Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://lovedeluxe.blog9.fc2.com/tb.php/1350-4b513903

トラックバック

コメント

[C2604] 相変わらず、白い服お似合いです

デート、楽しそうでなによりです。
すみません。マシン、写真だけ先に見た時には、なんだか分からなくって、上の写真の左端のやつ、鬼太郎ハウスに見えました。
そして残りは、宇宙基地?
下の写真の白いケースの中は、ドールハウスで、右の部屋にはテーブルと昔風のTVがあるように見えます。
でも科学館なのに、時代劇に出てくるお金があるって不思議ですね。
悪い商人と悪代官が「おぬしもワルよのう」「いえいえ、お代官様ほどでは」ってやるんですよね。
ウチ、時代劇専門チャンネル観れます。
ところでこの頃、オウム真理教の話題が出てて、この前、被害者の会の代表の方が主人公のドラマもやってましたが、人はどうしてあんなものを信じてしまうのでしょう?
信者の経歴とか聞いても、どうも頭の良し悪しというのは関係無さそうというか、かなり頭の良さそうな人多そうですし…。
よく出てくる教祖が浮かんでる(飛び上がってる?)写真を見ても、「あんなもの、いくらでも作れるでしょ?」と私でも思うのに、いい大人が何人も騙されて「教祖は超能力者だ」と思ってしまったのが、不思議で怖いです。
  • 2010-03-31 00:51
  • Y・Y
  • URL
  • 編集

[C2605] ありがとうございます

鬼太郎ハウス いい得て妙☆ですね、それ。 残り部分タノにはフランケンうごかす装置みたく視えます。 そして下の右のは制作とちゅうで放置した電器コタツみたい。
ところで時代劇専門チャンネル観れるとは、うらやましい限りです。
ちなみに菓子函アイテムの展示は鉱物のコーナにあったものでして。
 オウム真理教
ご理解なさってる通りIQやら偏差値だのは、たんなる数値です。人の値打をきめるなど、ましてや人のすべてを説明してるはずなどないことは、いうまでもナッシング。 人の値打をきめるものはデータじゃありませんしデータで人の知性をはかれるものでは、ないと考えます。
たとえば私など12歳のときIQが120代だった(母がそういう測定スキだった)ですし高校のとき現国に限れば偏差値75でしたが、どういう人生おくってるかというと入院したり離婚したり、はかばかしくございません。 これでも倖せだと思ってるけど、けっして華々しくも豊かでも、ないです。 ていうか、かなり、おバカさんだし。
あの人らの信心は信心じゃなくて迷信です。 何に迷ったかといえば超能力だの奇跡だの自身にないものを追い求めた結果の卑しさだと感じます。 本來じぶんにないもの、金銭的豊かさ、対人関係に都合のよい権威とかチカラ、他者と比べた私、そうしたグッズを求めつづけてる人には永遠に安息なんかない、その見本みたいな連中でしょう。
  • 2010-03-31 18:35
  • タノQ
  • URL
  • 編集

[C2606] まだありました

中村希明さんの本、「怪談の心理学」というのがありました。
あと似たようなので、松田道弘さんという人の「超能力のトリック」という本と、菊池聡さんという人の「超常現象の心理学」という本もあります。
そういえば小さい頃、初めて金縛りに遭った時、「頭は起きているけど、身体が寝ているので動けないだけだし、なにか変なものが見えても、それはみんな夢なんだから、怖がらなくてもいい」と説明されましたね。
おかげで金縛りになった時、いろいろとにぎやかな状態になってますけど、あまり怖がらないですんでます。
  • 2010-04-01 18:31
  • Y・Y
  • URL
  • 編集

[C2607] 身心脱落

その話題は
↑の、つづきですね。
すぐれ藏書のラインナップだなあ。 ひょっとして、ご両親その方面に造詣ふかいとか。
環境めぐまれた、ご家庭と見受けました。
金縛り、ちいさいころ私も何度か經験してます。 怖かった( ̄▽ ̄;
坐禪でも似たような現象おきること、あるです。 半端に坐禪する人では、それを 悟り だと勘違いして執著するみたいだけど、ただ軽微な感覚遮断に付随して發生した生理現象なんですな、やれやれ。
  • 2010-04-01 21:31
  • タノQ
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

お前はもう妙浄明心、汝作麼生

花冷え、つづいてます。 花冷えなんつって洒落たネーミングだけど、さむいったらありゃしない。
こちとら鉛筆みたく もののあわれ な体型だから、ほんと困る。 もろに氣温の影響ウケまくり。
あるいてても風ふいたりなんかしたら ( ̄△ ̄;) こんな顔なって背中まるくなってマジ情けない。
だんだん頭きちゃう、こう冷えると命に、かかわりかねんぞな。
いったん命沙汰になれば、あだやおろそかにブログこいてる場合じゃナッシングぞな。
おおげさにいうと、つまり死活存亡ぞな。 おおげさですが、これ。

あだやおろそか、といえば
あながちにはアダにもオロソカにも語りつくしかねるのが毎週末の おデート って代もん。
おおげさでなくデートこれ生涯のイチ大事でして。 一途にカノジョ想いなタノを、ひとつ応援ください。
さて、こんかい週末おデートは同伴参禪のあと、じゃーん、市立科學館へ、まいりました。
前々回ハプスいって前回ポタラいって、こんかい市立科學館。 かぐわしいほど氣合じゅう分でしょ。
三月から、こんな飛ばしようでは、もう年末あたり宇宙旅行デートしてるかも。 なんつって。
しかし、この氣合ぶりにくらべてカノジョときたら、まいかい参禪先で昆布ダンスしてます、やれやれ。
ああも氣持ちよさげにコックリこっくり趺坐したまま眠れるってのは、あるいみ超人レベルなんだな。
たとえ真似したくても羞かしすぎて余人の追随ゆるしません。 ゆるしたくとも許せません、私が。
あたり前じゃん、だれも真似しないよ、ウチのカノジョだから笑ってすませられるだけ( ̄ー ̄)=3

すいません、なんだかトーク脱線したみたい。
市立科學館とくれば、そう、カノジョと結婚するまえデートこいた想い出の聖地でして。
あのころは優しくって、のちに怒鳴られたり吼えられたりするとは、まさか思わなかったなあ。
そこはかとなく遠い目 ( ̄。 ̄) に、なっちゃう。 しみじみ、するぜ。
遠い目といえば
さいきんデートにコンタクトレンズするようなったんですが、これ装着すると遠視に、なる。
あまりにもド遠視で手許みえず字もかけず、もちろん印刷なんかグッと離して視ることになって、まれなくらい不細工な様子を呈します。 デートのために、やつしてコンタクトレンズして却って不細工。
わらいたければ笑うがいい。 もう知らん。
(脱線しまくり↓トーク修正しなきゃ)
(つづき)
脱線してばかりいないで市立科學館に到着です。
たてば芍薬すわれば昆布
めざすは地階プラネタリウム☆なのだ。 うほー浪漫チックじゃん。
浪漫つっても上映とちゅうカノジョ寝てましたが。 どこ行っても寝ます、この人。
プラネタ鑑賞後は中之島バーガーっていうとこで高級ランチ(眠り姫のオゴリ)いただきました。
かつて中之島バーガーだった名残
すいません↑また完食まで撮影わすれてた。 でも霊感ある人なら、いまは亡き高級ランチが視えるはず。 ま、なにか視えたとこで腹の足しには、なりません。 しょせん視えても霊なんだし。
ランチこいたあと科學館もどってアカデミックな館内展示を見學つかまつりました。
あやしげマシン

なやましげマシン
下手クソで手ぶれてるけど↑これら50~60年代SF映画に出演してそうなマシンたちでしょ。
じっさい禁断の惑星とかミクロの決死圏とかに映ってても違和感ないデザインかも。
すべてモチのロンリー撮影用セットじゃなくって、むかし稼働してた旧最新鋭マシンなのだ。
このレトロな風景には、あんまり無機質な印象おぼえないから不思議です。 世代だからか。
さらにもっとレトロな代もんだって展示あります。 すでにマシンじゃないしレトロていうか、これ
越後屋、そちも中々の

なにをおっしゃいます片桐さま
菓子函に、しのばせるアイテムですわ、ハハハ。 鎚目や地金が、いい味だしてます。
ちかづくな危険
いい味にカノジョ↑も満足してたらしいです。 質問責め、うるさかったけど。

以上きょうのエントリこんなとこ。
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://lovedeluxe.blog9.fc2.com/tb.php/1350-4b513903

トラックバック

コメント

[C2604] 相変わらず、白い服お似合いです

デート、楽しそうでなによりです。
すみません。マシン、写真だけ先に見た時には、なんだか分からなくって、上の写真の左端のやつ、鬼太郎ハウスに見えました。
そして残りは、宇宙基地?
下の写真の白いケースの中は、ドールハウスで、右の部屋にはテーブルと昔風のTVがあるように見えます。
でも科学館なのに、時代劇に出てくるお金があるって不思議ですね。
悪い商人と悪代官が「おぬしもワルよのう」「いえいえ、お代官様ほどでは」ってやるんですよね。
ウチ、時代劇専門チャンネル観れます。
ところでこの頃、オウム真理教の話題が出てて、この前、被害者の会の代表の方が主人公のドラマもやってましたが、人はどうしてあんなものを信じてしまうのでしょう?
信者の経歴とか聞いても、どうも頭の良し悪しというのは関係無さそうというか、かなり頭の良さそうな人多そうですし…。
よく出てくる教祖が浮かんでる(飛び上がってる?)写真を見ても、「あんなもの、いくらでも作れるでしょ?」と私でも思うのに、いい大人が何人も騙されて「教祖は超能力者だ」と思ってしまったのが、不思議で怖いです。
  • 2010-03-31 00:51
  • Y・Y
  • URL
  • 編集

[C2605] ありがとうございます

鬼太郎ハウス いい得て妙☆ですね、それ。 残り部分タノにはフランケンうごかす装置みたく視えます。 そして下の右のは制作とちゅうで放置した電器コタツみたい。
ところで時代劇専門チャンネル観れるとは、うらやましい限りです。
ちなみに菓子函アイテムの展示は鉱物のコーナにあったものでして。
 オウム真理教
ご理解なさってる通りIQやら偏差値だのは、たんなる数値です。人の値打をきめるなど、ましてや人のすべてを説明してるはずなどないことは、いうまでもナッシング。 人の値打をきめるものはデータじゃありませんしデータで人の知性をはかれるものでは、ないと考えます。
たとえば私など12歳のときIQが120代だった(母がそういう測定スキだった)ですし高校のとき現国に限れば偏差値75でしたが、どういう人生おくってるかというと入院したり離婚したり、はかばかしくございません。 これでも倖せだと思ってるけど、けっして華々しくも豊かでも、ないです。 ていうか、かなり、おバカさんだし。
あの人らの信心は信心じゃなくて迷信です。 何に迷ったかといえば超能力だの奇跡だの自身にないものを追い求めた結果の卑しさだと感じます。 本來じぶんにないもの、金銭的豊かさ、対人関係に都合のよい権威とかチカラ、他者と比べた私、そうしたグッズを求めつづけてる人には永遠に安息なんかない、その見本みたいな連中でしょう。
  • 2010-03-31 18:35
  • タノQ
  • URL
  • 編集

[C2606] まだありました

中村希明さんの本、「怪談の心理学」というのがありました。
あと似たようなので、松田道弘さんという人の「超能力のトリック」という本と、菊池聡さんという人の「超常現象の心理学」という本もあります。
そういえば小さい頃、初めて金縛りに遭った時、「頭は起きているけど、身体が寝ているので動けないだけだし、なにか変なものが見えても、それはみんな夢なんだから、怖がらなくてもいい」と説明されましたね。
おかげで金縛りになった時、いろいろとにぎやかな状態になってますけど、あまり怖がらないですんでます。
  • 2010-04-01 18:31
  • Y・Y
  • URL
  • 編集

[C2607] 身心脱落

その話題は
↑の、つづきですね。
すぐれ藏書のラインナップだなあ。 ひょっとして、ご両親その方面に造詣ふかいとか。
環境めぐまれた、ご家庭と見受けました。
金縛り、ちいさいころ私も何度か經験してます。 怖かった( ̄▽ ̄;
坐禪でも似たような現象おきること、あるです。 半端に坐禪する人では、それを 悟り だと勘違いして執著するみたいだけど、ただ軽微な感覚遮断に付随して發生した生理現象なんですな、やれやれ。
  • 2010-04-01 21:31
  • タノQ
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

タノQ

  • Author:タノQ
  • since 2005.05
    まあ…あれですな
    皮膚呼吸って奴?
    ハハハ( ̄▽ ̄)v

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。