Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

[C3083]

私はジローエモンさんは鬼のような職人さんだったと思います。
それこそ、毛ほどの太刀筋の狂いも見逃さず、稽古で弟子がしくじるたびに、
死ぬほど殴りつけてホントに死んじゃったりとか(^^;
すごく理屈っぽくてへそ曲がりなのは間違いない!
  • 2015-03-16 12:01
  • 猫左
  • URL
  • 編集

[C3084] Re:

おおー。 直系の法孫からコメントいただけたー☆
でも、いっしゅん、れいのイタリア人タレントの話しかと思ったですよ ( ̄▽ ̄;

ほぼ鬼みたいな感じだったでしょうが、むしろ理屈ぬきの指導のみで、
 みておぼえろ カラダでおぼえろ 技はぬすむもんだ
それしか弟子にいわんタイプを、わたしは想像いたします。
  • 2015-03-17 21:41
  • タノQ
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

お前はもう刻舟求劍

サンカンシオン ていうコトバが、あるですな。 山間紫苑でも參觀師恩でも三卷四音でもなくて、
 三寒四温
であります。 このところ三寒四温シーズンで、こう冷えこんじゃったり、また氣候ゆるんでみたり。 いろいろ忙しい、わづらわしい、なんだか鼻やら眼玉だのがムズムズとムズり込むわ着るもんのチョイスに困りはてるわ、いや困るほど衣装もってやしないけど厚着して汗かいたり薄着すれば背中まるまってトボトボ歩きで、たまったもんじゃあ、ございません。 ていうか、たまりまへん。
つい先日さむいから、つって厚着してて、そのまんま重たいもんを運んで汗かいて、それから外でてカラダひえて、あげく中に入って暖房きいた室内でチマチマねちねち作業して、もう暑い、つって脱いで半袖になり、のち歸宅しようと外でるのに厚着して電車のったら暖房きいてて、なにやら受難タイムを心ゆくまで味わったし。 ええ加減にせえよ、ほんま化けて出まっせ、わたし。

などと情緒ゆたかに時候トークすませた感じで以下よだん。
ひごろ暑さ寒さも彼岸まで、とか三寒四温とかクチにしとるせいで、みためよりか歳寄りクサイなんて評されるタノQですが、じっさい歳寄りなのだ、ほっとけ。 はばかりながら、かれこれ半世紀は生きておる。 半世紀つったらアナタ、あつさサムサやヒガンくらい、いう歳なんです。 なにがわるい。
しかし、この歳になるといいますと、いっさい女子から問われなくなるんだな、よくわからん質疑を。 たとえば、いわく
 きみは猫派? 犬派?
つって猫派も犬系も鳥も魚も虫も、ないし。 いちおう、わたし人間に所属してるし。 つまるところが、これ犬猫いづれを好きかで、わたしというナニをおし量るアレにしたいらしい。 で、どっちもスキです、そう正直に返答つかまつるとですな、いわく
 アタシは猫派っ
つって、ひとの話しを聴いてやしない。 いったい猫派に、なにか特典でもあるのか。 あるとしても、いちいち自慢すな。 それとも犬派(あるのか、そんな派閥もしくは勢力が)に、うらみでもあるのか。
(どういう事情が、ありますねん↓つづく)
(つづき)
猫派犬派の質問以外で、よくわからん質疑パターンには、たとえばいわく
 どんなひとがタイプ?
てのが、ある。 こういう質問うけなくなって、なん年の月日が經過したことであろう。 すこし泣ける。 半世紀たてば、もはや異性として認識される對象外であり、とうてい視界のスミッコにすらさえ置いてもらえない埒外エリアな存在に、なりはてておるのでありましょうか。 なみだドバー ( ̄▽ ̄;
…こほん。 落ちつけ、わたし。
えーと、どんなひとがタイプつっても、それ訊いてる女子は別だん、こちらにハートときめいてる訳では、ありま温泉。 たんなるマーケティングとでもいいましょうか、ようするに返ってきた答えと自身とを比較こいて、いわば自己の性的価値を推量する材料に供したい、それだけ。 んで返ってきた答えが自身とカケハナレてた場合どうかというと、なぜか不快がるです。 よもや、まさかの
 嫉妬心キター ( ̄□ ̄;
でござる。 まさしく女子ていうのは不可解でして、なんら興味ない相手でも異性には獨占欲が働くし、たとえ假想のタイプ像であれ同性方面へは對抗心をいだくんだな。 おなご、というのは、みんな不思議の國のアリスじゃよ。 ホッホッホ。

なんつって。
おそらくは女性閲覧者さんらの七割くらいから不興をかった段階で以下さらに脱線です。 ちなみに、わたし個人的なタイプについてだけど知るひとは知っとる風味の、れいのタイプなり。 どうでもいい話しですがCOBRAていうコミックスに登場するような、たとえば
cobra01.jpg
こんなん↑とか、
cobra02.jpg
こんなん↑とか、
cobra03.jpg
こんなん↑とか、
cobra04.jpg
こんなん↑とか、
cobra05.jpg
こんなん↑とか、
cobra06.jpg
こんなん↑とか、
cobra07.jpg
こんなん…もう、いいか。 充分だし、やれやれ。

このみのタイプていうか、ごくたまに歴史上の人物だれがスキデスカーなんて質問も、ありますな。 たぶん、ごく素朴な共感や屈託なき知的好奇心もとめての問いでしょうけど、あったことも視たこともナッシュビルなひとを、このむか好まんのか評価づけて答えにくいのみならず、どんどんエントリ記事が脱線トークしてくばかりじゃん。 答えづらい質疑にも操縱の困難な更新作業にも、わたし困惑するばかり。 いや操縱むつかしいからブログ更新サボり氣味なんですが、それはさておき。
あのですな。 歴史上の人物評価ていうものは、その評価を示した話者の思想信條あらわす要素のひとつでして、すなわち歴史上の人物だれがスキデスカー的な質問は、あるていど以上に親しいひと相手でなければ禮儀として避けたほうが無難です。 じっさい、わたしのスキなのは釋尊と道元さまと大塩平八郎と内山愚童師なり、つって返答もうし上げれば、たしょう歴史にあかるいひとなら
 ああ 宗教やってるんだな
 しかもアカだ
みたいな↑バイアスあたえてしまうかも。 いちがいにバイアスでもないが。

さて脱線ついでに
歴史上の人物だれがスキ方面の例示で上掲した釋尊だけが外國人で、かつ歴史上の、ていうよりは思想史上の人物として、さらに現代にいたるまで教祖としても息づいてる、そういう存在であります。 伊達正宗や坂本竜馬etcとは、ちと違う。 おまけに彼には、あまたの弟子があり、そのまた弟子が、その弟子が、つって連綿と系譜あって、そういうとこが武道の祖師方と、あるいみ通づるでしょ。
さいごに武道佛道系で史上の人物だれがスキ方面を呈示してみたい。 まず佛道で

 阿難
漢訳して阿難あるいは阿難陀。 師の存命中は側近をつとめた釋尊の從弟アーナンダです。 彼は師から離反して別派をたてたデーヴァダッタ(提婆達多)の兄弟だったらしい。 いろいろ肩身せまい思いしたかも。 それに彼は慈愛ふかい性質のうえ美形だったため、まわりから誤解うけやすい位置にいたような。
たとえば女性信徒の受け容れに理解的だった阿難は逆に拒絶的な兄弟子(摩訶迦葉)と對立したりして損な役まわりだった印象風景です。 師が死去したさいには大泣きこいて、さらに周囲から、あなどられたとか。

 周利槃特
チューダパンタカの漢訳名で、この彼は知的障害者だったらしく熱心な弟子なのに釈尊の説法をまるでひとつも記憶することができず思いあまって不憫に感じた兄弟子らから還俗させられるところを師の釈尊が、
 キミは、このホウキをもって、お掃除してなさい ( ̄ω ̄)
そう命じられ、ひたすら日ゝ掃除かまして、ついに 塵は掃かなければ溜まる ひとのこころのごとく と智慧をひらいて信徒たちから尊敬をえる長老のひとりとなった、そんなひと。

 那伽犀那
那先あるいは那伽犀那と漢訳されるナーガセーナは釋尊の直弟子ではなく沒後なん世代も時代がのちの佛家。 インド北東部に侵出してきたギリシャ人の植民地支配者と對論し古代ギリシャ哲学に精通する支配層を理論で納得させて後世に名を遺す。 我國よりも海外で著名みたい。

ところでウチのカノジョお氣にいりの佛弟子といえば
 賓頭盧
寺の法堂か僧堂まえに安置されてる びんずる ビンドラの漢訳名です。 なぜ彼の像が堂前に位置するのか、そのエピソードは以前に紹介エントリ濟ですが、もっぺん申しあげとくと、
ビンドラは釋尊門下で諸法に通じぬけ自在であった あるとき、ある成金が高い竿先に金塊をつけ、
 これを獲れたものには、そのままあげる
つって、それで自在神通のビンドラは地面から高い竿先の金塊を ひょい と獲ったです、が…
その衝撃的すぎる現場を、たまたま目撃こいた通りすがりの妊婦が流産したです
さすがに師の釋尊も呆れはてて彼に
 もう、おまえは黙って坐っとれ
つって叱りつけ、それで彼は堂前に、いまも坐像してるという、そういうひと。

だれもかもがキャラ立ちしてて濃いざんすな。 だれがスキ方面かを問われるさい、けっきょくキャラは重要です。 そのてん我國の武道方面では、みなさん控えめ。 おもい切ったヤンチャをしでかし存續の危機むかえるとか、まわりの蔑視を革新してのけるとか、そういう風景うすいかも。
まー、とう然ですわな、いまはともかく江戸時代までの武道家すなわち軍人さんだし。 とかいいつつオモロイひとは、いたんです。

 小野忠明
傳説の名人伊藤一刀齊の後継者であり徳川政権發足時公認の劍術マスターつまり戰國期日本の内戰テロばりばり時代に危機管理プロ中のプロとして公式認定された専門家です。 同時期に認定をされたプロには柳生宗矩がある、そんくらい第一人者。 なのに戰場から城に歸着しても首ひとつ持ちかえらない。
 けっきょくネームバリューばかりの道場劍法家なんだな ひとりも討たず歸還かよ
とか陰グチたたかれてたら、じつは、いちいち首きり落として持ちかえる作業ロスは無用じゃん、ていう理由で首には価値おいてなかったらしい。 じっさい彼が出動した現場には首のこしたままの敵兵の遺骸がゴロゴロしてたとか。
また忠明は武道談義に興が載ってきた雇用主を、いさめる意圖だったのか、はたまたヤンチャだったのか、よくわからんノリで轉倒させたりと、いわゆる雇用主つっても征夷大將軍だから解雇と同時に生命の危機あるんだけど一顧だにしてない。 いまでいうなら職人肌の頑固親爺なひとだったのか、まわりの同僚とも折りあいヨロシクなかったみたい。 あるいみチョーすごいキャラ。

 柳生宗矩
忠明とは對照的ながら、こちらもキャラが、たってます。 キレて雇用主に叛旗かまそうとした友人を説得してのけたり死期ちかづいたときには雇用主が再三にわたり自宅おとづれたりと、かなり周囲の信頼あつめる人柄の練れた社交家さんであったような風味でいて、ほんとはソソッカシイ人物だったような感じです。
ていうのは歳下の友人から おたくは子どものシツケがわるい つって手紙で苦言くらったり、あるいは親戚の婚姻にクチバシをはさんで逆にクレームくらったり。 かるく視られてたワケでもないでしょうが、ものをいいやすいキャラだったのかな。 忠明と同時期に公式認定された危機管理プロ中のプロなんですが。

 宮本武蔵
キャラ立ちといえば彼です。 このヒトは、わたし的にキライとスキとの中間なんだな。 なん人も斬りころして、それが自慢の自己主張ネタですが、たおした對戰相手に著名人は嚴流佐ゝ木ただひとり。 佐ゝ木と斗うたさい頭部に疵を負うたのでは、と宴席で問われたさいには自分のアタマを示して執拗に相手へ無疵の確認をもとめたり。 いかほどの腕か試さんとドッキリをしかけた料理人を斬りころしたり。 同時期の一級者である忠明や宗矩と比肩されるくらい評価たかかった人材なのに、あんまりキャラきついせいか雇用されず生涯フリーターだったり。 當時プロ中のプロとして公認の存在でありつつ生涯フリーター(ときどき就職)だった武道家に宗矩の兄弟子いますけど、すこし似てるかも。

 疋田文吾
上掲した武蔵に似る印象の武道家の彼は、まず對戰相手に
 その搆え ダメじゃん
つって告げた直後に勝つ劍士でした。 よっぽど感じわるかったのやら、この彼は推薦から外され代わりに雇用されたのが宗矩です。 彼は師の肉親であり、どこで誰と試合しても勝ちをおさめる弟子でありながら、なのに道統を嗣げず諸國を回遊し、ほとんどの期間をフリーターとしてすごしました。 つよければいい、ていう話しではないんですなあ。 なにを目指せば、いいのやら、ちう話しだ。

以上きょうのエントリこんなとこ。
このブログ記事はフィクションであり、じつざいの人らやダンタイとかカンケイとか、わしゃ知らん。
スポンサーサイト

コメント

[C3083]

私はジローエモンさんは鬼のような職人さんだったと思います。
それこそ、毛ほどの太刀筋の狂いも見逃さず、稽古で弟子がしくじるたびに、
死ぬほど殴りつけてホントに死んじゃったりとか(^^;
すごく理屈っぽくてへそ曲がりなのは間違いない!
  • 2015-03-16 12:01
  • 猫左
  • URL
  • 編集

[C3084] Re:

おおー。 直系の法孫からコメントいただけたー☆
でも、いっしゅん、れいのイタリア人タレントの話しかと思ったですよ ( ̄▽ ̄;

ほぼ鬼みたいな感じだったでしょうが、むしろ理屈ぬきの指導のみで、
 みておぼえろ カラダでおぼえろ 技はぬすむもんだ
それしか弟子にいわんタイプを、わたしは想像いたします。
  • 2015-03-17 21:41
  • タノQ
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

タノQ

  • Author:タノQ
  • since 2005.05
    まあ…あれですな
    皮膚呼吸って奴?
    ハハハ( ̄▽ ̄)v

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。