Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お前はもう至寶不酬価爭辧眞假

すっかり更新方面をご無沙汰してしまいました、すいません。 わりあい反省しておるです。
例年どおり年末年始チョーいそがしく、それがすめば次は大寒波の到來で毎夜すこしでも早く寝ようと忙しく、じゃっかん氣候ゆるんだし更新そろそろ、とか思うころにはまた多忙となり、するうちインフルを病んで、まー、このアリサマでござる。
いまインフルけっこう流行ってるらしい。 流行りもんに鈍感なタノQですがインフルだけはゲッチューしまして。 やれやれ ( ̄へ ̄;

さて、こんかいは更新をずっとサボり込みながらも更新のために撮りだめしてた、ていう畫像をですな、だらだら掲載しつつ近況をリポしてみたい。 つって昨年の暮れから現在にいたるまでのリポですから、これを近況ていうのは、たしょう大雑把かも知れん。 こう、いちいち反省點の多いブログでありますけれど、ひとつ慈悲と寛容をもって生あたたかく閲覧ください。
まず昨年12月ですが ウチのカノジョと近所の緑地公園を散策デイトかましてたら、
2015花桟敷01
(12月からかいな…つづく)

続きを読む

お前はもう青天須喫棒

こないだの日曜おデイトは同伴參禪こいて、おわり。 それだけ ( ̄▽ ̄;
同伴參禪こいて、そのあと亡母の墓參かまして、もうホリデイであろうと出勤日だろうが日ゝ寺いって歳寄たちと四方山トークして。 どないやねん、これ。 そこで思うに寺院で若い人ら、あんまり、みかけません。 いや、みかけるんだけど同じ顔をなん度もは、みない。 通うというほどの若者はなくて、いつも通ってくるのは歳寄たち。

わたしは仕事がら高齢者と話す機會が、めっさ多いです。 高齢つって、むろんタノみたいに半端な歳ではなく、また團塊世代のように現役いまだプイプイいわす人らでもなくて、いわゆる後期高齢者すなわちホンモノのギャランティ歳寄たちであります。 ぞくにジーサンバーサンとも、いう。
彼らの特徴は、ひとクチでいえば 自由 だということ。 自分が理由であり根拠であること。 それをはばかることなく、それでいて羞恥心や協調性ていう相反要素を併せもち、なのに自由であること。 また、ひとりひとり生育環境とか生活史が、わたしら含めた後世とは違って畫一的ではない、どころか格差カオスな人らゆえにチョーひとりひとりが、まるで別世代です。 お歳寄りスゲー。
…この人らは、あと数年数十年へれば、この世から、いなくなります。 つまんなーい ( ̄з ̄)

いま世の中には若者文化いわゆるサブカルとか、あるいはオタク文化とか、いろいろ流布してます。 ストリートやクラブや二次元愛とか、どれもこれも熱いし活ゝ發ゝで、そのうえ海外にも關心たかい、わたしども國民の寶です。 極端な話しサブカルやファッションなどが我國を象徴して代表してるかのごとき趣きかも。
しかしこのオタク文化もサブカルも、いづれはやがて過去のもの、となるやも知れん。 たんなる過去のガラクタとなるのか傳承されるべき足跡やら功績となるのか、それは、いまの若者たちに、かかっておる。 まー、わたしの知るかぎり、いまの若者は歳寄や團塊より手がたく堅實で實直ですが。
ちかい將來すっかり世代いれ替って、いまの若者たちが後期高齢者となるとき、そのとき世の中には後期高齢者が大多数で若者ごく少数人口となるですが、そうなれば、いまみたいな若者中心に栄える文化そのまんま歳寄カルチャーで沸く世間になってたり。

ていう感じでオープニング重たかったかな。 こんかいエントリはサブカルでのうて歳カルのほうで。 さてウチのブログへワード檢索のすえ來訪する閲覧者さんのワードに
 稽古刀 關連
が多い時期ありました。 こんかい、いちおう情報發信してみます稽古刀。 うがー ( ̄ε ̄;
(けい ことう ブツブツ…↓つづく)

続きを読む

お前はもう道則心藏無價珍無價珍用無盡

日いち日と、ひごと涼しくなってまいりました。 すずしい、ていうか、さむい。 さむいのに、まだ蚊がおるし。 さいきんの蚊は、なにか特別なんでしょうか。 かくれて特別な猛特訓してたり山ごもりして身心きたえてたり、だから、お達者なんだろうか。 さいきんの蚊は心頭滅却の境地を得とるのか。 あやかれるものなら、あやかりたい。

どうでもいい話しは置いといて、こないだの日曜やっと奈良博で正倉院展デイトつかまつりました。 もともと正倉院ていうのは東大寺のものだったのを明治の神佛分離令と廃佛毀釋運動のあげく國家に、はては宮内省に貢ぜざるを得なかった經由があって、なかなか惱ましい歴史をもつ施設なり。 こんかいよりも前回の第66回展示のほうがチョー豪華だったらしいと聞くのは、そんな背景もってる正倉院ゆえの天皇皇后傘壽記念をうたった第66回とうぜん至極むべなるかな、つって。
もっと詳しく前後時系列の過去を次第ならべて述べれるけれど、それもとりあえず置いといて

さて現場到着すれば予想うわ廻り放題な來館者たち長蛇の大名行列でした。 そのまま列に加われば館内で晝飯タイムむかえて腹へって不機嫌になったカノジョからタノがカワイソウなくらいに、もう山ごもりして特別な猛特訓して身心きたえて心頭滅却ゲッチューしたくなるくらいに、ひどく罵倒されるのが火を視るより明らか過ぎるので、それを回避すべく先にランチを選択いたしました。 これぞ危険を未然に察知こいて無事に収むる、あわやの間合を水月として機を拍子とする、なんとなしタノQ兵法極意でござる。 常住坐臥おデイトこれみな、わが修行道場でござる。 えっへん ε=( ̄へ ̄)
(ほんとカワイソウ↓つづく)

続きを読む

お前はもう一殺多生多生一殺






(かっこつけた騎兵隊☆ いんでぃあんを★ ↓つづく)

続きを読む

お前はもう直心是道場無虚假故

あれよあれよという間にもう神無月も末の、それやこれやいう間にもう冬が目前であります ( ̄□ ̄; 光陰その疾きこと、おそるべし、みたいな。 そんでもって年あけたらタノちゃん、じきに51歳よ。 ついこないだ50の大台に載っかったばかりと思うてたら、すぐ51歳よ。 どひぇー。 100を2で割ったより数値デカいじゃん。 おーう、まいがー。
ていうか50歳なったころは當時 四捨五入すれば100歳である なんつってウソブいてましたけど、これが51歳になればなったで、こんどは
 四捨五入すれば50歳である
つって、また逆方向にウソぶっこけるもんね。 フッ… タノは永遠の50歳ナイスミドル。 とりあえず。

なにいってんだか50にもなって、やれやれ。
さて先日の日曜は奈良博いって格調たかく正倉院デイトかましてやろう、と企んでおりましたが
 ウメダで買いもんあるから
そうカノジョが宣下あそばしになり、わたしの企みも屁ったくれもナニも皆目ナッシュビルだったです。 ハイハイよろこんでー、と從うのみ。 ほかの選択肢など一切あり申さんでござる。 ほかの選択とかチョイスとかにウツツをぬかそうチャレンジしてみようなどと、いたづらに勇氣ふるったり、あるいは小さな我意を徹せば、その場合あとで必ずや、
 やっぱり止めときゃよかった
 あのときにタイムマシンで戻りたい
 できれば生まれかわってイチからヤリなおしたい
などなど悲惨な思いをしてしまうので、つまり選択肢ほかにナッシュビル。 あれば、だれか教えて。
(ねーよ、そんなもん↓つづく)

続きを読む

お前はもう雖爲白衣奉持沙門清淨律行

ずいぶん、すずしくなってまいりました。 日照時間と夜間とが、いち日ちょうど半分ずつのハーフ&ハーフを分けっこする、そういう中途ハンパな季節であり、それでいて、いち日に最高氣温と最低氣温の温度差が10℃くらいあるという、そんな極端な季節でも、ある。 歳とった身には、こたえるのだ。

ていう感じで時候トークさらっと濟ませて以下よだん。
こないだの日曜は同伴參禪のち信貴山朝護孫子寺に、いってまいりまして。 そうです朝護孫子寺であります、もうこれで三回め、またかよー、な朝護孫子寺であります。
 どんなけスキやねん朝護孫子寺 ( ̄▽ ̄;
まー、しる人ぞ知る寺好きの、ほぼ365日ちかく寺いってて日曜も參禪こいたあとまた寺でデイトぶちかまし、いっさい他の追随を許さず認めず一歩も退かぬ お寺バカ一代 を自負しぬいておるタノQが、この寺はケタハズレにオモロイ、そう感じた次第でござる。
かなり歸依者があり檀家数も廣い寺領も持って史跡や伽藍や眺望など觀光資源も具えつつ御祈祷寺でもあり、それなりの資金源に恵まれてるうえ、お寺の側が惜しみなくサービス精神を衆生へ發揮してますと、こうしたテーマパークなアミューズメント施設な寺院が、できあがるんだな。
近畿圏を訪れる人は、だまされたと思って是非ひとつ參拜いただきたい。 で、もし當エントリを朝護孫子寺ご關係の人が閲覧なすってたなら、その場合はタノに何か下さい。 なんつって。

こほん。 そういう慾どおしい脱線トークは置いといて
こんかいは信貴山頂上の、つまり伽藍最上階層の施設である空鉢護法の御堂を參拜おデイトつかまつりました。 空鉢護法つってナンのことやら、なにゆえの伽藍最上階層やら、わけ分からん話しでございましょう。 えっへん ε=( ̄へ ̄) 説明してしんぜよう。
空鉢さん、ていうのは劍鎧さんと同じく命蓮上人が使役した護法童子でして、その命蓮上人が山麓の長者から布施をうけとるさい供物を載せる鉢を山上から山麓へ、また山麓から山上へと空輸してたのが空鉢護法童子なり。 それを祀ってある御堂めざして、えっちらおっちら、
(ぷち登山デイト↓つづく)

続きを読む

お前はもう人人具足箇箇圓成

またしばらくブログ更新してませんでしたけれど、それはカノジョが姪の運動會いったりだとか父親の買いもんに同伴だとか、なんだかんだで彼氏のハズのタノQていう存在を無視しデイトを放擲してたゆえ、ちょっと更新しようにも記事にする報告ネタがなく、ないのにブログ更新を数かせごうとイタヅラに時事ネタいぢるワケもなく…なんとなく更新サボり的な ( ̄▽ ̄;
いやいや。 姪の學校行事はともかくとして、いい歳した父親の、いち人前なオトコの、たんなる買いもんより、ふつーなら彼氏とのデイトを最優先するんじゃあ、ないですかアタリ前のオンナは。

などと秋の澄みわたる空みあげつつ。 くやし涙ぬぐっって憤懣をかみ締めつつ。
こんかいエントリは柳生合宿ご報告のリポートであります。 毎年であれば先月九月が恒例ですが、なんだか連絡に齟齬があったらしく十月でした。 わたしタノ的には九月だと所帶的スケジュール的なアレ方面で、むしろ十月が好都合的でしたけども、かえって他の人ら的に不都合だったらしくて參加員数おどろくべき少数でした、こんかい。 以下ご紹介しますと、
 宗家先生
 A山さん
 旧姓S木さん
 ましゅー
 ぶれんどん
およびタノです。 あやや。 柳生常連のA利さんS田さんS本さんF澤さんJさん、いない。 師範代のТ久保さんも不在。 うほー、さみしーい。 ていうか、
 さび しーいい ( ̄へ ̄;
(さび しーいい↓つづく)

続きを読む

お前はもう願以此功德普及於一切我等與衆生皆共成佛道

ぜんかいデイト報告をエントリするつもりでしたが、へんなメッセに、つい反應こいてしまいまして。 まー、これ貧乏症ていうのか、いちいち細かいことのようですが、やはり大事なことだし、よくわかってない人のよくわからん言辞を、そのまんま放置スルーかましとくのも罪つくりだという、そんな感じ。
よくわかってない人のよくわからん言辞ていうものは、とどのつまり勉強不足であります。 ネットやらウィキペディアだのの讀みかじりで、ぜんぶ把握できておる、そういう錯誤をきたしてるんじゃないの、たぶん。 れいの、つらつら拙僧くんなんかが主觀客觀とは西洋文化からもたらされたものであって佛道に客觀はない、つって生き恥さらしな誤謬するのも、やはりネット依存症からもたらされたものであって佛道ではナッシュビルです。 たとえば、

生物を動物と植物に二分する分類法は古くから存在しており、アリストテレスは感覚と運動能力の有無によりこれら二つの分類を試みている。 ただし、中間的生物も存在することを認めていたようである。 18世紀の生物学者リンネ (Carolus Linnaeus) は、感覚をもたない植物界と、感覚と移動能力をもち従属栄養的である動物界とに、生物を二分した。 明治時代以前の日本では、生物は草、虫、魚、獣と区分する本草学が主流であり、動物という概念は、西欧の学問に親しんだ蘭学者を除き、一般的ではなかった。 生物を動物と植物に二分する分類は、西欧の学問が流入した明治以降に広く普及した。

ていうウィキペディアのイチ文↑には首かしげざるを、えません。 明治時代以前の日本にも感覺認識の有無をもってする分類法が古くから存在しておりましたけど。 たしかに本草學を修める人らにとっては一般的でなかったかも知らんが中間的生物の存在についても言及あるし。 特定分野の知識に偏向したまんま記すと、こういう誤謬が流布するんだな。
そもそもがウィキペディアって出典だ典拠だ、つって偏執的なんですが、それさえ訴えとけば他者に干渉できる場なんですが、その典拠のイチ部分だけを參照しても檢證性ありま温泉。 ただ記入者にとって都合よろしい箇処のみを典拠ぜんたいの主旨を無視し出典だ典拠だ、とする行爲が可能なんだから。
つらつら拙僧くんなどは自ブログで正法眼藏古鏡の卷を出鱈目に切り貼りして紹介しつつ古鏡とはヤラレタラヤリカエス反撃のことだと主張しますし、かなり多くの禪マニアが水の音や樹ゝの音を聴くだけで境地を得るとか視たまんま聴くまんま感じたまんま世界ありのままとか。
じぶんで勉強しない人できない人は、だまされやすい。 ていうか自分で自身を、だましておる。
(やれやれ↓以下ほんだい)

続きを読む

お前はもう 佛所遊履 國邑丘聚 靡不蒙化 天下和順 日月清明 風雨以時 災厲不起 國豊民安 兵戈無用 崇徳興仁 務修禮譲

こないだアベゾー法案の採決について所感もうし述べたところ、それへ反論メッセを頂戴つかまつりまして。 反論ていうのか反駁ていうのやら激昂ていうべきか、なにやら愛國をあつく語りたい感じのメッセにござった。 …愛國…いいッスね、なんとなく。 しょせん、なんとなくに過ぎんけど。
匿名でもなんでも結構スから。 メッセじゃなくコメント投稿で堂ゝと直截むき合ってほしいな愛國さんたち。 そんなに論破されるのが怖いか。

まー、くるおしく惱ましく愛國チックに語りたがる人らに限って、わたしらの祖國の歴史や文化をまるで、ご存知ナッシュビル。 これ定番。 知らずに語りたがる連中いたるところに蔓延してますが、どれもこれも背伸びするのに精一杯で、かつ未成熟な、どうにもならん人らです。

まず我國は 日本 ていう一つのナニになったのが、つい最近です。 ながい永い戰乱つづきの世がおわって江戸時代の三代將軍から鎖國や諸侯轉封を施行しだして、それからです。 それまでの日本は諸國が割拠し、めいめい兵力を保持しつつ、それぞれ法令を定める、それらの寄りあった連邦制なり。 天皇が王でなく帝 みかど とされるのは、そのためです。
その天皇を萬世一系とかいうてますが、とちゅうで血統たえてドコのウマのホネか知らん人を間に合わせで継がせて。 で、その人以降を萬世一系とか、つくろう論理もありますが、とちゅうで血統ふたつに分かれて爭うて。 ふつうに學校いって勉強してたら、だれでも天皇が萬世一系なのかナンなのか、わかるじゃん。

都知事やってたこともある極右の愛國陶酔イシハラ老人は折にふれ自身のことをモノノフとかサムライとか、いってますが。 あれは武家を知らん妄言です。 武家の文化は、まさに平和の許で、はぐくまれたなり。 武家の精神性や文化は、まず豊臣家の、つづいて徳川政権下が、おさめた平和期に育ったものです、それ以前の武家に文化も精神も屁ったくれも、ありゃしない。
のちに官僚化する以前の武家は世襲制の職業軍人でしたし、それ以前は傭兵集團でしたし、かれら傭兵集團が朝廷や重臣にパートタイムとして使役される以外の主な収入源は略奪でした。 山賊や海賊の頭領そのまんま傭兵集團の頭領になり横スライドして武家なんて、あたり前の事象です。 そこに武家の精神性や文化うまれますかね。
主君に仕えて誠を奉じる、とかなんとか系の美學も文化も精神も、つまり泰平の世が、うんで育てた代もんです。 ていうか、どんな文化であれ平和時にしか、うまれたり育ったり、しやしません。 平和でないときには壊れたり失われたり。 いままで、そうだったでしょ。

あの國歌國旗法つってね。 さいしょ強制でない、って與党いってたけど大坂のガキンチョが強制法令化したでしょ。 そういうヤリクチなんじゃないのアベゾー法案も。 だれも犠牲者でないって、なんの根拠あっていうのかな、あのヒト朝鮮戰爭で日本人犠牲者あったこと知らんぷりか。
國歌だの國旗やら、しょせん明治になって對外的に國際的にアレだからと、にわか仕立ての寄せあつめの。 戀歌を君主によせて薩長の軍旗をアレンジして。 なにか必死で護るような史的に文化的に価値あるですかー國歌や國旗に。
いちいちアホに付き合うてられへんで。 こうみえて忙しいねん。

お前はもう兵戈無法

糸の切れた凧

マヂで切れた蛸
(やれやれ↓つづく)

続きを読む

お前はもう光非照境境亦非存

連日めっさ暑かったですが、みなさん盆休みのほうは、いかがお過ごしでしたでしょうか。 わたしはといえば盆だの休みだのヘッタクレもなし、ただひたすらアリンコみたいに無我夢中で所帶くさく活動こいておりました。 ちょっとした過勞死寸前でござる、なんつって ( ̄▽ ̄;
ようやく休暇とれたのが盆明け、きょうからまた所帶くさい活動方面の再開だったんだな、やれやれ。

そういう次第で更新おそくなったものの、いや何もなくても更新おそいものの、いっちょう氣合いれて、だらだらと記事をエントリしてみたい。 えーと、まず盆まえのデイト報告を
バッタめぐ159
(えらい時間さかのぼるリポだな↓つづく)

続きを読む

お前はもう皆從道場來住於佛法矣

みなさん、この↓樂曲の ♪ばんぱいやー の箇処に合わせて

 ♪ねったいやー
つってみてください。 ねったいやー、ねったいやー。 熱帯夜でござる。 暑うてかなわん、でござる。
よる暑うてね、それで眠れんしエアコンつけるでしょ、で冷風がキモチわるうてね、それで目がさめてエアコン止めるでしょ、そしたら暑うてね、だから目がさめるでしょ、そしたらエアコンつけるでしょ、で寝たり目ざめたり、えんえんリピートの…
 こらっ ええ加減に、せいっ 
(しまいに、しぬでタノが↓つづく)

続きを読む

お前はもう應物現形如水中月

わたしの所帶くさい活動方面が、いわずと知れた繁忙シーズンをむかえつつ。 そのまんま更新せず放置こいてたら、またブログにクモの巣とかゴキの縄張りとか發生して、なんだかわからん商業廣告の表示が、はびこり出す。 そうは問屋が卸しゃしねーよ、おまえさん。
なんつって ( ̄ω ̄)
みたいなノリで、がんばってエントリしてみますが。 さしあたり、
JKUSS BK05
こないだ、たまたまネットで↑この畫像みたタノQ しょうじき癒されたです。 めっさ癒され放題。
(などと煩惱をほしいままにしながら↓以下よだん)

続きを読む

お前はもう騎賊馬逐賊以聲止聲

いきなりですが、こないだ、ひさびさカノジョんちに泊まったさい、こんな↓
ホンダビート
寫眞をみつけまして。 うほー☆なつかしー。 タノちゃん、わかーい。 これカノジョと結婚する直前のころだから15年まえ、わたし35歳か。 いまは加齢で眼が二重になって髪も天然ウェーブだけれど、このころは、まだ一重で直毛だったんだな。 しかし加齢で二重になるのは瞼の皮に張りがなくなったゆえ、そう解釋できても、なぜ髪がウェーブするんだろ。 めっさ謎じゃー ( ̄。 ̄;

…いやいや、よだん開始して早ゝに脱線してしまいました、すいません。 肝腎の、よだん續行いたしますので。 こほん。 えーと、こんかいクルマの話し。
上掲のとおり結婚直前までのナン年か、わたしタノは某ホンダビートを愛用してたです。
(このクルマが、なかなか↓つづく)

続きを読む

お前はもう雖處居家不著三界

この歳になると日ゝすぎてゆくのが あっ ( ̄□ ̄; ちゅー間であります。 あっ、とかいってる間に日は暮れて。 あっ、とかいってる暇にも所帯くさい活動で時が流れ、ふと氣づけば寝る刻限むかえ、すぐまた翌朝になり…このリピートで月日じゃんじゃん消費されておる、そんな印象風景です。
いわゆる光陰莫虚度つって、むかしの人らはエライもんや。 じつに賢いこと、いうたはりまっせ。

で、ひとつも賢くないタノの光陰虚度やり放題な日常を、やたらヒタスラつづってくのが恒例なブログ更新ですが、よろしく寛恕ねがいたい。 とはいえ以前にもまして更新ネタに、こまってるんだな、さいきん。 ていうのは、なん度もイイワケこいてます通り寫メをアップしづらくなったうえ、わたしのライフワーク三本柱である武道佛道おデイトを、ちょっとネタにしづらくなってるんだな、さいきん。
佛道は別として、ちかごろ武道やってないんだもん、おデイト方面だって、そうだし。 たしか、わたし以前のエントリで自身を武道家だのと自稱してたような風味でしたが、いちおう稽古へ定期的に參加してたころならともかく、いまや年イチ合宿だけ、それで武道家です、つったならばギャグにも等しい。 さすがに素振りは日頃おこたらないけど、でも素振りは素振り、あくまで基礎でして。 たとえば、どこの寺へも參禪にいかず禪書をひもとくこともなく、ただひとり坐ってるだけで滿ち足りる人を佛家とか佛弟子とは、だれもいわん。 たとえばデイトのガイドブックやセックスのハウツー本みてシュミレイトに打ちこむ、だけでパートナーいない人を、なんと呼ぶのか。 それと同じでござる。
まー素振りもしない人を武道家とはいわんし坐る時すら惜しんでネット依存かます邪僧を佛弟子ともいわんが ( ̄▽ ̄) はっはっはー。

なんつって、どうでもいい與太話しは置いといて
(そろそろ以下よだん↓か つづく)

続きを読む

Appendix

プロフィール

タノQ

  • Author:タノQ
  • since 2005.05
    まあ…あれですな
    皮膚呼吸って奴?
    ハハハ( ̄▽ ̄)v

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。