Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://lovedeluxe.blog9.fc2.com/tb.php/1303-fb8e1057

トラックバック

コメント

[C2515] 映画かぁ

あんまり観ないほうかも。。。
最近観たっていえば 映画館で
「グーグーだって猫である」小泉今日子 作:大島弓子
「ヤッターマン(実写版)」ドロンジョ:深田恭子
「剱岳 点の記」 作:新田次郎
TVでは
「おくりびと」
かな。。。。
DVDで最近映画借りた記憶が無い。。。
そうかぁ タノさんのおすすめも 時間と金があったら観てみるかな。
っていうか バッタ写真みたいなぁw。

[C2516] レンタルに限る

むかし大島弓子は、よくよんでたほうですよ。 それと おくりびと よかったでしょ。
実写ヤッターマンぜひ観たい一作です、レンタルでたら。
レンタルなら私みたく時間と銭に不自由してる者むき、なんだな。 映画館よか廉いしスキなとき観れるし。
バッタめぐ画像なら、このブログ内に(この記事内にも)ござるのだ。
  • 2009-10-09 19:41
  • タノQ
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

お前はもう何必不必

ゆうべはスゲー風雨あれ放題だったです。 ビル風ふいちゃってウチヘ帰宅したあとも外のサウンドがピープーピープーつって、うるさかった。 マンション内は氣密たかいというのに窓やらガッタガタ★鳴ったりして、ただならぬ雰囲氣まん点モード、こちとら落ちついて飯を喰えたもんじゃない。
…いや、しっかり喰ったけど。 ちりめん山椒&たくあん漬、うまかったぞな ( ̄ω ̄)v 
こほん。
冷えるから扇風機を収納しました。 けど、まだ杖つかずに歩けそう。 ていうか、せめて來月くらい先までは杖つかいたく、ないじゃん。 だって、まだ40なかばのナイスミドルだもん。

ナイスかどうかは置いといて、と。
連休とか合宿やら次回以降あと廻し記事エントリの件ですが、いま少し時間かかりそうな氣配かな。
ていうのは、こんぴーた修繕の旅にでてネット離れしてる間いささかならず小ネタため込んじゃいまして、どいつもこいつも大した話題じゃないという、このブログ向きなネタだけに順番で(ときどき忘れたり面倒で省いたりして)エントリしてきたい、そう考えてます。 ま、どうせ次回が連休デート内容その次は合宿稽古エントリに決まってるんだけど。
さっさと片づけなきゃ週末になって、またデートして小ネタたまるしデート中はブログできないじゃん。

ていう次第で先月なかば、いつもの日曜同伴参禪つかまつった私は直堂さんへ坐蒲の注文お願いをしたです。 いま自宅で用いてるのが小さくって(子どもサイズかも)坐蒲の中心に重心すえて坐ると一ちゅう終盤あたりでケツ痛い、痛まぬよう坐蒲いっぱいに坐る(本來の坐相ではない)とバランスよくない、そんな具合だったから。 こんどは特大寸法のに、しときました。 そんな両極端な、て思われるかも知れんけど、いつも参禪先では特大坐蒲えらんで坐ってるもんね、たぶんOKなのだ、きっと。
そして坐禪と勤行おえて檀信徒会館へ移動して法話タイムのとき、半年まえ近畿管区教化センターが取材にきたさいの記事を掲載した近畿管区機関誌が配布されました。 えらい期間かかったな。
SOTO凛 vol.3 です。 14頁の写真9に、ちゃっかりウチのバッタめぐ、うつってる。 お手許に機関誌をお持ちの方は(あんまり、いないと思うけど)ひとつ確認してみてください。 バッタ功徳あるかも。

この日も帰宅のち、またレンタル映画を鑑賞いたしました。 さいきん邦画ばかり観てまして、しかも私の借チョイスうまくいってカノジョには大好評つづいてるんだな、フッフッフ。 すごいでしょ。
そんな自慢トークも置いといて。 こんかい紹介するのは、その映画 青い鳥 です。 主演はタノが大好物な阿部寛なり。 あやや? もうスペースないじゃんか。
(阿倍ちゃん↓つづき)
(つづき)
 青い鳥
ひとつ観ていただくしかない、コトバにつくそうにも言葉を超えてる、そんな映画です。
そういっちゃ身も蓋もナッシングなレビュー記事ですが、ほんとの意味で ことばを超越する そんな作品なんだから、しようがない。 斯作は言語障害もった教師から生徒たちへ、いわゆる人から人へ与えて与えられないけれど自分の中から勝手に生まれるもんでもない大切なもの、それを文字通りコトバを超越して気づかせ会得させてゆく、たいへん趣き深くチカラ強くて、ゆかしくも味わいのある、きわめて素敵な名作映画といっても過言どころか表現不足なのであります。
公式頁はコチラ
まったくのとこ 禅 ZEN なんてな稚拙で雑な映画より、よっぽど佛道テイストあふれる逸品なり。
これ、まちがいなし。

そのうち必ず、この映画は自宅ライブラリに収めるつもり。 ほか収める予定なのは
 問題のない私たち
 Dear Friends
 西の魔女が死んだ
 幸福な食卓
 百万両の壺
お、ぜーんぶ邦画じゃん。 でも、みなすべてウチのカノジョから大好評だったんだぞ。
さいごの一本だけ時代劇ですが、これAmazonでも扱ってないみたい、うーん。
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://lovedeluxe.blog9.fc2.com/tb.php/1303-fb8e1057

トラックバック

コメント

[C2515] 映画かぁ

あんまり観ないほうかも。。。
最近観たっていえば 映画館で
「グーグーだって猫である」小泉今日子 作:大島弓子
「ヤッターマン(実写版)」ドロンジョ:深田恭子
「剱岳 点の記」 作:新田次郎
TVでは
「おくりびと」
かな。。。。
DVDで最近映画借りた記憶が無い。。。
そうかぁ タノさんのおすすめも 時間と金があったら観てみるかな。
っていうか バッタ写真みたいなぁw。

[C2516] レンタルに限る

むかし大島弓子は、よくよんでたほうですよ。 それと おくりびと よかったでしょ。
実写ヤッターマンぜひ観たい一作です、レンタルでたら。
レンタルなら私みたく時間と銭に不自由してる者むき、なんだな。 映画館よか廉いしスキなとき観れるし。
バッタめぐ画像なら、このブログ内に(この記事内にも)ござるのだ。
  • 2009-10-09 19:41
  • タノQ
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

タノQ

  • Author:タノQ
  • since 2005.05
    まあ…あれですな
    皮膚呼吸って奴?
    ハハハ( ̄▽ ̄)v

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。