Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://lovedeluxe.blog9.fc2.com/tb.php/1308-34e16c37

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

お前はもう心与口相乖

またしてもブログさぼって三日が、たってしまった感じ。
ていうのは昨日いつものように素振りしたところ調子が惡くて、いままでに樋音の氣にいらないときはあったけれど樋音そのものがウンともスンとも無聲モード、つい耳が聴こえなくなったかと勘違いするほど静寂の素振り風景だったので、これは一体なに事が起きやがったのか驚天の動地つかまつった私は、なん回かに分けて一日に振る本数を、まとめて一度に連続えんえん
 これでもか、これでもか、こ~れ~で~も~か~
つって振りつづけ(ほかの日課や家事ほったらかし)けっきょく疲労困憊しちゃってブログ更新どころか夜坐もせず寝た次第。 やれやれ、つまり樋音の変調に動著こいて執著きたして完全に平常心うしなった稽古したあげく、ついでにブログさぼってたわけ。 更新なんか、してる場合じゃなかったもん。

調子が惡いといえば
肌の調子も、よろしくないです。 おそらく、たぶん季節の替わりめ、だからかな。 毛の生えかわり、ならぬウロコの生えかわり、みたく肌の更新が過剰なのだ…このくらいブログ更新できたらなあ。
なんつって。
ま、これ放置しといたら勝手になおるんだし先述の素振りだって、さっき稽古したら回復してたです。
まさしくこれぞ不生不滅不垢不浄不増不減の現成公案かも。

近況報告おわったとこで土日デートのリポートなり。
所用あって土曜こない、とかカノジョいってましたが(毎回こればっかり)そこは兵法と佛道おさめてるタノゆえバラエティゆたかな説得工作を駆使いたして(毎回こればっかり)みごと無事にカノジョ連泊のゲットを、はたしたぞな。 まったくのところ 毎回こればっかり で、つかれるよ。
あの人わざと、いつもいつも土曜こない、そういって私を、からかってるんじゃないの。

なんだか疑心暗鬼になってきちゃった。 ここは平常心、とりあえずビョージョーシン……ぶつぶつ。
こほん ( ̄▽ ̄;
さて日曜の同伴参禪は、いつもの寺院でなく月イチいってる興聖寺に、しました。
こちらへは第一日曜に参禪する日程としてるんだけれど、せんだって4日はパソが帰宅したり、またレンタル映画たくさんあったりして外出しなかったので、この日に変更したんだな。
つまりこれ興聖寺2回目の参禪ですが、そこで思いもよらぬ事態がタノを待ちうけモードだった。
(波乱ぶくみの参禪リポート↓つづき)
(つづき)
この日は内單に坐ることが、かなったです。 ちなみに僧堂もつとこでは宗侶でもない参禪者を外單なら別として内單に坐らせてくれる寺院、とても少ない感じかも。 ちょっと得した氣分だったり。
氣分はともかく、思いがけない騒動は厳粛な僧堂でたあとの和やかなるべき茶話会で出來しました。

とつぜん参禪者さんの古参である一人がカノジョに向かい
 僧堂は神聖なとこや、カバンとか勝手に持って入ってたらあかん (以下ながいので略)
そう大聲で、いい放ったんですな、あのカノジョさまへ。 しかも、かなりネチネチと根びつこく。
あやや、思わず私、こう得体の知れん生汗じっとり、にじませました。 もうもう怖くて恐くて。
ん? もちろん、その古参の爺さんなどにビビったんじゃなくてカノジョどう反応するかに恐怖したの。
とうぜん單に私物もち込むことが畏れおおいってことくらい知ってる私は、こちらで参禪した初回にはロッカーそなえ付けがないことに氣づいて役僧さんへ手荷物のあつかいを確認いたし、貴重品類の單もち込み許可を、たしかめ済みでした。
 あたり前じゃん、そんなこと
だから控え室(そこで茶話会もする)に私は靴下を、カノジョは諸々グッズ系を、それら置いて僧堂へ参じてた次第でした。 あちょー、さあ大変だ、ぜったいカノジョ怒り爆發させるぞ。
いったんカノジョ怒ったら、もうどこか遠い星へ旅立ちたくなるくらい、ほんとに怖いんだぞ。

ところが
そとヅラいいカノジョ(みてくれは美貌だし)は微笑みつつ彼にうなづいてみせるばかり、でした。
でもね、こっち向いたときのカノジョの顔ときたら、こりゃ子どもとか病人には視せちゃいけない代もんでありました。 おっと、いちおう私も病人ですが、そこはイヤでも視慣れてるから、ハハハ。
すばやくカノジョに 氣にしないこと そう耳打ちつかまつりましたけど、なんか空氣が重たかった。
お茶も菓子も、のど通った氣がしない、そんな風情の茶話会タイムでした。
退出する直前に、まだ彼がいるのを確かめたカノジョは彼に背を向け(でも聞こえるよう)私に向い
 かかわりたくないわッ
つって吼えるや否や、そとへ出たです。 ぐすん、なんですか、それ。
帰路は、ずーっとカノジョから文句いわれつづけたです。 私なんにも、してないのに。

僧堂があれば單あるのが通常でして、そこに不要なアイテムもち込みは不用ていうのが必然です。
しかし近在なら別として、ふつう様々なアイテムもって歩くことは必要だから(すべて私はポケット収納だが)なので参禪者のためロッカーとか外部から隔絶した別室を用意されてる寺院が、あるです。
興聖寺のようにロッカーがなく外部から隔絶した控え部屋のない寺院の場合なら役僧さんに訊いて、しかるべく対処したいもの。 つねに、そう私はしてるし、こんかいまた我々は、そうしてた。
ちなみに道元禪師のあらわした 永平清規 によると僧堂に絶対もち込んではならないもの、それは
 樂器と武具
です。 もちろん樂器も武具もカノジョの荷物に、ふくまれてなかったことはいうまでもナッシング。
古参の爺さん、きっと永平清規について夢也未見在の類だったんでしょ。 おそらく、よその寺院には参禪なんか、したことないのかも。 つまり経験不足ですな、あの爺さん。
おかげでカノジョにウギャースカいわれて、えらい往生したぜ私。 爺さん、だまって坐っとれ。
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://lovedeluxe.blog9.fc2.com/tb.php/1308-34e16c37

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

タノQ

  • Author:タノQ
  • since 2005.05
    まあ…あれですな
    皮膚呼吸って奴?
    ハハハ( ̄▽ ̄)v

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。