Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://lovedeluxe.blog9.fc2.com/tb.php/1318-21039a8b

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

お前はもう消去している

 人は消去法でしか学べない
ていう記事を知ったです。 あるマイミクさんの日記で紹介されてました。
まさに実践と体験でしか學ぶことはできん、ていう公案が現成しとるのは、なにも武道や佛道に限った話しじゃあないんだな。 ていうか逆に武道や佛道は一切すべてに通じぬけてる、これ事実でして、つまり先日エントリで値打こいてみた通りです。 値打こいてみたけど別だんタノの手柄でも功徳でもナンでもなくって、ただ武道佛道とは、そういうもの。

記事には実践と体験、失敗と成功から消去法もちいて學ぶことの両面が示唆されてる。
両面ていうのは記事よんでいただいたら解るように、それがもたらす効率化と偏狭化です。
ようするに実践と体験で消去法すすめてくと自身の中に効率的な仕分けが生まれるんだけれども、その一方では自身の仕分けが邪魔になって新しいことへの対応に弊害がでる、っていうことみたい。
(これを武道では居着と呼んで佛道では羅籠とか情識とか執著と呼ぶ)
これについて私は 一体なにを消去して何を残すのか それがキモの要である、そう感じました。
けっきょく消去にあたって私曲だの僻事やらに思考と行動を条件づけられてると邪魔になって新しいことへの対応に弊害がでる、やっぱり學んでない、変化できない、そんな次第だと思う。
いくら失敗しても私らは學ばないこと、あります。 その実例が
 軍備
 差別
 核エネルギー
などなど、です。 いくら失敗かさねたとこで教訓なってないし一向に、やめやしない。
なぜか。 それは消去にあたって一体なにを消去し何を残すのか、そこに問題あるのと違うだろうか。
軍備すすめる人らは軍備で平和まもれるんだ(残す)といって、つかうことが前提になってる矛盾や、とり返しつかない破壊の史実については言及せず(消去)差別を肯定する人らは文化だの傳統だの人間社会の歴史だからだの(残す)いって根拠のなさや歪曲に眼を瞑り(消去)核を推進する人らは利便だけを説いて安全を主張し(残す)安全じゃなかった事実を無視したり隠匿する(消去)これらに、すべてが条件づけられてるんじゃなかろうか。 消去法で學ぶ人は學ぶし學ばん者は學ばないし。

きょうのエントリは、こんなとこ。 次回は肩の凝らんトークしたいぞな。
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://lovedeluxe.blog9.fc2.com/tb.php/1318-21039a8b

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

タノQ

  • Author:タノQ
  • since 2005.05
    まあ…あれですな
    皮膚呼吸って奴?
    ハハハ( ̄▽ ̄)v

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。