Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://lovedeluxe.blog9.fc2.com/tb.php/1232-decc8bcf

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

お前はもう一刀両段

兵法家傳書に、いわく 兵法の佛法に適ひ禪に通する事多 と。
劔禪の両道を参學してみますと初心晩學ではありながらも、よくよく実感できるコトバです。
ほんま流石やで……いや私じゃなくって家傳書かいた人が。

この活人を説いてる劔法書には(↓現代口語訳)諸道の極意向上として、いわく
 學は門である、門をみて家だと思ってはならない、家は門の奥である
 文をよんで道と思ってはならない、文は門であり道は家である
そう、かいてます。 まるで禪書よんでるみたいでしょ、とても解りやすい。
これ禪に申すところの 修證一等、身心一如 です。 ようするに実践と体験、肉体と精神が必ずワンセットであり他人さまのコトバかいたもんみて解ったつもりになってたら勘違いだと、そういう感じ。 劔法書よんだだけで達人になる人いないように、禪また諸々の道もまた然り。
とくに劔禪の通じてるとこは居着(執著)を忌み嫌い、また同じくらい動著(惑迷)を不心得として、二見(二元論)を除き、そして自由自在を尊ぶとこ、そして諸事諸道に通じるとこです。

もってる劔、つまり手の働きを 捧心 こころをささげる処。
手へ捧げる心を置いてあるとこ、これを 西江水 おもに腰廻りですが下半身ネタじゃなくて、腹で考える、おちつくこと。
互いの距離や場処を 水月 これは水に映る月の姿、ようするに変化します。
働きかける時を 拍子 て呼びます。 いわゆるリズム、タイミングのこと。
ほかにも懸待(心が攻めのとき身体は待つ、心が待つとき身体は攻め)とか平常心(動著しない)とか綾(あや…誘い、様子見)とか手裏劔(相手の心の働きと自分のとが交差)とか一去(迷いをすてる)とか放心(とらわれないこと)とか、いろいろ。
なかなか面白い↑でしょ、これみな兵法家傳書に用いられてるコトバです。 この真訣、じっさい稽古してみれば(即会得は別として)体感できますし、やはり諸事諸道に通じるです。

兵法家傳書よんでると神通についても示されてますが、まるで正法眼藏にあるのと同様なのだ。
正法眼藏 神通の巻よんで著したかのような印象だけど正法眼藏が宗門外の人らへ流通する(元禄)以前に家傳書の著者、柳生但馬守宗矩は(正保)亡くなってます。
(劔禪トーク↓つづき)
(つづき)
神通つってもオカルトじゃないです。 オカルトかんぺい、なら忠臣蔵の話し。
正法眼藏に説かれてる神通も兵法家傳書に示されてるそれも、彼我の二見を超えて臨機應変の自由自在、何ものにも執著せず影響もされない働き、これです。

生禪やら野狐禪やって一所懸命な人、または文よむのに一所懸命で門を家だと思ってる人、そういう人らは自分のやってることがスベテだと勘違いしてるから、とうぜん劔と禪が似てるもナンにも体験せず実践が伴なってない、なのに知ったかぶりの得意ヅラでプロペラ廻してるだけ。 ま、憐れといえば哀れなもんですが本人さんの責任であって別だん誰か他の人の責任じゃない。

劔法やってる人の中には古文の翻訳まことに達者ではあるが禪をちっともわかってない、そんなもったいない人がいる。 禪が説く身心一如を単純な心身一元論と同一視してるとこです。 氏の理屈じゃ懸待は心身の逆対応だから坐禪とは異なるんだ、ていうことですが、禪が一元だの二元だのを大変きらうことは兵法家傳書にもかかれてる。
坐禪こそ彼のいう 心身の逆対応 ですもん。
禪を、身心一如を、そんな心身一元論だと思って坐ってる人いたら、いささか以上に痛い感じ。 某・大拙氏もそうだけど禪を(武道も)弁証法みたいなので解こうとしたって無理あると思う。
禪やってる人だって坐禪を瞑想集中だと公言して、はばからないのが宗門の機関誌へ投稿してますが、そりゃ迷走シューチューやないか。 坐禪を天台の止観と混同してちゃ門外漢でしょ。

ずいぶん辛クチで、すいません。 思ってることを隠しだてしないせいで、しょっちゅうカノジョから叱られてます。 カノジョ相手にも隠しだて出来ませんが、怖いから壁にむかって申します。
えー、こほん…退院して以降は以前によんでた正法眼藏の全巻を現代口語訳する、これライフのワークに、してるのだ。 きょうは私訳を紹介つかまつらないので、これ以上の長文を心配しないで下さい、ハハハ。
まえにエントリ記事で、かいたことある通り禪書は直訳に限ります。 意訳は誤訳の元になり独自解釈を生むし現行の刊行に、その前例いっぱい、ある。 けど禪書とくに正法眼藏は、おなじ語句を次に違う意味で遣ったり用いたり、ならべたり接続したり、もう常識では手におえない、そういうとこが、まさに正法眼藏です。 たとえば 説法於説法するは とか 説法は法説 とか。 あるいは瓦を研磨する作業について修行の喩えとしたり徒労として紹介したり。 しかし馴染んでくると味わいが病みつきに、なってくるから摩訶不可思議、これぞ坐禪参學の功徳かも。
あー、だいぶ話し長くなっちゃいました、すいません。
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://lovedeluxe.blog9.fc2.com/tb.php/1232-decc8bcf

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

タノQ

  • Author:タノQ
  • since 2005.05
    まあ…あれですな
    皮膚呼吸って奴?
    ハハハ( ̄▽ ̄)v

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。