Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://lovedeluxe.blog9.fc2.com/tb.php/1361-906b9174

トラックバック

コメント

[C2657] お墓シリーズ!

石灯籠とお地蔵様と、あとはよく分かりません。
とにかく、可愛い!!
昭和のおもちゃとマンガの画像もほしかったです、残念。(面白そう)
カストリ雑誌って、なんかエロいですね。
でも、見たことあるキャラがいると思ったら、わりと最近の某アニメのキャラもありなんですね。
神通のお話では、流産しちゃった妊婦さんと赤ちゃん可哀想ですね。
  • 2010-05-13 01:13
  • Y・Y
  • URL
  • 編集

[C2658] ありがとうございます

カワイイでしょ。 石塔と石佛と、あとは墓碑です。
館内展示のほうは撮影禁止だったので撮れませんでした、すいません。
れいのカストリ雑誌には哀愁ていうか、いわくいいがたい人情を感じたです。
賓頭盧尊者のズッコケ神通トーク、たしかに残酷な話しだけれど超常神秘とガッカリとの落差を示しつつ超能力とやらが實際にあるとしてその価値を問う、なかなかブラックなユーモアかと感じます。 佛道にはキサーゴータミーやハーリティーとかジャータカのウサギなど残酷なエピソードわりと、あるです。 慧可の断臂も、けっこうキツイ。
  • 2010-05-13 07:08
  • タノQ
  • URL
  • 編集

[C2659] どんな話ですか?

その残酷なエピソード、たぶん全部知らないと思います。
ウサギの話だったら、それかどうかは分かりませが、お腹を空かせた旅人のために自分から火に飛び込んで食われた、という昔話を何かで聞いたような?(違うかな?)
  • 2010-05-13 18:24
  • Y・Y
  • URL
  • 編集

[C2660] どんピシャ☆

ウサギの話し、それです。
あとのは、ついでだから記事エントリ紹介しとこうかと思いましたが、もう時間おそいので、また明日にでも。 いや別だんもったいぶるつもりないんですがTVみてたら遅くなっちゃった。
  • 2010-05-13 23:52
  • タノQ
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

お前はもう玲瓏八面縈不著

とつぜん夏が到來しよった、と思ったら、また寒波くるんだって。 がびーん ( ̄□ ̄;
予報士いわく 西高東低 ぞな。 ひさびさ耳にするセリフ、それはセイコウトウテイ。
セイコウトウテイ、どないせい、ちうねん。
こう夏日到來、冬日往來と、いそがしく夏と冬とを往ったり、もんだり、もう頭きちゃう感じ。
そんな熱したり冷ましたり刀劔鍛錬じゃあるまいし、このカヨワイ身体にヤキ廻っちゃうよ。
身体といえば
やきいもピッチ
ミス・ベラルーシ↑ヤキモビッチさん22歳だそうです。 なかなかナイスバデイかも。
なんだかオヤツみたいな名まえですがウチの常備オヤツにもヤキイモ味の生菓子ていうのがあり、すばらしく美味でして別だんベラルーシ製ではなく、たんなる和菓なのだ。
そのヤキイモ画像のせてましたっけ。 いやバデイじゃなくオヤツのほうだけど。
(あやや、時候トークでスペースなくなったぞよ↓つづき)
(つづき)
あいにくヤキイモ生菓子は在庫きらしてまして代理オヤツ↓掲載しときます。
氷もち、くるみ餅
ウチのカノジョは私のオヤツみて
 歳寄りクサイお供えみたいまるで佛事用だ
つって罵倒するくせして毎回くると平らげるんですな。 まったく鬼のようなオンナだ、ぐすん。

なんの話しでしたっけ。
いつも脱線するけど、この週末おデート報告するつもり、だった。 あやうく失念するとこだった。
ちなみに、ちかごろカノジョから私ナイガシロ、つまり亡きものみたく、いないかの如く、あたかも存在しないかの如く、その扱いは特売ティッシュよりも軽く薄く安くなりつつ、あります。 先月などはデート連続キャンセルされてキャン泣きした私ですが今月シブトクがんばってる。 まけるものか。
みなさん、ご聲援ください。
そんな、はかなく憐れなタノが今週どんなデートこいたかといえば大阪歴史博物館(またかよ)で
 昭和のおもちゃとマンガの世界 大コレクション展
みてきた次第。 がんばってるわりに、たいしたことない。 やれやれ。
ふきげんなのかバッタめぐ
↑カノジョも たいしたことないぞ つって怒ってるみたい。 どうも館前ひろ場まぶしかったらしくショボ眼なっちゃってますね。 撮りなおしたほうがよかったかも知れんけど(そうカノジョも要請したけど)腹へってたし飯くいたかったので聴こえないフリかましてみた。

館内で昼食のちにレトロ玩具展を参學つかまつりました。
昭和の と題してたですがタノ世代(1965~年代)より旧いのが多くて月光仮面とか黄金バットならばナンとか知ってる範疇だが、さらに上の世代のはチラッと知ってたり知らなかったり、またそこが興味ひいてグッドでした。 一峰大二とか巴里夫なんかの作品あって意外な發見に、よろこんだり。
いちばん面白かったのはカストリ雑誌の展示だったです。 チョー雰囲氣あって印象深かったな。
誌面の見出しが、いわく ~のズロース ばっかり、なんだもん。 ズロースづくし、か。
これ敗戦後すぐの時代に濫發し隆盛したことを考えると、じつにミズミズしく人間くさい文化でしょ。

そういう下世話トークは置いといて
大歴デートのち先日いった長次郎でディナーこいてから帰宅しましたが、その大歴まえの同伴参禪が、けっこうオモロ樂しいエピソードあったんだな。 いつも坐禪したあと檀信徒会館いって法話タイムでして、この第二日曜は直堂さんによる普勸坐禪儀の提唱なんだけど、そのときのこと。
直堂さんの法話は機關だの葛藤だの實相だの小むつかしく説くんじゃなく(そうした用語でスレてない信徒を煙に巻く法話する禪僧おおいが)かといってイマココやらアレやらソレやらアリノママやらアリババやら(そうした用語にスレてる信徒よろこぶみたいだが)知ったかぶったトークするんでもなくて、あたり前ふつう至極な説示なさいます。

この日まずスヌーピーの逸話を紹介なさった。 いわく
 あるときルーシーが、いった あんたは犬のままで、いいのか
 スヌーピーこたえて 誰だって手もちのカードでしか勝負できない
坐禪会みなさん平均年齢70前後ですがスヌーピー大ウケだった。 さすが直堂さん、やるじゃん。
つぎに賓頭盧尊者エピソード紹介なさった。 いわく
 釋迦牟尼の弟子である賓頭盧は諸法に通じぬけて神通(超能力)を得ていた
 あるとき富豪の一人が先端へ金の佛をつけた長い棒を立てた
 富豪はいった この佛を獲れたものには差しあげよう
 誰も取れないのを知った賓頭盧は神通を用いて結跏趺坐のまま空中浮遊して獲ってみせた
 賓頭盧は得意満面だったが、その様子を視て驚愕した一人の妊婦が流産した
 釋迦牟尼は賓頭盧を叱り キミはバカか、キミの神通にナンの意味あるか、つまらんことするな
 つって、あげく キミは、よく見えるとこで、だまって坐っとれ そう命じた
なので、いまも賓頭盧尊者は寺院の堂前に坐してらっしゃる、とのこと。
いや~とんだズッコケ超常ハプニングでして落差すごいものあるし、はなはだブラックぞな。
聴いてたカノジョその空中浮遊~流産のとこでウケまくって爆笑してたです。 笑いすぎ。

法話おわると茶話タイムなんですが、この日このとき例の教えてクンが直堂さんへにじり寄って
 手もちのカードや意味とかおっしゃいましたけど人が生きる意味とはナンでしょうか
どうなんでしょう、どう思いますか、って訊いたんだな、彼。 おいおい、なんだそれ( ̄▽ ̄;
生きる意味なんて、そんなもん自分自身でみつけなきゃ意味ないじゃん、とはタノでも知ってる。
問われた直堂さんは 人から意味あたえられてアナタその通り生きるんですか そう答えてらしたが教えてクン納得せず同じことエンドレスくり返したずねて、ちょっと困った(しかしオモロイ)事態なり。
しばらくして諦めた彼が自席へもどってから坐禪会古参の一人(こちらはタノへ盃すすめてた人)が
 ただ法話を一方的に聞いてるだけじゃなく法話のあと質疑応答タイムしようよ
そう、いいました。 いいましたとたん、また教えてクンが直堂さんへスリスリにじり寄ろうとしたもんだから、すかさず古参はヒトコト
 ああキミはいいよヤヤコシイから
つってバッサリ斬りすてたです。 こんどはタノがウケて大爆笑☆つかまつったぞな。

まこと参禪は(参禪先にもよるが)樂しい愛しい場処であります。 ちなみにデート帰り
時代ものフイギア
こんなん↑また買っちゃった~。
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://lovedeluxe.blog9.fc2.com/tb.php/1361-906b9174

トラックバック

コメント

[C2657] お墓シリーズ!

石灯籠とお地蔵様と、あとはよく分かりません。
とにかく、可愛い!!
昭和のおもちゃとマンガの画像もほしかったです、残念。(面白そう)
カストリ雑誌って、なんかエロいですね。
でも、見たことあるキャラがいると思ったら、わりと最近の某アニメのキャラもありなんですね。
神通のお話では、流産しちゃった妊婦さんと赤ちゃん可哀想ですね。
  • 2010-05-13 01:13
  • Y・Y
  • URL
  • 編集

[C2658] ありがとうございます

カワイイでしょ。 石塔と石佛と、あとは墓碑です。
館内展示のほうは撮影禁止だったので撮れませんでした、すいません。
れいのカストリ雑誌には哀愁ていうか、いわくいいがたい人情を感じたです。
賓頭盧尊者のズッコケ神通トーク、たしかに残酷な話しだけれど超常神秘とガッカリとの落差を示しつつ超能力とやらが實際にあるとしてその価値を問う、なかなかブラックなユーモアかと感じます。 佛道にはキサーゴータミーやハーリティーとかジャータカのウサギなど残酷なエピソードわりと、あるです。 慧可の断臂も、けっこうキツイ。
  • 2010-05-13 07:08
  • タノQ
  • URL
  • 編集

[C2659] どんな話ですか?

その残酷なエピソード、たぶん全部知らないと思います。
ウサギの話だったら、それかどうかは分かりませが、お腹を空かせた旅人のために自分から火に飛び込んで食われた、という昔話を何かで聞いたような?(違うかな?)
  • 2010-05-13 18:24
  • Y・Y
  • URL
  • 編集

[C2660] どんピシャ☆

ウサギの話し、それです。
あとのは、ついでだから記事エントリ紹介しとこうかと思いましたが、もう時間おそいので、また明日にでも。 いや別だんもったいぶるつもりないんですがTVみてたら遅くなっちゃった。
  • 2010-05-13 23:52
  • タノQ
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

タノQ

  • Author:タノQ
  • since 2005.05
    まあ…あれですな
    皮膚呼吸って奴?
    ハハハ( ̄▽ ̄)v

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。