Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://lovedeluxe.blog9.fc2.com/tb.php/1348-4e93f8a8

トラックバック

コメント

[C2598] かわいいキャラですね(両方)

楽しそうでなによりです。
蓮マンダラというのも、なんだか綺麗ですし。
つまり仏様というのは両性具有ということですか?(悪魔は両性具有だと聞いたことありますし)
ASIOSさんの推奨本、思ったより早かったですね。またぜひ、ご感想をお聞かせください。
話変わりますが、昨日のTV「あのニュースの続き」という番組の中で、座敷わらしの出ると言われていた旅館が火事で燃えてしまった後、いったいどうなっているか?というのをやっていました。
で、「旅館が無くなってしまったので、座敷わらしが近辺に出没するようになった」というので、昔風の格好をした子供の妖怪が目撃されるようになったのかと思って、一瞬ものすごく喜んだのですが…
でも付近の方たちが写真を撮った時にオーブが写ることがあるということで…なんだかガッカリしてしまいました。
前に「探偵ナイトスクープ」で「屋久島で木霊の写真が撮れる」って言ってたのも、本当に「もののけ姫」の木霊が撮れるのかと思って喜んだら、やっぱりオーブでしたし…
でも「探偵ナイトスクープ」の方では、屋久島に行って写真も撮ったけど、後でプロのカメラマンの方に見てもらって、ちゃんとスタジオで再現写真を作ってもらっていました。
「あのニュースの続き」の方では「一説によるとホコリだという説もある」という程度でした。
そして「それだけでは説明できないことがある」と言って、「一般的に男性は出世、女性なら玉の輿のような幸運に恵まれる」と言ってました。
でも納得できません。そこに泊まった人たち全員を、誰か追跡調査でもしたんでしょうか?
それに人間なんて一生を見なければ分からないと思います。
たとえばホリエモンみたいな人生の人だったら、成功例なんだか?失敗例なんだか?
タイガー・ウッズの奥さんだって、すばらしいダンナ様と結婚したと思っていたら、いったい何人いるんだろ?と思うくらい不倫相手が出てきたり…。
  • 2010-03-24 19:47
  • Y・Y
  • URL
  • 編集

[C2599] ありがとうございます

右側のも、しずかにしてる限りカワイイですね。
佛は両性具有ていうか、より正確にいえば性を超越した存在です。
画像のターラー(多羅菩薩)ご覧のとおり女性像だけれど日中では佛像の多くが男性の姿で描かれてます。 しかしながら三十二相とか申しまして、つまり男女の違いありません。 
どういうことかといえば男女などの姿形で分けず人ほんらいの価値を説くのが佛道です。
ASIOS推奨本ようやく一冊め読了つかまつりました。 いうまでもなく、たいへん値打ある本ですが、すこし二点ほど批判したい箇処あるです。 それでもなお秀逸な教育書だと思います。
 座敷わらし
オーブに取って代わられるとは、なんとも寂しい話しですね、それ。 涙でそう。
一説によると つっても条件そろえて原因と結果の再現可能な関係を説明できてたら、それが真相じゃん、むりやり何いってんだか。 そのうえ 男性は出世、女性なら玉の輿 では超常どころか思いきり低俗すぎる世間常識的な価値観じゃん。 ほんと涙でそう。
ここはひとつ良心的な関西深夜番組の爪の垢でも味わってほしいとこ、です。
  • 2010-03-25 19:34
  • タノQ
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

お前はもうグラドル菩薩

暑さ寒さも彼岸まで、とかいいますな世間の常套句では。
もはや彼岸すぎたのに、いささか寒いんじゃないの。 あさってくらい雨模様つづくらしいし週末あたり冷えこみ継続するみたい。 彼岸まで つって都市傳説ていどな常套句じゃん。
いわゆる常套句じゃなくて冗句かも知れん。 なんつって。

時候の挨拶びしっとキメたところで
この土日は計画にわかに変更したため心ならずも独りでしたが月曜カノジョきてくれたので、しっかりデートつかまつりました。 以前から申しあげてる通り 武道、佛道、おデート これタノの生活三本柱なのだ。 おさえるべきとこは、おさえつつ、そうでないとこは、さり氣なくスルーでい。
さて月曜おデートいづこへ向かったかというと大阪歴史博物館の特別展すなわち
 聖地チベット ポタラ宮と天空の至宝
です。 前回ハプスで、つぎポタラ。 いわば世界をマタにかける壮大なデートプランなんだな。
なかなか大風呂敷ひろげトークでしょ( ̄▽ ̄)v
花ずきんちゃんとバッタめぐ
(いきなりもうスペースないじゃん↓つづき)
(つづき)
大歴ついたとたん花ずきんちゃん↑玄関へトコトコあるいていらしたので即座にカノジョとツーショット頂戴いたした次第です。 いや~あ花ずきんちゃんカワイイね~☆ いやし系キャラと怒鳴り系キャラそろい踏み画像ステキじゃん。 怒鳴り系キャラって、もちろん右側のほうだよ。

こほん。
とうぜんチベット文化をテーマとした特別展なのでチベット佛教の密教法具や曼荼羅そして佛像の数々が展示されてたです。 そこそこ佛道熱心な氣配かもし出してる信徒だけれどもチベットの佛道あんまり知らなかった私、こんかいの見學たいへん新鮮かつ感動的な印象風景を感じた次第。
教義の成立に震旦国が介在せず(工芸技術などの交流はあったみたい)ほぼ印度からの直輸入な佛法を傳えてて、そこへ独自の解釈も加味されて、いわくいいがたい味わいテイストを放ってます。
まず經典が折本なってるんだけどテーブルみたく寸法でかくて漆塗でイラストつき、そのうえに梵字とチベット語の併記と独特な華麗ぶり、また曼荼羅(教義の説明図)が立体造形物になってるアイテムすら、ある。 その立体曼陀羅なんと開閉式ぞな、めずらしや。
館内は撮影できなかったので画像ないですが、みたい人は是非ひとつ
 蓮マンダラ
で画像を検索してみて下さい。 一見の価値あるかも。

とにかくビジュアルへの訴求力たかいのは佛像においても同様であります。
なんていうかセクシーでファッショナブルっていう表現に、つきる。 こう曲線的で華がありつつ衣装もぴっちぴち、にフィットしてて グッ と、くるんだな。 その佛像も撮影できなかったけど、ひと目ぼれしちゃった像があって、ここはナンとか掲載したい、そう思って余処さまから拝借してまいりました。
ただ転載するとパクリになるので先さまの拍手ボタン押して貢献しといたです、ハハハ。
その、ひと目ぼれ佛像が↓これ。
ノルブリンカのターラー

ターラーあっぷ画像
ノルブリンカのターラー、どうですか↑これこのクビレこの眼この唇☆彡
お花いっぱい背負って熊田曜子立ち(しなったポーズ)して、まるでグラドルみたいな佛さま、じゃん。

この他には男女交合してる姿で智と解の合致および悟入の歓喜あらわしてる佛像も何点か、あったです。 佛道を奉ずる者として、それら見學して不快おぼえたかというと、ぜんぜん不快どころか美しさに魅了されました。 エロスあるとはいえポルノじゃないもん、じじつ荘厳きわまりナッシングでした。
しかし横に廻って結合部分のぞき込んでる観客けっこう、いたな。 やれやれ。
とりあえずセクシー、ファッショナブル、眼ヂカラ満点な佛像たち、かっこよかった。

以上きょうのエントリは、こんなとこ。
そうそう、れいのASIOS推奨本が日曜に入荷したです。 いま樂しんでる最中なり。
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://lovedeluxe.blog9.fc2.com/tb.php/1348-4e93f8a8

トラックバック

コメント

[C2598] かわいいキャラですね(両方)

楽しそうでなによりです。
蓮マンダラというのも、なんだか綺麗ですし。
つまり仏様というのは両性具有ということですか?(悪魔は両性具有だと聞いたことありますし)
ASIOSさんの推奨本、思ったより早かったですね。またぜひ、ご感想をお聞かせください。
話変わりますが、昨日のTV「あのニュースの続き」という番組の中で、座敷わらしの出ると言われていた旅館が火事で燃えてしまった後、いったいどうなっているか?というのをやっていました。
で、「旅館が無くなってしまったので、座敷わらしが近辺に出没するようになった」というので、昔風の格好をした子供の妖怪が目撃されるようになったのかと思って、一瞬ものすごく喜んだのですが…
でも付近の方たちが写真を撮った時にオーブが写ることがあるということで…なんだかガッカリしてしまいました。
前に「探偵ナイトスクープ」で「屋久島で木霊の写真が撮れる」って言ってたのも、本当に「もののけ姫」の木霊が撮れるのかと思って喜んだら、やっぱりオーブでしたし…
でも「探偵ナイトスクープ」の方では、屋久島に行って写真も撮ったけど、後でプロのカメラマンの方に見てもらって、ちゃんとスタジオで再現写真を作ってもらっていました。
「あのニュースの続き」の方では「一説によるとホコリだという説もある」という程度でした。
そして「それだけでは説明できないことがある」と言って、「一般的に男性は出世、女性なら玉の輿のような幸運に恵まれる」と言ってました。
でも納得できません。そこに泊まった人たち全員を、誰か追跡調査でもしたんでしょうか?
それに人間なんて一生を見なければ分からないと思います。
たとえばホリエモンみたいな人生の人だったら、成功例なんだか?失敗例なんだか?
タイガー・ウッズの奥さんだって、すばらしいダンナ様と結婚したと思っていたら、いったい何人いるんだろ?と思うくらい不倫相手が出てきたり…。
  • 2010-03-24 19:47
  • Y・Y
  • URL
  • 編集

[C2599] ありがとうございます

右側のも、しずかにしてる限りカワイイですね。
佛は両性具有ていうか、より正確にいえば性を超越した存在です。
画像のターラー(多羅菩薩)ご覧のとおり女性像だけれど日中では佛像の多くが男性の姿で描かれてます。 しかしながら三十二相とか申しまして、つまり男女の違いありません。 
どういうことかといえば男女などの姿形で分けず人ほんらいの価値を説くのが佛道です。
ASIOS推奨本ようやく一冊め読了つかまつりました。 いうまでもなく、たいへん値打ある本ですが、すこし二点ほど批判したい箇処あるです。 それでもなお秀逸な教育書だと思います。
 座敷わらし
オーブに取って代わられるとは、なんとも寂しい話しですね、それ。 涙でそう。
一説によると つっても条件そろえて原因と結果の再現可能な関係を説明できてたら、それが真相じゃん、むりやり何いってんだか。 そのうえ 男性は出世、女性なら玉の輿 では超常どころか思いきり低俗すぎる世間常識的な価値観じゃん。 ほんと涙でそう。
ここはひとつ良心的な関西深夜番組の爪の垢でも味わってほしいとこ、です。
  • 2010-03-25 19:34
  • タノQ
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

タノQ

  • Author:タノQ
  • since 2005.05
    まあ…あれですな
    皮膚呼吸って奴?
    ハハハ( ̄▽ ̄)v

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。