Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://lovedeluxe.blog9.fc2.com/tb.php/1317-28e40af0

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

お前はもう不瞋恚の破誡

ブログ更新してもmixiへの反映おそいのだ。 RSS不具合あるのかな、と思ったらfc2自体の不具合で、なぜか下書き状態の保存になってたりする。 けっか半日おくれの表示だったり、なんだこれ。
ま、ウチのカノジョと数名の常連さん(ロムさんふくめ)のぞけば、あとはワード検索の通りすがり閲覧さんばかりだから、なんにも世間に影響ないブログだし。 世間に影響しない世間話しブログでい。
まいったか( ̄▽ ̄)v

まいったか、といえば
こないだから長々と風邪ひいてて週末おデートも活動ふるいません。 ふるわない、といいつつ8日には同伴参禪したあと一週おくれの亡母墓参つかまつった私ですが、その参禪おえた直後のこと。
カノジョの車ころがし寺院の参道ぬけて公道でてから信号まちしてるというと、横断歩道のとこに小鳥が一羽トコトコあるいてる。 信号かわるまでに、どっか去ってほしいな、そう思ってたら信号かわったのに、どこへも去らずウロウロしてたです。 困った私は小鳥を無視して發進するわけにいかなくって(あたり前じゃん、タイヤで踏んじゃうよ)じわー、と徐行はじめた次第。 そしたら、うしろの車が
 プァーーーーーーーーーーーーーーーーーッ★
つって、まだ朝はやいし住宅街なのに一切おかまいナッシングの警笛を絶叫させたんだな。
まいったぜ、思わずふり向いて睨んじゃったよ背後のドライバーを。
徐行はじめて、うしろから騒音も鳴ってるというのに どこふく風 モードの小鳥は、どきやしない。
そこで私は道路中央側つまり右へ徐行しつつ車いったん回避させて横断歩道ぬけました。
その先で右折車線へ進行してると、さっきの騒音ドライバーが左から追い抜きざま私へ、わざわざ窓から顔だして腕だして ファックユー のサインつき出したです。
これには佛祖正傳菩薩誡を受誡しとる私も、さすがに激怒だ。
アッタマにきたので次の信号で停止して騒音ドライバーと並んださい、そいつをガン視しました。
ところが奴は(えらそーなオッサン)まえ向いたまま無視してやがる。 助手席の女性から叱言もらってるみたいだけど、それでも無言で前みたまま。 さらに激昂した私はガン視つづけながら
 こら、おんどりゃ、いわすぞ
などなどクチ汚く車の中から吼えてたんですが、あくまで無視。 このヤロウ…。
(なさけないトーク↓つづき)
(つづき)
こりゃあ窓しめたまんま怒鳴ってても聞こえやしない、ひとつ窓あけて怒鳴りつけて、それでも無視なら降りてって怒鳴りつけてやろう、そう考えた瞬間、信号かわっちゃった。 腹たつ、このッ。

でもね、そのオッサンだまって發進すりゃいいものを發進まぎわにタノへ向け何事か吐きすてて走り去りやがったんだな、それ窓しめてるから聴こえなかったですが。 もうもうチョー頭きた。
 もうチョー新星クラスで頭きた
私と逆方向へ去る車体おっかけてってやろうか(独りだったら、おそらく実行してた)思ったぞな。
しかし、です。 その場から帰路のあいだ慰撫してくれるべきはずだったカノジョは逆にタノを責めて、そのうえ キミは華奢な体格だし病弱なんだから無理するな と小バカにしたような訓誡たれたです。
よけいに腹たった。

私は格闘技の有段者であり何かあったとき心配なのは相手に怪我させること(じっさいに喧嘩ふっかけてきた相手を怪我させて過剰防衛で逮捕された過去ある…刑事かばってくれて立件されなかった)だし、あまりにも筋違いの理不尽な忠告だったので、この理不尽つづきに常ひごろ温厚なタノはネチネチと根びつこく車中でカノジョを 値打のないイヤな女だ と罵倒いたしたです。
これ八つ當たりモードていうより以前に私がカノジョから受けた災難そのまま報復だったのかも。
あー、やれやれ。 でも、いうにこと欠いて キミは華奢な体格だし病弱なんだから無理 は、ないぜ。
それいうんだったら、たとえば
 喧嘩して相手を怪我させてたら大変だったじゃん
 降りて怒鳴りにいって怪我させてたら大変すぎるじゃん
 追いかけてって怪我させてたら大変どころじゃないじゃん
 ていうか佛道やってるのに相手してたらダメじゃん
 ていうか佛道のお陰で怪我させなかったじゃん
 これ功徳あったじゃん
などなど相応しい慰撫やら忠告だの、あったでしょ。 なのにカノジョひどい暴言じゃん。

しかし、よく考えたら(考えなくても)横断歩道で徐行はじめるとき後ろへ手をあげるとか、ふり向いて睨むようなマネしないとか、それなりに私も對應すべき對應おこたってたかも。 おこたっていたから、あのオッサンの野卑で下劣で低俗な挙動まねいたのかも。 うーん (ーー;) ん? ホントそうかな。
ちいさな生きものの命を惜しんで、そのあげく騒音ならされてファックユーされ、なお相手に怪我させることもなく、あまつさえ捨てゼリフで逃げられカノジョからは謗られ、それでも私が間違ってたというものだろうか、はたして。
…まいったな、てな感じ。

不瞋恚誡とは十六ある菩薩誡の一つですが 怒るな ていうことでは、ない。
怒るのは自由だが怒りに支配されれば本來ある自己を失って束縛され、けっきょく無礙でいられなくなる、怒りを忘れるのではなくて囚われずに支配すること、です。 じーほーさんしー。
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://lovedeluxe.blog9.fc2.com/tb.php/1317-28e40af0

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

タノQ

  • Author:タノQ
  • since 2005.05
    まあ…あれですな
    皮膚呼吸って奴?
    ハハハ( ̄▽ ̄)v

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。