモでは主に詐欺を中心に語られ、謎解きⅡではゼロ点エネルギーが中心で、ほとんど別記事のような印象を受けます。
「ピリ・レイスの地図」では、謎解きⅡの方ではピリ・レイスの地図以外の地図についても、かなり詳しく解説されています。
「大ピラミッドの建造法」では、謎解きⅡの方が数字関係についてコッテリと説明してくれています。(私の脳みそが拒否反応を起こしました)
勝手に長々と並べて、いったい何が言いたいのか、自分でもよく分からないのですが、それぞれの筆者がそれぞれの観点から、それぞれの重点の置き方で書かれた記事は、それぞれどちらも面白く、どちらも読み応えがあり、参考になると思います。(その時々の新情報もありますし)
前に読んだネタだから読まなくていい、なんていうのはもったいないですよね。
長くなってしまって申し訳ありません。
  • 2010-06-07 19:03
  • Y・Y
  • URL
  • 編集

[C2693] ( ̄ー ̄)b

いえいえ。 精密に比較検討くださり、ありがたいです。
名ばかりとはいえブログ運営人なはずの私がココまで記事フォローしとくべきだったところ、お羞ずかしい限り。 エントリ本文も返コメ記入も中途半端だな私( ̄▽ ̄;
ご指摘どおり 既知だから、もういい ってのはホントつまんないと思います。
原人について最近あたらしい發見あったみたいですね。 つまりネアンデルタールや他の原人と現生人類とが同時代に共存してて異種交配してたかも知れん、ていう學説です。
カリフォルニア大やワシントン大ほかマサチューセッツ工科大やらハーバード大で研究してるんだって、うほー☆すげー。
  • 2010-06-07 20:55
  • タノQ
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

お前はもう愛惜にちり棄嫌におふる

ちまたでは総理が交替つって、そればっかり報道してますね。 いれ替わりに報道されなくなったけど南北危機は一体どうなったんだ。 危機は回避されたのかね。 それとも一部で傳えられてるように、そもそも事件じゃなく事故だったのかいな。 さっぱり、わけわからん。
話しもどるけれど引きつぎ総理さん、いわく政治のクリーンだクリーンな政治だ、ばっかりクチにしてますが、そんなもん政治がクリーンでなきゃならんのはアリ中が酒のんじゃならんことと同じくらい、あるいは表を裸で歩いちゃならんのと同じくらい、もしくはトイレつかったら手を洗わなくちゃならんのと同じくらい、そのくらい至極あたり前の、たんなる前提じゃん。 それって、いわゆる
 いまさらジロー系すなわち基本じゃん
やれやれ。 ただの基本前提が、いつから理想の目標になったんだろ。 情けなさすぎる。

ていう時事トークすんだところで
以前ご紹介した 謎解き 超常現象 の続刊を記事としてレビュしたく思います。 なんと続刊でてすぐ増刷するというチョー売行き好評本のタイトルずばり、じゃーん 謎解き超常現象 II なのだ。
じゃーん つってタイトルそのまんま、ですが何か ( ̄へ ̄)ゞ
いや別に、いいじゃない。 こほん。

やすい、おもろい、わかりやすい、と三拍子そろっちまった良刊であり超常ジャンルの番組や出版物の内容が具體的に示されててグッド窮まりなくオカルト好きの人も、そうでない人もイチ読の価値あるという点において前作同様でして、さらにそのうえまた今作では疑似科學を充實させ(前作では地震雲くらいだった)くわえて巷間あまり取沙汰されてなかった逸話(テレポ山小屋とかタイフォイド・メアリとか、をのこ草子)などにも紙面さきつつ内容パワーアップはかるという、すぐれ書籍であります。
このタイフォイド・メアリってシビア厳密にいえば超常ジャンルじゃないと思えるけれど、たいへん考えさせられる話しの肝を、もってると感じる。 ていうのも實用書の以外ならナンだってよむ私ですがSFであれホラーにしろ時代小説にせよフィクションのんフィクション分野とわず 人間 てものを描き写したもんでなきゃ、ぜんぜん心うごかず脳裏のこらん、そうみる次第です。
たとえばカール・セーガンのCosmosだって永平道元の正法眼藏だって人と事象との関わりを述べてるからこそ感じるものが、あるんだもんね。
(どうだまいったか↓なんつって)
(つづき)
そういう点においてセーガン博士しかり道元禪師しかり中村ドクターまた、しかり。
人と事象との関わり、そんな観点から自称超能力者あるいは霊能者の精神世界を解析こころみた本あれば、いいのにな。 ひとつ氣のきいた洒落心ある臨床心理士がテーマにでもしてくれないかな。
ちなみに中村ドクターはアリ中専門医でして彼の著作よんだ當時まさか自分が將來オホホ

ところで、さほど馴染味なかった逸話にもふれてる II ですが、これ前作についての批判つまり從來ネタや既知ネタ取りあげるのは陳腐だ、とかいう評ふまえたものかと推察するけど、そういう批判自体そもそも陳腐なんじゃないの、と私は思う。
ながく人口に膾炙してきたネタこれこそが、もの事の實相あつかう上で肝腎要なんじゃないの。
ま、知ってますよクンの存在って教えてクンの存在と同じくらい野暮で陳腐な風景では、ある。

野暮で陳腐といえば
じゃきーん☆
また↑こういうものでカノジョつり出そうという陳腐にして野暮きわまる手法に、たよる私。
フッ毎回こうでもしなきゃ心うごかしてくれないんだもん。

もうじきカノジョきてくれるんだって、わーい(⌒▽⌒)彡☆
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://lovedeluxe.blog9.fc2.com/tb.php/1370-e69d8946

トラックバック

コメント

[C2690]

そういえば第二弾のレビューの中で、トンデモ超常現象60の真相などの類書とネタが被っているから既読者にはお勧めできない、みたいなことを書いている人がいてガックリきたことがありました。
実際に被っているのはたったの二つです。99の真相まで含めても五つだけ。しかも読み比べればけっこう新情報が入っていることに気づいてもらえると思っていたのですが、実際にはイメージだけで書く人がいるんですね。
  • 2010-06-06 08:06
  • 本城
  • URL
  • 編集

[C2691] Re:

かぶるも何も同じ素材に取りくんだ異なる記事が存在すればするほど判斷検討の材料になって樂しめるし悦ばしいことだ、ていう事實を氣づかず知らず夢にも考えない、そういう人らなんでしょうね。
  • 2010-06-06 22:32
  • タノQ
  • URL
  • 編集

[C2692] 私は両方読みましたが

トンデモと謎解きⅡ、どちらも面白いと思いました。
被っているという五つを勝手に、これではないかと選ばせて頂きました。(違っていたらすみません)
・「ニューネッシー」
・「獣人モノス」
・「フリーエネルギー」
・「ピリ・レイスの地図」
・「大ピラミッド建造法」
まず「ニューネッシー」ですが、ウバザメという魚の説明をはじめ、トンデモよりもかなり詳しく解説されていると思います。
それから「獣人モノス」ですが、トンデモの方には「単なるクモザルがなぜ謎の獣人ということにされてしまったのか?」について「この写真の再発見者モンタンドンが自らの人種的偏見を正当化する為に、この写真を利用した」という説が紹介されています。
白人はクロマニョン原人から進化したけど、有色人種のご先祖様はオランウータン、ゴリラ、チンパンジーなどだそうで、この獣人は赤色人種の祖先にうってつけだったのだろうということです。
「フリーエネルギー」はトンデモでは主に詐欺を中心に語られ、謎解きⅡではゼロ点エネルギーが中心で、ほとんど別記事のような印象を受けます。
「ピリ・レイスの地図」では、謎解きⅡの方ではピリ・レイスの地図以外の地図についても、かなり詳しく解説されています。
「大ピラミッドの建造法」では、謎解きⅡの方が数字関係についてコッテリと説明してくれています。(私の脳みそが拒否反応を起こしました)
勝手に長々と並べて、いったい何が言いたいのか、自分でもよく分からないのですが、それぞれの筆者がそれぞれの観点から、それぞれの重点の置き方で書かれた記事は、それぞれどちらも面白く、どちらも読み応えがあり、参考になると思います。(その時々の新情報もありますし)
前に読んだネタだから読まなくていい、なんていうのはもったいないですよね。
長くなってしまって申し訳ありません。
  • 2010-06-07 19:03
  • Y・Y
  • URL
  • 編集

[C2693] ( ̄ー ̄)b

いえいえ。 精密に比較検討くださり、ありがたいです。
名ばかりとはいえブログ運営人なはずの私がココまで記事フォローしとくべきだったところ、お羞ずかしい限り。 エントリ本文も返コメ記入も中途半端だな私( ̄▽ ̄;
ご指摘どおり 既知だから、もういい ってのはホントつまんないと思います。
原人について最近あたらしい發見あったみたいですね。 つまりネアンデルタールや他の原人と現生人類とが同時代に共存してて異種交配してたかも知れん、ていう學説です。
カリフォルニア大やワシントン大ほかマサチューセッツ工科大やらハーバード大で研究してるんだって、うほー☆すげー。
  • 2010-06-07 20:55
  • タノQ
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

タノQ

  • Author:タノQ
  • since 2005.05
    まあ…あれですな
    皮膚呼吸って奴?
    ハハハ( ̄▽ ̄)v

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。