Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://lovedeluxe.blog9.fc2.com/tb.php/1342-293041aa

トラックバック

コメント

[C2570] 読書

最近は時代小説など読まなくなってしまいました。
以前はお稽古に行くのに時間がかかりましたから、
電車の中で読むのに文庫本を常に用意していました。
やはり、モチベーションを維持するのに時代小説
(剣豪物)が多かったです。
  • 2010-03-05 06:30
  • URL
  • 編集

[C2571] Re

のりものの中でよむと私ようんですよ。 とにかく、のりもの弱いです。
クルマを自分で運転してて以前よったこと、あるくらい。 何もよんでなくても。
  • 2010-03-05 18:43
  • タノQ
  • URL
  • 編集

[C2572] 暗示?

結構自己暗示に掛かりやすいので、お稽古前の読書は効果的でした。
のりものよいは子供の頃は酔いましたが、大人になってからは酔ったことないですね。大概その前に飲んで酔っていますから。
  • 2010-03-06 06:41
  • URL
  • 編集

[C2573] ほえー

大人になると、たしょう小マシには、なったです。 といいつつ自分の運転でも、よいますが。
ようといえば、ずいぶん長いこと酒のんでないなー、しみじみ…。
ところで、むかし文庫本の文字こまかくって、のりものだと、よみづらくなかったですか。
いま、むかしの文庫本よみ返すと、えらく字がちっちゃいぞな。
  • 2010-03-06 07:49
  • タノQ
  • URL
  • 編集

[C2574] うひー

それは、ちょっとしたスペクタクルでしたね。
私はカノジョに怒鳴られたりするとき、おもわず世界が真っ暗に、なるです。
  • 2010-03-07 00:57
  • タノQ
  • URL
  • 編集

[C2575] 文字

結構目は良い方なので、読むのに難儀はしませんでした。
  • 2010-03-07 08:13
  • URL
  • 編集

[C2576] 文字級数

いまの文字級数で、むかしの文庫本だしたら、たとえば姿三四郎なんか六巻以上になっちゃいそうですね。 よくもあれ一氣に、よめたもんだなあ。
  • 2010-03-07 21:23
  • タノQ
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

お前はもう武士道フォーティなかば

前回エントリ記事に、ご挨拶も自己紹介も抜きで初登場しつつ要領えない質問だけコメント連投するという困ったちゃん、いたです。 これ春の到來にあわせた季節もん、だったのかな。 
陽氣あたたかくなったし、いわゆる旬の初もの、か。 なんつって。
あんまり手間かけたくなかったので(あたり前じゃん)キミ行儀わるいぞと直指端的に指摘する返コメしといたら、いわく回答(しつけーよ)が タノは無礼でないのかちょっとその点だけ気になるこちらの無礼は詫びるがそういう性質なので勘弁しろ無礼には無礼で対応OKとタノは思ってるのか …だって。 よっぽどヒマもてあましてるのかね、この人。
やれやれ、あまりにも面倒くさ過ぎるので↑この回答(しつけーよ)は削除しときました。
こんな独り相撲の相手する時間帯あれば私は武道、佛道やって、あまったらブログしときたいです。
ちなみに、この困ったちゃん、よそさまのサイト荒らして退場させられた人だというのが判明しました。
合掌 ってか。

さて、くだらんネタすんで以下よだんのつづき。
たしか以前に時代小説さいきんよんだのを紹介したい、そういったまんま放置モードこいてました。
いや、忘れてたわけじゃないんだな。 ていうか、やっぱり忘れてたんだな( ̄▽ ̄;
だってパソ不具合おきたり修繕したりブラウザ更新がバグってドライバ消失したり修繕したりカノジョ怒鳴ったりタノ泣いたり、いろいろコトバにいいつくせやしない難儀あったんだもん。

ていう云訳トークは置いといて
さいきん時代小説では乙川優三郎につづいて 高田郁 にハマりました。
一時は宮部みゆき、山本一力にハマったですが(いまもよむが)この二者それぞれに、ある意味ハナにつく傾向を感じるようなってきて、ただいまは乙川優三郎、高田郁に、ぞっこんです。
けれど高田郁ご紹介エントリは、またべつの機会に(なんだそれ)予定しときたい。 スペースないし。
では今回なにを紹介もうし上げる所存かといいますと現代小説の
 武士道シックスティーン
です。 これ↑お世話になってる武道ご一門のJさんだったか師範代だったか、おぼえてないけれども推奨いただいてた作品。 ベタないいかたすればスポ根ものの青春小説ですが、よんでみて、とても完成度たかく感じました。 主人公は二人いて、いっぽうは相手を削り自己をも削る殺伐とした劔士、いっぽうは分かちあうようなホンワカ劔士、と対照的なんですが殺伐くんは対象本位な、ホンワカくんは自己本位な劔もってて、それぞれに惜しい不足ありつつ互い切磋琢磨する、たいへん樂しい小説なのだ。 ところで映画化されるらしいけど俳優さん手のウチや構えが下手すぎる。

あやや、もうスペースないじゃん。 きょうのエントリは、こんなとこ。
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://lovedeluxe.blog9.fc2.com/tb.php/1342-293041aa

トラックバック

コメント

[C2570] 読書

最近は時代小説など読まなくなってしまいました。
以前はお稽古に行くのに時間がかかりましたから、
電車の中で読むのに文庫本を常に用意していました。
やはり、モチベーションを維持するのに時代小説
(剣豪物)が多かったです。
  • 2010-03-05 06:30
  • URL
  • 編集

[C2571] Re

のりものの中でよむと私ようんですよ。 とにかく、のりもの弱いです。
クルマを自分で運転してて以前よったこと、あるくらい。 何もよんでなくても。
  • 2010-03-05 18:43
  • タノQ
  • URL
  • 編集

[C2572] 暗示?

結構自己暗示に掛かりやすいので、お稽古前の読書は効果的でした。
のりものよいは子供の頃は酔いましたが、大人になってからは酔ったことないですね。大概その前に飲んで酔っていますから。
  • 2010-03-06 06:41
  • URL
  • 編集

[C2573] ほえー

大人になると、たしょう小マシには、なったです。 といいつつ自分の運転でも、よいますが。
ようといえば、ずいぶん長いこと酒のんでないなー、しみじみ…。
ところで、むかし文庫本の文字こまかくって、のりものだと、よみづらくなかったですか。
いま、むかしの文庫本よみ返すと、えらく字がちっちゃいぞな。
  • 2010-03-06 07:49
  • タノQ
  • URL
  • 編集

[C2574] うひー

それは、ちょっとしたスペクタクルでしたね。
私はカノジョに怒鳴られたりするとき、おもわず世界が真っ暗に、なるです。
  • 2010-03-07 00:57
  • タノQ
  • URL
  • 編集

[C2575] 文字

結構目は良い方なので、読むのに難儀はしませんでした。
  • 2010-03-07 08:13
  • URL
  • 編集

[C2576] 文字級数

いまの文字級数で、むかしの文庫本だしたら、たとえば姿三四郎なんか六巻以上になっちゃいそうですね。 よくもあれ一氣に、よめたもんだなあ。
  • 2010-03-07 21:23
  • タノQ
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

タノQ

  • Author:タノQ
  • since 2005.05
    まあ…あれですな
    皮膚呼吸って奴?
    ハハハ( ̄▽ ̄)v

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。