Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://lovedeluxe.blog9.fc2.com/tb.php/1283-f533692b

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

お前はもう生死去來

なが引いてますね、お天氣わるい日が。
まるで地の底はうかのごとき不況を天の雲が映してるみたいで、こりゃあ空まで景氣わるい感じ。
このまんま梅雨あけないで盆に突入しちゃったら、けっこうヤバいんでないか。 ま、そんなことないだろうけど、とにかく私の肌が困ってる。 ターンオーバ(お肌の更新)過剰おさえてくれる、ありがたい頼みの綱、いわば命の母、最期の切り札ハートのエース、霊験あらたか南無八幡大菩薩、それは何を隠そうUV光線なのであります。 いや隠すも何もヒマさえあれば、やれ紫外線だUVだ、なんて私このブログで騒いでるな。 すいません、これ別だん太陽フェチとかじゃなくって、たんなる肌の代謝異常でして、お羞かしい限り。 どんどん更新して不生不滅を現成しもてゆく肌だから。

不生不滅といえば。
さいきんレンタル鑑賞作品が邦画づいてまして中でも、いわゆる生滅とりあつかった作に名品おおいと感じてる次第。 そんな作品とくに選んで視るわけでなく(なにしろカノジョが生死きらい)なぜだかは知らんが、たまたま連続してるのだ。 しかもライトノベルを原作としたものが、つづいてます。 これ一体どうゆう佛因佛果なんだろ。 なんつって ( ̄▽ ̄)v 氣のせいに、ちがいないです。
そんな氣まぐれ錯覚トークは置いといて以下↓鑑賞作ご紹介はじまり、はじまり。

 しにがみのバラッド。
映画ではなく連続ТVドラマをDVD6巻に収録したもの。 原作は大人氣ライトノベルです、私よんでませんが。 けっしてライトノベルよまないわけじゃないけど、この原作の文体は1文節ごとに改行するわ体言止め濫用するわとポエムみたいなんだもん。 心理描写すくなく視覚情景描写依存なのも苦手に感じるところなり。 なので、よみたかったですが本屋で手にとって即あきらめたです。
原作は別として、このドラマきわめて非常にグッドでした。 もちろんカノジョにも大好評☆☆☆。
風変りな白い死神として磁器みたく色白のグラドルが主演しますが、この役柄にウッテツケだし脇の遣い魔を演じる子役も、その滑舌わるいものの魅力的です。 作中4話でのセリフ 誰も誰かの代わりをできないしキミの代わりはキミにしかできない ていうとこ、および 命を運ぶから運命 これ佛道テイストが弥綸モードでしょ。 のみならず9話では常識分別を説いてみたとこで手に取るように納得できる生死なんて、あるのか、ていう提議が示されてるし最終話では心を知るものは心だと、そう示されてる。 これはもう禪書の下手な意訳よんだり蹉過きたした提唱きくより、よっぽど値打ちあります。

 西の魔女が死んだ
エントリながくなってきたけど、このまま続投します。 ほんとはスクロール2回以上も閲覧者さんに、させたくないですが。 そんな内輪ネタも置いといて、と。 この原作はライトノベルじゃなく、けれども児童文學です。 やはり文体が苦手で(なんだか感情的な文体で)よむのは諦念つかまつりました。
しかしながら映画はグッドで、やっぱりカノジョにも大好評☆☆☆。 作中で説かれる観念とか認識や神通は、まさしく正法眼藏に通ずるものだと私は感応道交いたしました。 説いてるのはイギリスの老夫人つまり西の魔女なんだけど、ほんとに異国の人か?て感じ。 この彼女は身心一如さえをも説いてました。 すごいな、まったく。

ずいぶん長文エントリに、なっちゃったです。 きょうのエントリは、こんなとこ。
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://lovedeluxe.blog9.fc2.com/tb.php/1283-f533692b

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

タノQ

  • Author:タノQ
  • since 2005.05
    まあ…あれですな
    皮膚呼吸って奴?
    ハハハ( ̄▽ ̄)v

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。