Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://lovedeluxe.blog9.fc2.com/tb.php/1280-fdc960cc

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

お前はもう何回もいっている

せっかく、この週末は連休だったのに天氣わるくて、やれやれ、でした。 でもね…フッフッフ。
うちつづく曇天雨天にもかかわらずデートの意氣は、まったく下がらなかったカノジョと私なのだ。
いや、私だけかも。 いつも通りに、やっぱり土曜よるからしかカノジョきてくれなかったんだもん。
もっと泊まってくれたって減るもんじゃなし、この、けちんぼ。 けちけち、するんじゃないよ、この。

ブツブツいうのは置いといて。
例のごとく日曜あさ入浴してから同伴参禪いたしました。 もはやウチのカノジョも常連さん、なり。
常連つっても、あの人いつも寝てるだけですが。 この日なんか、どうも隣の氣配おかしいので偸眼(まえ視たまま他を見る術)つかって観てみると、なんだか妖しげにユラユラと上体を前後させてた。
 いったいキミの坐禪は 昆布ダンス か、なんつって
こほん。 えーと、たまたま天氣わるいせいか参禪者すくなく、せいぜい20名ちょい程度だったです。
そのあと法話のち茶話なんだけど常連さんの一人に歳若く線の細い人いまして、この日、その彼が
 坐禪もいいが、いまやってることを大切にするように、そう周りからいわれてるんですが
どういたしましょう、どう思いますか、って和尚に訊いたんだな、彼。 私の向かい席が和尚で和尚の隣に、その教えてクンが座ってたわけ。 和尚さん無言モードです。 なんて答えるのかな~て秘かにタノは、わくわくしながら(耳をダンボにしながら)お茶のんでオヤツかみしめてました。
これすなわちデビルイヤーの術。 ヒトが惡いでしょ、けっこう私も ( ̄▽ ̄)v
そして無言つづける和尚へ重ねて彼が問うと、和尚は、あっさり
 ま、オヤツたべなはれ
のヒトコトで問答うち切りました。 うーん、あの絶妙きわまる拍子と間合には學ぶべきとこ一杯だと、さよう感服つかまつった次第です。 きっと私だったら うるさい、自分で考えろ だまって坐っとれ と返答してカド立てまくってたと思う。 四角い豆腐も切りようで丸いのじゃ。 じーほーさんしー。

参禪おえたら昼は廻転鮨(ひるは毎回カノジョのおごり)いって、そのあとレンタルV店いきました。
あー、またかよ、そう思われるだろうけど天候荒れ模様だったので遠出の他出は翌日として、とりもなおさず、とりあえず日曜よるは恒例の映画鑑賞タイムに、しといたです。 だって映画スキだし。
こんかい借りたのは しにがみのバラッド ドラマ全6巻と時代劇が一本でした。 なぜこんなに借りたかというと、それは店のキャンペーンで旧作一本各100円だったから。 なにしろ100円。
ありがたやキャンペーンの功徳。 かまえて見逃すわけには、まいりません。
(じーほーさんしー↓つづき)
(つづき)
それからオヤツ買って居酒屋デートして(とうぜん、よるとオヤツはタノのおごり)帰宅すると映画鑑賞タイムしたです。 バラッド5巻まで視聴すると、さすがにつかれて最終巻のこしたまま就寝しました。

翌月曜は、ひさびさに宇治を散策しちゃった。 たいして降らずに、しっとり風味のデートなり。
宇治といっても興聖寺の周辺だけでしたがカノジョご機嫌で、もう堪能いたしました。 まず福寿園の茶寮でゴージャスな昼食とって(カノジョのおごり、いちいち書いとかないと怒られる)つね日頃は粗食してる私の舌と胃袋へ豪勢きわまる供養タイムです。 ものすごく旨かった。 うれし涙こらえた。
涙こらえるのと喰うことに忙殺されてて、けっきょく豪華な食事画像の撮影は忘失してしまいました。
カノジョが 撮らないのか って訊いたんだけど ああ面倒くさいから喰ってからでいいや、皿だけ撮ってブログに載せるから そう答えといて、その皿すら撮影を失念しました。 なんだそれ。
よっぽど嬉しかったんだなあ、私。 お詫びといっちゃアレですが代わりに茶寮の窓から撮った鶴みたいなナンなのか、よくわからん鳥の画像↓を掲載しときます。 焼き物工房の屋根の上。
正体不明の鳥
食事後は茶寮内に設けられた工房とか三畳の茶室とか見學したあと興聖寺へ向かいました。
この寺の画像は一応あるんですが、いかんせん昨年のものだから、ここでの掲載やめときます。

カノジョと興聖寺くるのは二度目でして、いつもながらヒト氣すくない。 ま、観光地じゃなく道場だもんね、あちらは。 道場だといいつつ禪味のカケラもない貴族趣味な禪寺とは風格が違ってますから。
開山堂に入ると、たまたま堂内のお世話してる宗侶さんいらして、この人が話し好きで、かなり長々と話し込んだです。 山内の坐禪会についても、いろいろ教わったし、また例の似非佛道映画についてもトーク盛りあがっちゃった。 けど、ほんとに話し好きな宗侶さんだったなあ。 カノジョも質問するし(とにかく質問ずきな人だから)より一層トーク長引いた感じ。

お寺あとにして、ふたたび福寿園にまいりました。
おいおい、また喰うのかよ、いくら嬉しかったからって…ではなく(あたり前じゃん)こんどは茶を購入するため、なのだ。 なにしろ、ここ宇治の福寿園が世に出してる茶はサイコーなんです。
どのくらいのサイコー具合かといいますと、もはや筆舌には盡くしがたいサイコーぶり。 日本茶といえば福寿園、そして福寿園といえば日本茶、福寿園の前に福寿園なく福寿園の後に福寿園なし。
どうだ、まいったか。
まいったか、つっても別だん私の手柄でもナンでもナッシングですが途轍もない旨さであります。
ところで 福寿園 って何回いいましたっけ。 そんなことは、どうでもいいけど。
この店でカノジョは私にゴールド玄米茶を買ってくれたです。 カノジョもサイコー。 これ書いとかないと、あとが怖い。 サイコーな福寿園の茶をサイコーのカノジョがタノに布施してくれました。
…なんだか一所懸命かいて、ちょっとだけ、つかれた。

あと駅までの帰り道で、客みづから茶を点てる(よこで専門コーチつく)茶店に立ちよったです。
この店もカノジョのおごりであったことは、いうまでもございません。 もう、いいかこれは。
まず抹茶を点てて菓子いただいて茶を喫し、それから煎茶を淹れて、また一服。
点前コース
あやや、皿のみの画像↑ですが、なんとか撮影だけは失念しなかった。 叱らないでください。
茶も旨いけど菓子チョコが滅法デリーシャスでした。 お代わりしたかった感じ。

いったん帰宅してカノジョの所用で再度外出し、よるは近場の居酒屋デートつかまつりました。
そしてウチへ戻ってから、あらためてドラマつづきを視聴しました。 しにがみのバラッド(ТV版)これ、きわめて非常に勝れた作品だと思う。 はっきり申して掛値なしの値打もん。 しかしながら、もうかなり長文エントリの記事になってるので作品ご紹介は、また次回と、いたします。
連休たのしかったな~。 とはいえ親爺からシツコクTelあって(他人のカノジョにまで執拗)それだけが艶消しだった、やれやれ。
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://lovedeluxe.blog9.fc2.com/tb.php/1280-fdc960cc

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

タノQ

  • Author:タノQ
  • since 2005.05
    まあ…あれですな
    皮膚呼吸って奴?
    ハハハ( ̄▽ ̄)v

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。