Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://lovedeluxe.blog9.fc2.com/tb.php/1273-807ec86b

トラックバック

コメント

[C2454] ポニョですが・・・

「ポニョ」は桃子にせがまれて、映画館に連れて行きました。
桃子は上映中にカルピスを飲みまくるので、何度も何度もおしっこに連れて行かなければならず、途中の大事な部分を見逃している可能性が高いのですが・・・
どうしても分からないのは、あの海に、なんで古代の魚が泳いでいたのか・・・。
「なんで」と突っ込んでいいところなのかどうかも、分からないんですけど、なんでなんでしょう??
やっぱり全編ちゃんと見ないとダメですね。

[C2455] あれ(古代魚の出現)は

なぜなんだ とはカノジョも私に訊いたことです。
あれの所以を劇中とくに説明するようなシーンなかったですが宮崎作品に全般と感じる傾向や前後の脈絡(ポニョのチカラの發動と同時)を羅籠してみますと、おそらくポニョの神通を原初とか原始的な何か、に象徴させるためのエキストラみたいなもんだった、そんな風に解釈は可能だと推察します。
  • 2009-07-08 21:37
  • タノQ
  • URL
  • 編集

[C2456] ざぜんでーとの功徳

お通夜、あいやおやつ作戦でまたまた連泊が釣れてよかったですね。^^
あやうくおいらが釣られてしまうところでした。^^;
それにしても「安めぐ」に目、ほほ、口のあたりが似てますね!
魔女だなんて言ってますが、ざぜんでーとの効果はあらわれてきてますか?
観音様、天女に姿を変える日も近い?^^
  • 2009-07-09 13:50
  • 無念者
  • URL
  • 編集

[C2457] 有問有答 屎尿狼藉

無問無答 雷霆霹靂
つまり、もうチョッと考えてコメントして下さい。 他ブログ様でも指摘されてたでしょ。
  • 2009-07-10 00:08
  • タノQ
  • URL
  • 編集

[C2458] 平にご容赦

あ、失礼な発言でした。
不適切な、不用意な意味のない・・・でした。
坐ってるカノジョさんはすでに観音様でした。
わかっていますよ、とっくに。
カノジョ方さまともどもに平にご容赦をねがいます。
ご注意ありがとうございました。
合掌
  • 2009-07-10 10:01
  • 無念者
  • URL
  • 編集

[C2459] うーん ( ̄▽ ̄;

いささかピントずれてるような氣配が…。
ていうかウチのカノジョが観世音だったらタノなんか瞿曇か弥勒になっちゃうよ。
なんつって。
  • 2009-07-10 21:54
  • タノQ
  • URL
  • 編集

[C2460] 毘沙門天か摩利支天

いえ、タノさんはすでにわたくし目からみると毘沙門天か摩利支天に見えますです。
それと瞿曇って、クドンと読み、おしゃかさんのことだったんですね。
初めて知りました。
合掌
  • 2009-07-11 19:45
  • 無念者
  • URL
  • 編集

[C2461] それはともかく

無念者さん貴ブログあらされてますよ~。
  • 2009-07-17 19:15
  • タノQ
  • URL
  • 編集

[C2462] >それはともかく

嵐、あいや荒しの指摘ありがとう。
やっと消すことができました。
たまにいたずらカキコがされて困ってます。^^;
許可制になってなくて・・・
  • 2009-07-18 09:11
  • 無念者
  • URL
  • 編集

[C2463] 無問無答

>いささかピントずれてるような氣配が…。
そうでした。よそ様のブログで指摘されたのと同じになるのですね。
法を聞くこと、確認する意味で、お聞きするつもりでコメントしたつもりでしたが・・・。
  • 2009-07-18 09:22
  • 無念者
  • URL
  • 編集

[C2464] 逐物為己逐己為物の未休

お聞きになって確めてるだけじゃ學道にならんですよ、ましてや私はイチ在家なんだし提唱する柄などでは一切ないんですから。 法は心の中だけに在るんじゃなく本の中が全てでもなく見えて聞こえてる代もんの上辺にもなくって実践と体験の中から見て聴いて確かめて参學参究辧道して、くり返して得るもんです。
  • 2009-07-18 18:39
  • タノQ
  • URL
  • 編集

[C2465] 剣術もそうではないでしょうか?

>私はイチ在家・・・
いやー、実に謙虚な態度ですね。
それはわかった上で、私の少しばかりの実践の経験から、皆様方の考えと合致してるかお聞きしただけでしたのに・・・。
剣術もそうではないでしょうか?
つまり、信念を持って切り込まないと・・・。
正邪は二の次、負けてわかるといおうか、改めるといおうか・・・。
ですから、つい断定的になった、これが訳知り顔な態度になったかも、と釈明させてください。^^
つまり、自分の現在の法を述べてしまったのでしょう。
自灯明、法灯明を実践しているつもりなのですがね。^^
  • 2009-07-18 22:21
  • 無念者
  • URL
  • 編集

[C2466] 劔法もそうですよ

別だん謙虚ではなく在家は在家でして劔法に於いてもイチ修行者としての立場を
http://lovedeluxe.blog9.fc2.com/blog-entry-733.html
でエントリしてますし、また修行の心得としては
http://lovedeluxe.blog9.fc2.com/blog-entry-744.html
http://lovedeluxe.blog9.fc2.com/blog-entry-778.html#more
にエントリした通りでして劔法も佛道も何ら変わるところ、ありません。
あくまで修證一等であって、なおかつ私は佛道に於けるイチ在家、劔法に於けるイチ修行者です。
上記entry-744.htmlおよびentry-778.html#moreよみ返された上で、さらにコメント1571ご再読ください。
ここまで申上げれば充分かと思いますが、さらに申すなら、たとえ私が師家や宗匠であったとしても、なにかコトバで説明すればしたで、それはただの説明であって法そのものでは、ないのです。
答えあわせするみたく他者のコトバで確認などしたところで、それはただの作業であり修證じゃない。 貴兄の代わりは誰にも私も、できないし地図みただけで旅へ出たことにはならんように本とかコトバで道に達するような人は、いません。
コトバで斬りむすぶ劔法なんかないしコトバで坐る坐禪もないです。 だまって坐るだけ。
  • 2009-07-21 19:29
  • タノQ
  • URL
  • 編集

[C2467] >修證一等

>修證一等・・・
>コトバで説明すればしたで、それはただの説明であって法そのものでは、ない・・・
おっしゃるとおりでごもっともです。それはわかっているつもりです。
坐禅を始めて近年はさぼりぎみではあるものの30年になるので、「禅の友」といった意味で心境といおうか、法が合致してるかをお聞きしたかっただけなのですが・・・。
先週末に2ヶ月ぶりに金沢市大乗寺へ2柱坐ってきました。
合掌
  • 2009-07-21 23:57
  • 無念者
  • URL
  • 編集

[C2468] 良久云 了

んー、まー私に貴兄への説明責任がないように、貴兄も私に対して弁明なさる義務ないです。
私が貴兄の期待通りにならんからといって別だん貴兄が動著なさる必然も、ない。
それと、いうまでもないことですが禪歴とか久修練行ぶりを私へ示されるには及びません。
いつどこで誰であれ坐るたんびに毎回が初心晩生、それが祗管である、と思います。
なんつって。 あー、またいつか大乘寺いきたい。
  • 2009-07-22 19:00
  • タノQ
  • URL
  • 編集

[C2469] 大乘寺は仁王像も修復

これまたおっしゃるとおりであることは重々わかってはおります。
つい、禅に対して諸兄はどのような心境といおうか、考え、境地を語りたいと・・・・。
ですが、どうもかみ合わない面もあるようで・・。^^
ところで、大乘寺は板橋老師時代に山門も仏殿も瓦葺きからこけら板葺きになど大改修されましたが、ご覧になりましたか?
また最近、仁王像も修復され、きれいに甦りましたよ!
  • 2009-07-24 22:40
  • 無念者
  • URL
  • 編集

[C2470] やれやれ。

> 重々わかってはおります。
> どうもかみ合わない面もあるようで・・
↑つまり咬みあわん、ていうことを解っていただけるよう、ずっと返コメ申上げてたんですが私は。
あんまりビシバシ指摘するのは可哀想だとカノジョがいうし私自身も趣味じゃないので、できるだけ相手さし上げてたけど、もういいでしょ。 ほかの閲覧者さんらが異様に感じてるとしたら心苦しいし。
この人についてはコメントも閲覧も禁止いたしました。 充分すぎるほど対応したつもり、です。
  • 2009-07-24 23:32
  • タノQ
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

お前はもうポニョポニョしている

耳の徹りよくなったせいか樋音ビュンビュン☆聴こえて素振りヤタラと巧くなった氣がするです。
ま、氣のせいだろうけど。
しかし右手の親指しびれたまんまでして、このしびれ具合はというと酒の後遺症である左手ひと差指のシビレ加減と同じくらい…いや、もっと明瞭な感じ、するんだな。 やれやれ、着実に断酒つづけてるってのに。 ちぇっ、もう若くないんだから、いたし方ないのか、これ。 いわゆる諸法無常ですな。

そうゆう無常トークは置いといて土日デートの話し。
すっかり御馴染味な怒涛の営業メールでデート勧誘の攻勢を、かけにかけまくった私、めでたく今回も土日のカノジョ連泊をゲットつかまつりました。 それもこれも一切が皆これ日頃おいしいオヤツの企画開發製造販売に携わる方々の精勤と、そのオヤツの魅力に便乘する私の努力の精華なり。
ありがたやオヤツの功徳。 むじょーおじんじん……
こほん ( ̄▽ ̄; そんな次第でカノジョ來訪してくれたですが、あいにくな天候だったので遠方への他出は諦念して ああ、またかよ な感じですが日曜参禪後は映画鑑賞いたしました。 あちょー。

だって前回デートではバーゲンセールでカノジョ散財したし、そのとき購入してた衣装をカノジョ着て來てくれてたし、なので、また他出して買いもんとか散財させたり雨で衣装よごさせたり、したくなかったんだもん。 ま、おもな理由は私が映画みたかった、だけですが。 店に ポニョ でてたからね。
なにしろ宮崎駿作品は私ども二人の大好物なのだ。 どのくらい大好物かと申しますなら、たとえばカノジョは衣装やオヤツやファッションや菓子やドレスや間食の次に、そして私タノはカノジョや武道や佛道や古文書や小説やマンガの次に、位置させるくらい。 ん? わりと順位ひくいじゃん。

こまかい話しも置いといて。
さて 崖の上のポニョ まず鑑賞してみた感想リポートなり。 またワード検索で無駄にアクセスふえるか知らんが、とりあえず紹介してみます。 直指端的にいえば借りて損しないけど得もしない、いわば可もなく不可もなく、ってとこ。 いかにも宮崎作品らしいキャラの品ぞろえ配置とストーリ展開でして、とくに何か申上げるべき箇処ないです。 とり立てていうなら私これ今晩中に返却しなきゃ延滞金はらわなきゃならず、のんびりブログ更新してる場合じゃない、そんな印象かな。
しいて作品について特徴あげますと、うーん、つまりRPGゲームみたいな映画でした。
以上ご紹介エントリおわり。
デート報告としては、もっと喰いもん画像アップしてブログもり上げたいと思いますが、いかんせん常に撮影を失念してるのでアップかないません、けっこう残念無念に感じてます。 なんつって。
おわびの記しといっちゃナンだけど久々にカノジョ画像だけ掲載しときます。
(画像↓つづき)
(つづき)
バッタめぐ
この↑かわいい衣装みたてたのは誰あろう私なんだぞ。
 えっへん ( ̄へ ̄)v
いや…じつは、たんにマヌカンが着てたのを上から下まで私が指定しただけ。 うひー。
おっと、はやくレンタルDVD返却しなきゃ。
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://lovedeluxe.blog9.fc2.com/tb.php/1273-807ec86b

トラックバック

コメント

[C2454] ポニョですが・・・

「ポニョ」は桃子にせがまれて、映画館に連れて行きました。
桃子は上映中にカルピスを飲みまくるので、何度も何度もおしっこに連れて行かなければならず、途中の大事な部分を見逃している可能性が高いのですが・・・
どうしても分からないのは、あの海に、なんで古代の魚が泳いでいたのか・・・。
「なんで」と突っ込んでいいところなのかどうかも、分からないんですけど、なんでなんでしょう??
やっぱり全編ちゃんと見ないとダメですね。

[C2455] あれ(古代魚の出現)は

なぜなんだ とはカノジョも私に訊いたことです。
あれの所以を劇中とくに説明するようなシーンなかったですが宮崎作品に全般と感じる傾向や前後の脈絡(ポニョのチカラの發動と同時)を羅籠してみますと、おそらくポニョの神通を原初とか原始的な何か、に象徴させるためのエキストラみたいなもんだった、そんな風に解釈は可能だと推察します。
  • 2009-07-08 21:37
  • タノQ
  • URL
  • 編集

[C2456] ざぜんでーとの功徳

お通夜、あいやおやつ作戦でまたまた連泊が釣れてよかったですね。^^
あやうくおいらが釣られてしまうところでした。^^;
それにしても「安めぐ」に目、ほほ、口のあたりが似てますね!
魔女だなんて言ってますが、ざぜんでーとの効果はあらわれてきてますか?
観音様、天女に姿を変える日も近い?^^
  • 2009-07-09 13:50
  • 無念者
  • URL
  • 編集

[C2457] 有問有答 屎尿狼藉

無問無答 雷霆霹靂
つまり、もうチョッと考えてコメントして下さい。 他ブログ様でも指摘されてたでしょ。
  • 2009-07-10 00:08
  • タノQ
  • URL
  • 編集

[C2458] 平にご容赦

あ、失礼な発言でした。
不適切な、不用意な意味のない・・・でした。
坐ってるカノジョさんはすでに観音様でした。
わかっていますよ、とっくに。
カノジョ方さまともどもに平にご容赦をねがいます。
ご注意ありがとうございました。
合掌
  • 2009-07-10 10:01
  • 無念者
  • URL
  • 編集

[C2459] うーん ( ̄▽ ̄;

いささかピントずれてるような氣配が…。
ていうかウチのカノジョが観世音だったらタノなんか瞿曇か弥勒になっちゃうよ。
なんつって。
  • 2009-07-10 21:54
  • タノQ
  • URL
  • 編集

[C2460] 毘沙門天か摩利支天

いえ、タノさんはすでにわたくし目からみると毘沙門天か摩利支天に見えますです。
それと瞿曇って、クドンと読み、おしゃかさんのことだったんですね。
初めて知りました。
合掌
  • 2009-07-11 19:45
  • 無念者
  • URL
  • 編集

[C2461] それはともかく

無念者さん貴ブログあらされてますよ~。
  • 2009-07-17 19:15
  • タノQ
  • URL
  • 編集

[C2462] >それはともかく

嵐、あいや荒しの指摘ありがとう。
やっと消すことができました。
たまにいたずらカキコがされて困ってます。^^;
許可制になってなくて・・・
  • 2009-07-18 09:11
  • 無念者
  • URL
  • 編集

[C2463] 無問無答

>いささかピントずれてるような氣配が…。
そうでした。よそ様のブログで指摘されたのと同じになるのですね。
法を聞くこと、確認する意味で、お聞きするつもりでコメントしたつもりでしたが・・・。
  • 2009-07-18 09:22
  • 無念者
  • URL
  • 編集

[C2464] 逐物為己逐己為物の未休

お聞きになって確めてるだけじゃ學道にならんですよ、ましてや私はイチ在家なんだし提唱する柄などでは一切ないんですから。 法は心の中だけに在るんじゃなく本の中が全てでもなく見えて聞こえてる代もんの上辺にもなくって実践と体験の中から見て聴いて確かめて参學参究辧道して、くり返して得るもんです。
  • 2009-07-18 18:39
  • タノQ
  • URL
  • 編集

[C2465] 剣術もそうではないでしょうか?

>私はイチ在家・・・
いやー、実に謙虚な態度ですね。
それはわかった上で、私の少しばかりの実践の経験から、皆様方の考えと合致してるかお聞きしただけでしたのに・・・。
剣術もそうではないでしょうか?
つまり、信念を持って切り込まないと・・・。
正邪は二の次、負けてわかるといおうか、改めるといおうか・・・。
ですから、つい断定的になった、これが訳知り顔な態度になったかも、と釈明させてください。^^
つまり、自分の現在の法を述べてしまったのでしょう。
自灯明、法灯明を実践しているつもりなのですがね。^^
  • 2009-07-18 22:21
  • 無念者
  • URL
  • 編集

[C2466] 劔法もそうですよ

別だん謙虚ではなく在家は在家でして劔法に於いてもイチ修行者としての立場を
http://lovedeluxe.blog9.fc2.com/blog-entry-733.html
でエントリしてますし、また修行の心得としては
http://lovedeluxe.blog9.fc2.com/blog-entry-744.html
http://lovedeluxe.blog9.fc2.com/blog-entry-778.html#more
にエントリした通りでして劔法も佛道も何ら変わるところ、ありません。
あくまで修證一等であって、なおかつ私は佛道に於けるイチ在家、劔法に於けるイチ修行者です。
上記entry-744.htmlおよびentry-778.html#moreよみ返された上で、さらにコメント1571ご再読ください。
ここまで申上げれば充分かと思いますが、さらに申すなら、たとえ私が師家や宗匠であったとしても、なにかコトバで説明すればしたで、それはただの説明であって法そのものでは、ないのです。
答えあわせするみたく他者のコトバで確認などしたところで、それはただの作業であり修證じゃない。 貴兄の代わりは誰にも私も、できないし地図みただけで旅へ出たことにはならんように本とかコトバで道に達するような人は、いません。
コトバで斬りむすぶ劔法なんかないしコトバで坐る坐禪もないです。 だまって坐るだけ。
  • 2009-07-21 19:29
  • タノQ
  • URL
  • 編集

[C2467] >修證一等

>修證一等・・・
>コトバで説明すればしたで、それはただの説明であって法そのものでは、ない・・・
おっしゃるとおりでごもっともです。それはわかっているつもりです。
坐禅を始めて近年はさぼりぎみではあるものの30年になるので、「禅の友」といった意味で心境といおうか、法が合致してるかをお聞きしたかっただけなのですが・・・。
先週末に2ヶ月ぶりに金沢市大乗寺へ2柱坐ってきました。
合掌
  • 2009-07-21 23:57
  • 無念者
  • URL
  • 編集

[C2468] 良久云 了

んー、まー私に貴兄への説明責任がないように、貴兄も私に対して弁明なさる義務ないです。
私が貴兄の期待通りにならんからといって別だん貴兄が動著なさる必然も、ない。
それと、いうまでもないことですが禪歴とか久修練行ぶりを私へ示されるには及びません。
いつどこで誰であれ坐るたんびに毎回が初心晩生、それが祗管である、と思います。
なんつって。 あー、またいつか大乘寺いきたい。
  • 2009-07-22 19:00
  • タノQ
  • URL
  • 編集

[C2469] 大乘寺は仁王像も修復

これまたおっしゃるとおりであることは重々わかってはおります。
つい、禅に対して諸兄はどのような心境といおうか、考え、境地を語りたいと・・・・。
ですが、どうもかみ合わない面もあるようで・・。^^
ところで、大乘寺は板橋老師時代に山門も仏殿も瓦葺きからこけら板葺きになど大改修されましたが、ご覧になりましたか?
また最近、仁王像も修復され、きれいに甦りましたよ!
  • 2009-07-24 22:40
  • 無念者
  • URL
  • 編集

[C2470] やれやれ。

> 重々わかってはおります。
> どうもかみ合わない面もあるようで・・
↑つまり咬みあわん、ていうことを解っていただけるよう、ずっと返コメ申上げてたんですが私は。
あんまりビシバシ指摘するのは可哀想だとカノジョがいうし私自身も趣味じゃないので、できるだけ相手さし上げてたけど、もういいでしょ。 ほかの閲覧者さんらが異様に感じてるとしたら心苦しいし。
この人についてはコメントも閲覧も禁止いたしました。 充分すぎるほど対応したつもり、です。
  • 2009-07-24 23:32
  • タノQ
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

タノQ

  • Author:タノQ
  • since 2005.05
    まあ…あれですな
    皮膚呼吸って奴?
    ハハハ( ̄▽ ̄)v

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。